原発のない社会をめざして 敦賀原発に活断層/危険性明瞭なら廃炉が筋だ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

敦賀原発に活断層/危険性明瞭なら廃炉が筋だ

まずは、敦賀原発の廃炉にしましょう。そこから日本の「脱原発」がスタートします。
以下は河北新報より転載です。







【敦賀原発に活断層/危険性明瞭なら廃炉が筋だ】
河北新報 2012年12月12日

原発の安全性に、また一つ疑問符が付いた。日本原子力発電敦賀原発(福井県敦賀市)の敷地内にある断層について、原子力規制委員会が「活断層の可能性が高い」と結論付け、再稼働に否定的な見方を示した。唯一の国の安全規制組織が調査した結果であり、その判断には計り知れない重みがある。もはや再稼働への国民の理解は得られないだろう。速やかに廃炉を検討すべきだ。
 
活断層の存在が疑われているのは敦賀に限らない。ほかに東北電力の東通(青森県東通村)、北陸電力の志賀(石川県)など五つの原発がある。

敦賀で危険性が明確になった以上、ほかの原発に対しても厳格な調査と評価が不可欠になる。完全に活断層と見なされないまでも、「その可能性が残る」と判断したなら、規制委は再稼働を認めるべきではない。「疑わしきは運転させない」という、安全性最重視の考え方を貫くべきだ。

国の安全審査方針では、活断層の真上に原子炉などを設置できない。敦賀では2号機(116万キロワット)の真下に活断層があることが分かった。同じ敷地には1号機(35万7千キロワット)もあるが、常識的には2号機と同様に再稼働は困難だろう。

活断層は過去に何度かずれ動き、これからもずれて地震をもたらす危険性のある断層を指す。過去といっても10万年単位のことだが、直下で動けば相当の揺れをもたらす。

安全性を考えれば敷地内はもちろん、周囲に活断層があっても原発の立地点としては不適格だ。活断層かどうか専門家の間でも判断が分かれることはあるが、旧原子力安全・保安院が事業者側に都合のいい説明をうのみにしたケースが多かったのではないか。いいかげんな審査だったと言わざるを得ない。

今後は「活断層とは断定できない」などというあいまいな理由で運転を認めるべきではない。「活断層ではない」という確証を得る必要がある。

敦賀原発の現地調査を行った専門家の1人は、30年以上も前の安全審査の地質資料で「明瞭な活断層」が確認できるとの見方を示している。でたらめな国の審査がまたも明らかになった以上、規制委が全原発を再点検するのは当然のことだ。

活断層問題で規制委はこれから、東通原発や志賀原発の調査に乗り出す。国内で唯一稼働中の関西電力大飯原発(福井県)は既に調査に入っており、いずれ結論が出る。

東通の敷地内の断層について、東北電力は「地層が水を含んで膨張」したためだと説明しているが、規制委側からは早くも「世界的にもまれな解釈」などと疑問視する声が出ている。

どの原発であれ、活断層の可能性が否定できないなら、安全性への信頼は大きく損なわれる。その可能性を過小評価することは、決してあってはならない。それが福島第1原発事故の教訓であり、規制委に求められている基本スタンスだ。

人気ブログランキングへ
↑原発を止めたい方 クリックをお願いします↑
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

海空居士

Author:海空居士
当ブログはリンクフリーです。トラックバックや転載等もご自由に。
コメントも大歓迎です。興味深い情報があれば教えてくださるとありがたいです。
ツイッターもやっています。フォローやリツイートもしてくださったら嬉しいです。
心ある人達の連携で、なんとか危険な原発を止めましょう。どうぞよろしくお願いします。

カウンター
カテゴリ
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
月別アーカイブ
原発関係リンク
お世話になっているサイト
最新トラックバック
ツイッター
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。