原発のない社会をめざして “脱原発”連携 衆院選で過半数目指す

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

“脱原発”連携 衆院選で過半数目指す

面白い動きが出てきました。国民の生活が第一や社民党などが「脱原発」で連携するというニュースです。
私は、このような流れは良いことだと思います。今のところ共産党の名前がないのが気になるところですが、ぜひ合流して一緒に闘ってほしいものですね。
以下はNHK NEWS webより転載です。







【“脱原発”連携 衆院選で過半数目指す】
NHK NEWS web 11月21日

国民の生活が第一や社民党など“脱原発”を目指す超党派の議員と市民グループの関係者らが国会内で集会を開き、来月の衆議院選挙で脱原発の実現を目指す勢力で過半数を獲得することを目指し、連携して活動していくことで一致しました。

集会には、“脱原発”を目指す国民の生活が第一、社民党、減税日本、民主党の有志の国会議員およそ20人と市民グループの関係者ら、およそ80人が出席しました。

この中で、国民の生活が第一の山岡代表代行は、「国民の7割が原発に反対しているにもかかわらず、国民の声を代弁する国会議員は、国民の意に反して7割が原発を推進しており、国民の意思と政治家のやっていることが全く違う」と指摘しました。

そのうえで、山岡氏は、「来月の衆議院選挙では、脱原発を推進しようという人を選んでほしい。そういう人が過半数になれば、脱原発チームによる政権を作ることも考えられる」と述べました。

また、社民党の福島党首は、「原発を止めるだけでは、いつでも再稼働する可能性があるので、法案で脱原発を揺るぎない形にしなければならない。原発をゼロにすることを定める『脱原発基本法案』を成立させたい」と述べました。

そして、会合では、来月行われる衆議院選挙で、脱原発の実現を目指す勢力で過半数を獲得することを目指し、連携して活動していくことで一致しました。

人気ブログランキングへ
↑原発を止めたい方 クリックをお願いします↑
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

彼岸花さんへ

彼岸花さん、ありがとうございます。
共産党は何で加わらないんですかね~。
ホント空気の読めない政党ですよね!

やっぱり流れは金曜のデモから来てるんですから、
あのノリで闘わなかったらダメですよね~?
立場とか主義・主張とか今は捨てる時だと思います。
今からでも遅くないからぜひ加わってもらいたいですね。

でも、とにかく応援ですね~、この連携には頑張ってもらわなくちゃ…
敵もなかなか手強いと思います。お金もたくさん動くのでしょうから、
油断をしてると危ないかもしれませんね。
ありがとうございました。合掌

やっちゃんさんへ

やっちゃんさん、こんばんわ~。
どうぞどうぞ~。拡散よろしくお願いします。
これで少しは面白くなってきたかな?
ぶれずに頑張ってほしいですね~。

とにかくみんなで応援してみましょう。
ありがとうございました。

No title

おお!いよいよ具体化しましたか!
この知らせを待っていました。
小さなメンツ、などこの際捨てて、脱原発で大きく緩やかにまとまって欲しいですね。
これで、ある程度、民意の受け皿らしきものが出来た気がします。
共産党が加わらないらしいのは残念ですが、選挙協力等、出来ることは
一緒にやってほしいなあ。
情報、ありがとうございます♪

No title

うみそらさん、これうれしいニュースですね。
またまた転載させて下さい~っ。
プロフィール

海空居士

Author:海空居士
当ブログはリンクフリーです。トラックバックや転載等もご自由に。
コメントも大歓迎です。興味深い情報があれば教えてくださるとありがたいです。
ツイッターもやっています。フォローやリツイートもしてくださったら嬉しいです。
心ある人達の連携で、なんとか危険な原発を止めましょう。どうぞよろしくお願いします。

カウンター
カテゴリ
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
月別アーカイブ
原発関係リンク
お世話になっているサイト
最新トラックバック
ツイッター
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。