原発のない社会をめざして 未来・嘉田代表「大変ショックです」 卒原発訴え通じず

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

未来・嘉田代表「大変ショックです」 卒原発訴え通じず

選挙は自民党が圧勝。あれだけの過酷な事故を経験しながら…「原発推進」を公言する党に単独過半数を取らせてしまうのですから、なんともビックリです。
公約も何も見ずに、民主党はダメだからと単純に自民党に投票するお年寄り。どうせ投票に行っても無駄だからと、簡単に選挙権を放棄してしまう若者。おそらく現実はそんなところで…この国の民度の低さというものをつくづく思い知らされる結果となりましたね。
以下は朝日新聞デジタルより転載です。







【未来・嘉田代表「大変ショックです」 卒原発訴え通じず】
朝日新聞デジタル 2012年12月17日

「卒原発」を旗印にした日本未来の党は、選挙前の61議席から大幅に勢力を減らした。代表の嘉田由紀子滋賀県知事は東京都内のホテルで開票を見守り、「日がない中で十分に訴えきれなかった」と振り返った。

嘉田氏は、自民が圧勝したのは「日本中、自分の目の前の『安定』が欲しいということ」と分析。そんな中、次に原発事故が起これば日本の自然と未来が無くなるという危機感に人々が心を動かさなかったのは「大変ショックです」と話した。一方「ここであきらめない。大義はどこにあるのか。前進しましょうと申し上げたい」とも語った。

知事として、隣県の福井県で原発事故が起きたら「琵琶湖が放射性物質で汚染される」と危機感を抱いてきた。大飯原発の再稼働問題では当初、大阪市の橋下徹市長と同調して関西電力に圧力をかけた。だが橋下氏が原発に肯定的な石原慎太郎氏と合流を決めたため「仲間を失った」と失望感をあらわに。脱原発の受け皿となる政治勢力結集を勧める小沢一郎氏に説得され、公示日の1週間前に結党を表明した。

第一声の場所は全村避難が続く福島県飯舘村。「10年で全原発を廃炉。再稼働はゼロ」と訴えた。だが準備不足は最後まで響いた。

環境エネルギー政策研究所の代表で、橋下氏の「脱原発ブレーン」として大阪府市特別顧問を務めた飯田哲也氏(53)も、山口1区で自民前職に敗れた。

脱原発でぶれ始めた日本維新の会と袂(たもと)を分かち、未来の党の代表代行に就任。原発政策を進めた自民の政権復帰を批判し「原発のない未来を」と訴えた。だが何もかも急ごしらえ。ミニ集会では「小沢氏と組んだのはなぜか」と質問が相次ぎ、主張は広がらなかった。

「小沢王国」といわれた岩手県でも、小沢氏は早々と当選を確実としたが、1区では、自ら立候補を口説いた達増陽子氏(47)が接戦の末敗れた。前回民主で政権交代の風に乗り当選した後、小沢氏と共に党を渡り歩いた「小沢チルドレン」も、相次ぎ小選挙区で落選した。

人気ブログランキングへ
↑原発を止めたい方 クリックをお願いします↑
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

大空の亀さんへ

大空の亀さん、おはようございます。

>日本人でいるのが嫌になるような選挙結果に、テレビを見る気になれません。

私もまったく同じ気持ちです。この民度の低さは一体何なんでしょうね?
それから…おっしゃる通り、やはり「小選挙区制」という制度には大きな欠陥がありますね。この制度を何とか変えていかないと、結局…国民の方などちっとも向いていない大政党のみが勝ち続けるだけになってしまいますものね。

まあ…これも1つの結果です。何が問題なのかわかっただけでも良かった。
そもそも、そう簡単に原発が無くせるとも思っていませんでしたから、
新しい第二ステージの闘いが始まるだけです。
とにかく…こと原発に関しては、私は絶対に諦めるつもりはありませんので、
引き続きコツコツと地道に情報を発信し続けていくつもりです。
これからも応援よろしくお願いいたします。
ありがとうございました。合掌

愛希穂さんへ

愛希穂さん、おはようございます。

>何よりも投票率の低さに唖然としました。

本当ですね!私も憤りを通り越して呆れてしまいました。
あまりにも無関心。こんな国民性では一部の人間にいいようにやられてしまって当然です。

>「私たちの闘いは、いよいよ原発推進の本丸=自民党を再度正面に引きずり出し、本当の決着をつける新たな段階へと進みました。決意も新たに、官邸前、全国、何よりも福島で大衆行動をガンガン闘おうではありませんか!」

無論、私もそのつもりです。私もガンガンとはできませんが(笑)、
絶対に諦めずに声を上げ続けていくつもりです。
決意も新たにこれからもお互いに頑張りましょう。
ありがとうございました。合掌

No title

日本人でいるのが嫌になるような選挙結果に、テレビを見る気になれません。

ここにも引用してあるコメントを、朝刊で読んだ時、ほんとにねえと思いました。
>嘉田氏は、自民が圧勝したのは「日本中、自分の目の前の『安定』が欲しいということ」と分析。
というのも、昨日、年配の方が「自民党が勝ったら株価が上がるから勝ってほしい」と話しているのを聞いて、「なんでこんなに自分のことしか考えないのかしら。」とうんざりしていたのです。こんな人が多いのでしょうね。

小選挙区制という制度自体にも、民意が反映されない問題がありますね。
原発推進・憲法改悪の自民党が、こんなに票をとるなんて、情けなさ過ぎます。

と言っても、これで終わりではないのだから、まともな考え・意見が通るよう、地道な努力を続けないといけませんね。

No title

こんにちは。
本当に今回の選挙結果には大きなショックを受けました。
何よりも投票率の低さに唖然としました。うみそら居士様が仰るように「この国の民度の低さというものをつくづく思い知らされ」ました。

民主党がだめだから自民へといったこの風潮。自民の掲げる政策を知っているのかと問いたいです。
原発推進、消費税増税、憲法改憲(改悪)、弱者切り捨て・・・そんな政策を推進しようとする政党をどうして支持できるのか、私には本当に理解出来ません。

でも、ここであきらめてしまったり、失望したままでいては、それこそあの人達の思う壺。
facebookで「私たちの闘いは、いよいよ原発推進の本丸=自民党を再度正面に引きずり出し、本当の決着をつける新たな段階へと進みました。決意も新たに、官邸前、全国、何よりも福島で大衆行動をガンガン闘おうではありませんか!」との投稿がありました。

ガンガンとは私はできないですが、あきらめずに政治に対してもっと関心を持ち、次の政権が過ちを犯さないように祈っていこうと思います。
プロフィール

海空居士

Author:海空居士
当ブログはリンクフリーです。トラックバックや転載等もご自由に。
コメントも大歓迎です。興味深い情報があれば教えてくださるとありがたいです。
ツイッターもやっています。フォローやリツイートもしてくださったら嬉しいです。
心ある人達の連携で、なんとか危険な原発を止めましょう。どうぞよろしくお願いします。

カウンター
カテゴリ
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
月別アーカイブ
原発関係リンク
お世話になっているサイト
最新トラックバック
ツイッター
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。