原発のない社会をめざして イモ発電が日本の電力不足を救う

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イモ発電が日本の電力不足を救う

よくコメントをくださるウッドスタインさんという方が、非常におもしろい「代替エネルギー」の情報を教えてくださいました。それは、近畿大学生物理工学の鈴木高広教授が提唱する「イモ発電」です。

TBSの「夢の扉+」でも紹介されていたようです。予告編の動画がありましたが、ちゃんと本編を見てみたいですね。ぜひ再放送をしてほしいです!



これもウッドスタインさんに教えていただいたのですが、Ecology Onlineというサイトに、鈴木教授と…この「イモ発電」について詳しく紹介されていたので、その内容を少し抜粋してみます。以下は転載です。



「サツマイモでもジャガイモでも、ごく普通の芋が燃料になります。芋燃料は、エネルギー問題をはじめ、地球温暖化問題、過疎化の問題、雇用問題、食糧問題など、日本のあらゆるさまざまな問題を解決してくれる、純国産の燃料作物なんです」

「安価でたくさんの量を作ることができるためです。現在、さまざまな方法で自然エネルギーの開発が行われていますが、どんなにすばらしい技術でもコストが高ければ普及しません。芋は発酵液を蒸留すればガソリン代替のエタノールになりますし、乾燥させれば石炭代替のチップにもなります。とにかく燃料化が安く簡単にできます」

「日本の農業では、作物に太陽の光を充分浴びさせるため、平地で栽培されてきました。しかし隙間だらけのうねで浴びた日光の5%しか植物が必要としないのであれば、棚をマンションのように多層に重ねて、光を分散させてやればいい。当然、下の棚には光が届きにくいので、比較的弱い光でも育つ作物で、なおかつ日本全国で栽培可能なもの。そうやって探していくと、現時点で最も優れていたのが芋だったのです」

「今ある農地を使わなくても、日本にある休耕田約40万ヘクタールを活用すれば、国内の火力発電と原子力発電の総発電量をまかなえる18億トンの芋の生産が可能です。さらに、生産調整田や有閑農地、ビルの屋上、造成地など、日本中にある利用可能な遊休地は年間のべ100万ヘクタールを超えます。この空き地を確保できれば、発電以外の燃料用途も代替できる45億トンにまで伸ばすことができるでしょう。つまり、従来の農地ではこれまでどおり米や野菜を作りつつ、空き地を使って新たに燃料作物の栽培を行うので、食料作物の供給が減るということはありません。それどころか、多段栽培の技術は芋だけでなく、さまざまな食料作物の栽培にも応用できます。食料は減るどころか増やすことができますよ」

「とにかくまずは燃料作物市場を創出すること。狙い目は電力会社が、石炭と混ぜて燃やしている木質チップの代替燃料です。現在、木質チップは海外から17円/kg前後で購入しているようですので、生芋で5円/kg、乾燥させた芋チップなら15円/kgで販売できれば、十分に価格競争が可能です。そこで販売のとっかかり、仕組みさえできてしまえば、栽培技術はいたってローテクですから、あっという間に広まることが予想できます。いまは販路開拓のために小さな火力発電機を製作し、芋チップによる発電の実演を行うまでになっています。また現在の芋はおいしく食べるために開発されたものなので、燃料に適した品種に改良することも計画しています。将来的には芋よりも適した作物も生まれるかもしれません」

追記:本日10月13日は、奇しくも「サツマイモの日」なのだそうです。「栗(九里)より(四里)うまい十三里(9+4=13)」という言葉がありますが、江戸から十三里(約52㎞)離れた埼玉県は川越のサツマイモがおいしかったことから生まれた言葉で、そこから10月13日がサツマイモの日として認定されたのだそうです。

人気ブログランキングへ
↑原発を止めたい方 クリックをお願いします↑
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

ウッドスタインさんへ

ウッドスタインさん、おはようございます。
ご紹介いただいた記事と音声ファイルを拝見させていただきました。
あらためて…このイモ発電は非常に面白いと思いました。
この記事も、いずれ拙ブログに転載させてください。
音声ファイルは、youtubeで探してみたのですが見つかりませんでした、残念。

まだ夢物語のレベルの話なのですが…私は
いずれ帰るであろう実家に、発電機能のついた薪ストーブを導入したいと考えています。

http://jdunz.com/newzealand/work/newwoodburner.html

親戚の持っている里山から間伐材がタダでいくらでも手に入るので、燃料はそれを使用するつもりでいたのですが、それこそ窓際に多段式でイモを栽培して…それをゴーヤのように緑のカーテンとして夏は使用して、冬は暖房と発電のために燃やす!という事が可能ならば、これはずいぶんと面白いことになりそうです。

ありがとうございました。合掌

No title

 イモ発電ですが、本日の東京新聞にこのことに関する記事が掲載されました。これを読むと、前回紹介した時から、少しずつですが、それなりに広がりをもって注目されてきているようです。また、TBSラジオの「荒川強啓デイキャッチ」でも、この記事を紹介する形で、鈴木教授への電話インタビューをしていました。以下は、記事と音声ファイルですので、参考までに。

http://www.tokyo-np.co.jp/article/economics/news/CK2013012902000103.html

http://podcast.tbsradio.jp/dc/files/scope20130129.mp3

ウッドスタインさんへ

ウッドスタインさん、こんばんわ。
そうですね。時節がら今は選挙モードの記事が多いですが、
もちろん代替エネルギーのお話は大歓迎です。
いつも興味深い情報を教えていただいてありがとうございます。

