原発のない社会をめざして ニッポンの火力発電がスゴイ! 石炭・LNG発電の最新技術(前編)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニッポンの火力発電がスゴイ! 石炭・LNG発電の最新技術(前編)

とても良い動画を見つけました。前編・後編とわけて2回でご紹介いたします。この前編では、主にガスタービンと蒸気タービンを組み合わせた次世代のハイブリッド発電である「ガスコンバインドサイクル」を紹介してくれています。




【ニッポンの火力発電がスゴイ! 石炭・LNG発電の最新技術(前編)】

火力発電が過去のものと思っている人がいるとしたら、それは大きな間違い。火力発電は今、日本の電力の60%以上をまかなっている、欠かすことのできない電源なのです。そしてそこには日本が世界をリードする最新技術が投入されているのです。

電力ジャーナリスト 藤森礼一郎さん
「オイルショックまでは、火力発電所が供給力のほとんど全ての時代。石油が安くなったし、石油を使った石油火力がメインで電力供給の主役。それでしばらくしたらオイルショックになって、さあ、これは大変だというので、いろんな種類の発電所をたくさん作っていこうと、ベストミックスと言われてますけど、いろんなものをうまく組み合わせて安定した電力供給の仕組みを作っていこうということで、火力に対する依存度は徐々に下がってきてはいるんですけど、よくよく見ると石油火力に対する依存度は下がってきたけれども、火力全体で見ると依然として60数%、あるいは70%近いものが火力ということには変わりない」

また、火力発電は機動性がよく、出力の調整もしやすいため、真夏のピークなどに対応する調整用の電源としても重要な役割を担ってきました。

現在の火力発電には最新の技術が投入され、初期の火力発電と比べると熱効率は数倍以上にもなっています。川崎火力発電所にもそうした最新技術が採用されています。その技術とはコンバインドサイクル発電と呼ばれる最先端の発電方式です。

川崎火力発電所 三浦文雄さん
「コンバインドサイクル発電というのは、ジェット機のエンジンと同じガスタービン。それから従来型の汽力発電方式を組み合わせた複合型の発電方式です」

コンバインドサイクル発電では、ガスタービン、蒸気タービン、発電機が1つの軸でつながった構造をしています。まず天然ガスを燃やしてガスタービンを回し、さらにこの時に出る高温の排ガスで、蒸気を作って蒸気タービンを回します。ガスタービンと蒸気タービンの両方で1つの発電機を回して発電するのです。エネルギーを無駄なく使うため、高い熱効率が生まれます。

コンバインドサイクル発電は、これまでガスタービンの燃焼ガス温度を高めることで、熱効率を向上させてきました。川崎火力発電所では、現在世界最高の1500℃という燃焼ガス温度を実現しています。それを可能にした技術とは…

川崎火力発電所 三浦文雄さん
「高温部品の素材技術ですね。例えばタービンの羽根ですと、ニッケルベースの耐熱超合金を使用しております。そして冷却技術も改良が加わりまして、現在1500℃まで耐えられる技術となっております」

こうして燃焼ガス温度を1500℃まで高めることで、川崎火力発電所では59%という世界最高水準の熱効率を実現しています。


【石炭火力】

1970年代に起きたオイルショックを契機に、石炭火力が再び見直されます。現在日本では、総発電電力量の約27%が石炭火力でまかなわれています。使われる石炭のほとんどは輸入です。また世界を見ると、アメリカでは約50%が、中国では約80%が石炭火力です。なぜこれだけ利用されているのでしょうか?

電力ジャーナリスト 藤森礼一郎さん
「資源としてそれだけ豊富だというのが1つあって、その次には安定した地域で産出しているというのが1つと、もう1つは安い」

石炭は、他の化石燃料に比べ埋蔵量が多い資源です。採掘の可能な年数は、石油が42年、天然ガスが60年なのに対し、石炭は122年となっています。ただ石炭は大気汚染となる硫黄や窒素成分を含み、二酸化炭素の排出量も多いという欠点がありました。しかしそうした問題も、今ニッポンの最新技術によって解決されようとしています。

後編に続く…

人気ブログランキングへ
↑原発を止めたい方 クリックをお願いします↑
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

海空居士

Author:海空居士
当ブログはリンクフリーです。トラックバックや転載等もご自由に。
コメントも大歓迎です。興味深い情報があれば教えてくださるとありがたいです。
ツイッターもやっています。フォローやリツイートもしてくださったら嬉しいです。
心ある人達の連携で、なんとか危険な原発を止めましょう。どうぞよろしくお願いします。

カウンター
カテゴリ
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
月別アーカイブ
原発関係リンク
お世話になっているサイト
最新トラックバック
ツイッター
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。