原発のない社会をめざして 原発巡りネット上で党首が論戦

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

原発巡りネット上で党首が論戦

12月4日公示―16日投開票。いよいよ選挙が近づいてきました。各党の原発政策についても公約がほぼ揃いましたね。個人の意見を言うことは控えさせていただきますが、とにかく…脱原発を確実に実行してくれる政党を選ぶことが重要だと思います。そして、必ず選挙には行きましょう!
以下はNHK news webより転載です。






【原発巡りネット上で党首が論戦】
NHK news web 2012年11月30日

衆議院選挙を前に、10党の党首がインターネット上の番組の公開討論会に出席し、原子力政策を巡って、野田総理大臣は、「『将来は原発をゼロにして欲しい』というのが国民の覚悟だ」と述べ、着実に脱原発を進める考えを示したのに対し、自民党の安倍総裁は、原発事故の原因を徹底的に調査したうえで、10年以内に最適な電源構成を確立する考えを示しました。

野田総理大臣は、「『将来は原発をゼロにして欲しい』というのが国民の覚悟だと受け止め、2030年代に原発稼働ゼロを目指す方針を閣議決定した。大震災の前まで、エネルギー供給の30%近くを原発に依存しておきながら、すぐにゼロにしたり、10年後にゼロにするのは困難だ。着実に脱原発に向かっていきたい」と述べました。

自民党の安倍総裁は、「安全神話に基づいて原子力政策を進めたことは深刻に反省しているが、安い価格で安定的な電力を得た結果、高度経済成長を勝ち得た。原発事故の原因を徹底的に調査したうえで、原子力規制委員会で科学的に判断し、3年以内に原発を動かすのかを決めるとともに、10年間で最適な電源構成を考えていきたい」と述べました。

日本未来の党の嘉田代表は、「原発を卒業するためのカリキュラムを準備し、10年後の原発ゼロを目指す。代替エネルギーの開発を進めるとともに、日本全体のエネルギー使用量を節約することなどを考えている。合流する国民の生活が第一の小沢代表を政治家として尊敬しており、その力を政策実現のために使いたい」と述べました。

公明党の山口代表は、「新規の原発を造ることに国民の理解は得られず、原発はいずれゼロにならざるを得ない。また、厳格な安全基準を確立して、既存の原発を丁寧にチェックし、国民の理解を得ながら運転再開の是非を判断していくべきだ」と述べました。

共産党の志位委員長は、「原子力規制委員会は、運転再開した福井県の大飯原発の直下にも活断層がある可能性が否定できないとしており、運転再開して事故が起きたら、誰が責任を取るのか。共産党は『即時原発ゼロ』を実現する」と述べました。

みんなの党の渡辺代表は、「徹底した電力事業の自由化を行い、規制緩和で競争相手を増やすことで電力料金は下がり、消費者は原発による電源を選ばなくなる。電力会社は原発を諦め、2020年代に原発はゼロになる」と述べました。

社民党の福島党首は、「東日本大震災後、初めての衆議院選挙で脱原発の声を高め、なんとしても国政で実現したい。原発の再稼働反対でも頑張っていく」と述べました。

新党大地の鈴木代表は、「我々は『原発ゼロ』だ。ロシアからパイプラインをひいて、北海道に天然ガスの備蓄基地をつくれば、エネルギーは確保できる」と述べました。

新党日本の田中代表は、「原発を再稼働しなければ、即時に脱原発が実現できる。毎年の電気は、火力と水力発電だけで賄える」と述べました。

一方、国民新党は、当面、原子力規制委員会が安全性を確認した原発に限って運転再開を認めたうえで、将来的には依存度を減らし、再生可能エネルギーに代えていくとしています。
また、この討論会に党首が出席しなかった政党では、日本維新の会は、既存の電力会社から送電網を切り離して、新規事業者の参入を促す「発送電分離」に取り組むことなどによって、脱原発依存体制の構築を進めるとしています。

新党改革は、近い将来には原発をなくすため、再生可能エネルギーの開発を進めるなどとしています。
来月4日の衆議院選挙の公示を前に各党の党首らは、30日も日本記者クラブで開かれる討論会に臨むことにしており、デフレからの脱却に向けた経済対策と消費税率の引き上げ、TPP=環太平洋パートナーシップ協定への対応や、外交・安全保障政策などを巡って論戦が交わされる見通しです。

人気ブログランキングへ
↑原発を止めたい方 クリックをお願いします↑
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

海空居士

Author:海空居士
当ブログはリンクフリーです。トラックバックや転載等もご自由に。
コメントも大歓迎です。興味深い情報があれば教えてくださるとありがたいです。
ツイッターもやっています。フォローやリツイートもしてくださったら嬉しいです。
心ある人達の連携で、なんとか危険な原発を止めましょう。どうぞよろしくお願いします。

カウンター
カテゴリ
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
月別アーカイブ
原発関係リンク
お世話になっているサイト
最新トラックバック
ツイッター
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。