「雑草等を利用してバイオエタノールを生産する技術」
なるほど!以前に三菱重工の取り組みを紹介したことがあるのですが、
それとは少し違う技術のようですね。

http://stopatomicenergy.blog59.fc2.com/blog-entry-592.html

ウッドスタインさんがおっしゃる通り、
放射性物質に汚染された植物からも生産可能という点が素晴らしいですね。
また折を見て記事にさせていただこうと思います。
ありがとうございました。合掌

No title

 私としても、このイモを利用した発電技術が広く普及することを願うばかりです。

 さて、貴ブログもこの時期は総選挙モードですが、私は相変わらず興味深いものを紹介してみたいと思います。今回は、サトウキビやトウモロコシではなく雑草等を利用してバイオエタノールを生産する技術です。この岐阜大の高見澤一教授が発見した特別な酵素による生産法自体は、すでに4年ほど前にマスコミ等に紹介されているので御存知の向きも多いと思われますが、目新しいこととして、この方法により放射性物質に汚染された植物からも生産可能であり、かつその残渣に放射性物質を凝集できるという事実が明らかになったという点があります。詳しくは、以下を参照してください。

http://www3.nhk.or.jp/news/web_tokushu/1129.html

 この方法に間伐材が利用できるかどうかは記事からだけでは不明ですが、それが可能になれば、日本の森林の有効利用と山間地の整備にも貢献できるのではないかと期待してしまうのですが、どうなりますか。

marica さんへ

maricaさん、ありがとうございます。
シェアしていただいて大変嬉しいです。

短期的には、これから安くなる天然ガスを輸入して、
中期的には、太陽光パネルを普及させ、次世代の風力発電を促進する。
そして長期的には、このイモ発電やオーランチオキトリウムなどの開発を急ぐ。

道筋はすでに明確にできている話ですから、
あとはやる気になるかならないかの問題だけですよね。

どのみち…原発はすでに斜陽産業。
一部の発展途上国などが数機は新設したとしても、
世界的には…間違いなく廃れていく運命にあるでしょう。

目先の利権にとらわれて、次世代の大きな利益を失うか?
それとも、しばらくは大変でも代替エネルギーの分野に先行投資して、
日本が世界のエネルギー問題をリードしていくようになるか?
ここが大事な分かれ目だと思います。

ありがとうございます。合掌

シェアしました

多くの方に知ってもらいたくシェアさせて下さい。

安全な代替えエネルギーが早く見つかりますよう。

ふぁん太さんへ

ふぁん太さん、コメントをありがとうございます。
本当ですね。私も素晴らしいアイデアだと思っています。
こういう分野にこそ…無駄にばらまいている交付金を充てて、
どんどん促進していくべきでしょう。

原発立地自治体などで優先的に始めてもらえば新たな雇用にも繋がりますし、
おっしゃるように農業再生の道にもなりますよね。

代替エネルギーについては、拙ブログでも時々取り上げていますが、
他にも有望なエネルギー技術は既にたくさん存在しています。
後はやる気になるかならないかという問題だけであって、
世界的には確実に斜陽化していく原発にこびりつくより、
新しい分野で世界をリードしていく道に踏み出すほうが、
日本が生き残る可能性はずっと高いと私は見ています。

ありがとうございました。合掌

No title

素晴らしいアイデアだと思います。耕作放棄されて
荒れ果てた遊休農地も激減することが出来、TPP問題
から生産意欲の萎えた農家に再び意欲を持たせることが
出来ます。
農業経営としても成り立つのであれば後継者も増えて
他の作物生産も増えることでしょう。
この技術は電力会社のみならず国にも大いに関心を持ってもらい、
国策として推し進める必要があるのではないかと思います。

Takahisaさんへ

Takahisaさん、コメントをありがとうございます。
そうですね、ファンドを作って出資者をつのるのは面白い考えだと思います。
やはり経済的にきちんと成り立っていなければ普及は難しいですから…

「脱原発宣言」を出した農協などが取り組むという手もあるかもしれませんね。
ありがとうございました。合掌

芋エネルギー投資ファンド

匿名組合による脱原発自然再生エネルギー(芋エネルギー)投資ファンドを募集すれば実現すると思う。脱原発集会で出資者をつのればいい。
プロフィール

海空居士

Author:海空居士
当ブログはリンクフリーです。トラックバックや転載等もご自由に。
コメントも大歓迎です。興味深い情報があれば教えてくださるとありがたいです。
ツイッターもやっています。フォローやリツイートもしてくださったら嬉しいです。
心ある人達の連携で、なんとか危険な原発を止めましょう。どうぞよろしくお願いします。

カウンター
カテゴリ
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
月別アーカイブ
原発関係リンク
お世話になっているサイト
最新トラックバック
ツイッター
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。