原発のない社会をめざして 東通原発に活断層 下北全体の再評価を

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東通原発に活断層 下北全体の再評価を

毎日新聞の社説をご紹介いたします。以下は転載です。原発立地の活断層について電力会社の調査が不十分で、それをきちんとチェックできていなかった規制当局のあり方に疑問をつけて、もう一度下北半島全体の断層や地殻構造を再評価すべきだとする…非常に良い記事です・以下は転載です。







【東通原発に活断層 下北全体の再評価を】
毎日新聞 2012年12月22日

原子力規制委員会の有識者調査団が、青森県下北半島にある東北電力東通原発の敷地内を活断層が走っていると認定した。電力会社が否定していた原発敷地内の活断層の存在を規制委が認定するのは、日本原子力発電敦賀原発(福井県)に続き2例目となる。電力会社の調査が不十分で、規制当局の安全審査もそれをチェックできていなかったということだ。他の原発の安全審査の妥当性についても、疑問符が付く。

東北電力は東通原発敷地内の断層について、粘土を含む地層が地下水を含んで膨張する「膨潤(ぼうじゅん)」などが原因で生じたもので、活断層ではないと主張してきた。同原発の耐震安全性評価でも考慮されていない。

だが、現地調査も行った規制委の調査団5人は「活断層」とする見解で一致した。調査団の有識者は、規制委が日本活断層学会など関係学会に推薦を依頼し、過去に審査に関わっていない専門家から選ばれた。省庁主導で専門家を選んでいた過去の安全審査は「事業者に甘い」との批判もあったが、今回は中立性が極めて高い人選だと言える。

規制委は新たな原発安全基準の策定に伴い、原発直近を通る活断層の影響評価手法を検討中だ。敷地内の局所的な揺れや地盤のずれを予測することは難しいためだ。東通原発では、活断層の規模などをきちんと調べた上で、新基準に従って耐震性を再評価する必要がある。しかし、問題はそれだけにとどまらない。

調査団が認定した活断層は、隣接する東京電力東通原発(建設中)の敷地にも延びる。さらに、下北半島には、日本原燃の使用済み核燃料再処理工場やJパワー(電源開発)の大間原発など原子力施設が集中立地する。その半島東側の沖合には「大陸棚外縁断層」(延長84キロ)が南北に走る。過去の安全審査で事業者は否定してきたが、同断層を活断層とする専門家がおり、原発の敷地内の断層などが連動して動く可能性も指摘されているのだ。

過去の安全審査に疑問符が付いた以上、規制委は、下北半島全体の断層や地殻構造を再評価すべきだ。調査団の有識者からも調査を求める声が出ていたが、事業者に依存してきた体制を見直し、規制委が主体となって進める必要があるだろう。

重要となるのが規制委の独立性と透明性の確保であり、そのためには国会による同意人事が不可欠だ。

規制委は発足から3カ月が経過したが、民主党政権下では党内事情から国会同意手続きが先延ばしされたままで、いわば仮免許状態にある。年内に発足する新政権は衆参両院に対し、速やかに規制委人事の同意を求めるべきである。

人気ブログランキングへ
↑原発を止めたい方 クリックをお願いします↑
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

彼岸花さんへ

彼岸花さん、おはようございます。
規制委は実際はどうなんでしょうね?私にはいまいち判断がつきません。
今回の事故で膨れあがった「原発アレルギー」は凄まじく、
到底全ての原発を再稼働するなどという事ができるはずがない。
そうすれば…いくつかの古い原発を廃炉にする事で、世論を尊重するふりをしつつ、
他の原発は再稼働。そして新設や増設も認めるという…そんなシナリオを描いているのでは?

自民党政権に変わって、これから国会の同意人事がありますよね。
その時に、自民党がどう動くのか?そこが一つの見極めかもしれませんね。
そこで激しいやり取りがあるようなら、田中氏には少々は期待もできそうですが、
すんなり今の状況のまま決まるとすれば出来レース?

>この5人が決まったときは、あんなに反対して総入れ替えを希望していた
私ですが、状況がさらに悪くなって、去年の人選さえましだったように
思えてきてしまうのが情けないです。

わかります、わかります。本当に状況は日に日に悪くなるばかりですものね。
さすが2兆円産業の「原子力ムラ」。闇の力の巻き返しは恐ろしいですね。
こっちもよっぽど連帯して戦わなかったら、到底勝ち目などありませんよね。
お互いに頑張って訴え続けていきましょう!
ありがとうございました。合掌

No title

うみそら居士さん。こんばんは。
規制委は今のところ一所懸命やっているのではないでしょうか。
とりわけ島崎委員はよく動いてくれている感じがします。
正念場は、安倍政権が本格的にスタートするこれからですが、
これからの政府、経済界挙げての再稼働の圧力に耐えて独立性を
保っていくかどうかで、田中委員長の本気度がわかりますね。
気にかかるのは、この人事が国会の承認を受けていないのを理由に、
何だかんだの理屈をつけて安倍政権が委員の総入れ替えをもくろまないか、
ということです。
島崎委員のようなひとは外して、もっと明らかに推進派の
人物を選任したいなんて考えるんじゃないかしら。
この5人が決まったときは、あんなに反対して総入れ替えを希望していた
私ですが、状況がさらに悪くなって、去年の人選さえましだったように
思えてきてしまうのが情けないです。

ああ、野田総理の頃はまだよかったなあ!と思うようなことにならなければいいのですが…!(自分で言っておきながら、きついジョークですね、これ。)

しかし、これまでの電力会社と規制庁、ひどいずさんな調査ですねえ。
プロフィール

海空居士

Author:海空居士
当ブログはリンクフリーです。トラックバックや転載等もご自由に。
コメントも大歓迎です。興味深い情報があれば教えてくださるとありがたいです。
ツイッターもやっています。フォローやリツイートもしてくださったら嬉しいです。
心ある人達の連携で、なんとか危険な原発を止めましょう。どうぞよろしくお願いします。

カウンター
カテゴリ
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
月別アーカイブ
原発関係リンク
お世話になっているサイト
最新トラックバック
ツイッター
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。