原発のない社会をめざして 重力で発光し、充電もできるランプ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

重力で発光し、充電もできるランプ

「重力で発光し、充電もできるランプ」だそうです。もっと大型で出力が高く、時間が長持ちするタイプを作ってくれれば、リビングなどでぜひ使いたいものです。これも非常用に一つ買っておこうかな?


wir12121814010002-p1.jpg


【重力で発光し、充電もできるランプ】
2012年12月18日 産経ニュース

「GravityLight」は、砂などを入れた袋をぶら下げて、その重力で発光するランプだ。天気や時間帯に関係なく使うことができ、機器の充電にも利用できる。

ロンドンに拠点を置くふたりのデザイナーが、辺境の地を明るく照らすための単純で持続可能な解決策を思いついた。重力と砂で動力を得る安価なランプだ。

この「GravityLight」は、費用を節約できる代替手段を提供することによって、電気のない発展途上地域での灯油への依存を減らすことを目的としている。目標価格は3ポンド(約400円)未満だ。

GravityLightを動かすには、9kgほどの材料(砂や土、石など何でもいい)を詰めた袋を装置に取り付ける。この袋が徐々に下がることによって、約30分間の光が得られる仕組みだ。

光の強さは調整できるので、温かみのある光を求めるだけであれば発光時間が長くなる。ラジオやバッテリーなどの装置の充電にも利用できる。

電気のない発展途上地域では、灯油代金が家庭収入の10~20%を占めることもある。その必要性をなくすことによって、金銭的な助けになるだけでなく、従来の灯油型ランプによってもたらされる火傷や病気を防ぐ手助けにもなると、デザイナーたちは話している。

GravityLightのプロジェクトは、すでに支援サイト「Indiegogo」で資金調達目標の55,000ドルに達しているが(現在164,255ドル)、より多くの支援金が集まれば、さらに効率を高めたランプを開発できるという。

人気ブログランキングへ
↑原発を止めたい方 クリックをお願いします↑
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

海空居士

Author:海空居士
当ブログはリンクフリーです。トラックバックや転載等もご自由に。
コメントも大歓迎です。興味深い情報があれば教えてくださるとありがたいです。
ツイッターもやっています。フォローやリツイートもしてくださったら嬉しいです。
心ある人達の連携で、なんとか危険な原発を止めましょう。どうぞよろしくお願いします。

カウンター
カテゴリ
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
月別アーカイブ
原発関係リンク
お世話になっているサイト
最新トラックバック
ツイッター
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。