原発のない社会をめざして 事故から一年 佐藤曉氏(元GE原発技術者)の提言

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

事故から一年 佐藤曉氏(元GE原発技術者)の提言

だいぶ前の動画ですが、元GEの原発技術者だった佐藤暁氏が、福島の事故に対する政府の対応に警鐘を鳴らしています。佐藤氏の発言を書き起こししましたが、後半のスタジオのトークも良いのでぜひ全てご覧ください。




【元GEの原発技術者の佐藤暁氏が指摘!政府発表の“危うさ”】

工程表でだらだら進んでいって、100年経っても終わらないということは十分あるわけです。ステップチェンジではないんです。なだらかなスロープのところに強引に設定して、それを宣言したと…。野田総理の言葉で言うと、力こぶを入れて取り組むという意気込みを発表するという政治的なセレモニーだった。

Q、佐藤氏は当初からメルトダウンを指摘していたが

チームが悪かったんだと思うんですよね。メルトダウンというのははっきりしてるわけですよね。本当の識者であれば…。そういう人達がオーバーランを恐れて政府をミスリードした可能性もある。

Q、政府発表と違うと感じた情報は

放射能の濃度は、発電所の近くでサンプリングしても5~6月頃からほとんど検出されてなかったと思うんですね。出ていて危険と言えば、復興が進まないエクスキューズになる。

40年の工程表だとかと言ったってそうなるわけなんかはもう0%。燃料の入っていたところから、お腹が空っぽの状態なわけですね。で、一部はその周辺と底にこびりついてて、また一部は落ちてコンクリートと反応している。

普通、廃炉をする時には、綺麗にした状態で配管を切っていって解体していく。とてもそんな事も出来ないくらいの放射能がへばりついているわけですね。それを落とすようなことをしようものなら、大量の放射能が外部へ出ていってしまう。

あの場で(発電所内で)封じ込めをするのはできないことはない。チェルノブイリはとりあえずその場で閉じ込めようとしてるわけですね。外へばらばらにして出すなんて、そんなことをすればインパクトの範囲が広くなる。

Q、最終処分場にするのか

あの発電所の跡地が、綺麗に芝生の植えられた緑地に復旧させるなんてあり得ない話で、緑地化プランを早く断念して現場でなるべく閉じ込める。なるべくその場所で抑えてしまうということを、もっと積極的に考えてもいいと思うんですよね。

Q,政府の工程表では、廃炉まで40年

40年先のスケジュールなんて、正確に立てて行動するなんてできるわけがない。だらだらだらだら延びる。コストが何倍にも膨らんでいく。だんだんゴールもぼやけてくる。それは避けないといけない。

人気ブログランキングへ
↑原発を止めたい方 クリックをお願いします↑
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

海空居士

Author:海空居士
当ブログはリンクフリーです。トラックバックや転載等もご自由に。
コメントも大歓迎です。興味深い情報があれば教えてくださるとありがたいです。
ツイッターもやっています。フォローやリツイートもしてくださったら嬉しいです。
心ある人達の連携で、なんとか危険な原発を止めましょう。どうぞよろしくお願いします。

カウンター
カテゴリ
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
月別アーカイブ
原発関係リンク
お世話になっているサイト
最新トラックバック
ツイッター
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。