原発のない社会をめざして 米国で原発の廃炉相次ぐ 老朽化やシェール革命で採算悪化

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

米国で原発の廃炉相次ぐ 老朽化やシェール革命で採算悪化

拙ブログでは何度も主張していることですが、原発はいまや完全に斜陽産業で…もはや未来はありません。今回はアメリカの原発産業が岐路に立たされているという記事をご紹介いたしますが、イギリスでも同様の事が起ころうとしています。以下は産経ニュースより転載です。







【米国で原発の廃炉相次ぐ 老朽化やシェール革命で採算悪化】
産経ニュース 2013年2月18日

米国で廃炉に追い込まれる原子力発電所が相次いでいる。老朽化や東京電力福島第1原発事故を受けた規制強化に加え、シェールガスの開発ブームで原発のコスト競争力が低下しているためだ。オバマ政権は原発推進の旗を降ろさず新規建設の動きもみられるが、「シェール革命」が原発大国を揺さぶっている。

電力大手デューク・エナジーは今月5日、フロリダ州のクリスタルリバー原発を廃炉にすると発表した。同原発は格納容器のひび割れで2009年から稼働を停止中だが、補修費用が巨額で工事も長期間を要するために採算がとれないと判断した。ロジャーズ最高経営責任者(CEO)は「投資家や地元にとって最善の決定」と強調するが、再稼働を目指していただけに、「判断は難しかった」と無念の思いもにじませた。

電力大手ドミニオンも昨年10月、ウィスコンシン州のキウォーニー原発の閉鎖を決めた。原子力発電最大手のエクセロンも、ニュージャージー州のオイスタークリーク原発を10年前倒しで19年に廃炉にする。

米国は世界最多の原発104基を抱えるが、大半は1980年代以前に建設され、改修費用は年々かさむ。福島第1原発事故を受けた規制強化も事業者の頭痛の種で、米原子力規制委員会(NRC)は昨年、米国内の原発に対して安全対策の強化を命じた。

さらに、米国ではシェールガス開発で安価な天然ガスを使った火力発電が急増し、原発のコスト競争力が相対的に下がっている。デューク・エナジーはクリスタルリバー原発の代替施設に、天然ガスを燃料とする火力発電所を検討中だ。

長年稼働し地元のエネルギー需要や雇用を支えた原発の閉鎖は、地域経済に大きな影響を与えている。だが、米国で進行する「シェール革命」のうねりは「業界関係者の想像以上」(日系電力会社幹部)の大きさで、エネルギー政策の根幹を揺るがしている。

オバマ政権は当初、地球温暖化対策として「化石燃料の依存脱却」を旗印に原発推進を強調し、昨年はジョージア州で34年ぶりに原発建設を認可したが、最近は「海外産原油の依存脱却」に“軌道修正”。今年の一般教書演説では「天然ガスブームが米国をエネルギー自給に導いている」と力説したが、原発には言及すらしなかった。

現在米国内に20基以上の原発計画があるが、計画変更など先細りも懸念される状況で、米国の原発産業は岐路に立たされている。

人気ブログランキングへ
↑原発を止めたい方 クリックをお願いします↑
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

ウッドスタインさんへ

ウッドスタインさん、こんばんわ。

「…そういう負担も日本に覆い被せられるかもしれません。」

なるほど、確かにそういう事も考えられますね。
今後、原発をやるにしても止めるにしても、使用済み核燃料の処理や廃炉等…
いわゆる「原子力産業」そのものを無くしてしまうわけにはいきませんから、
本当にこれらの事は悩ましい問題ですね。

ご紹介いただいた「紙の太陽電池」。これも面白い取り組みですね~。
まだまだ発電効率は低いようですが、安価で軽く…曲面にも貼れそうですし、
完成すればいろいろな用途が考えられそうですね♪
早速、拙ブログでも紹介させていただこうと思います。
ありがとうございました。合掌

No title

 シェール革命により、とりあえずアメリカでは原子力発電は下火になりそうですが、そうなると原子力技術の維持も難しくなるので、そういう負担も日本に覆い被せられるかもしれません。原発大国とは言っていますが、最早アメリカは日本の企業の協力なしでは、最新式の軽水炉を建設することはできなくなっていますしね。
 さて、原発の代替発電候補ですが、「紙の太陽電池:製造コスト10万分の1 阪大グループ開発」という記事がありました。

http://mainichi.jp/select/news/20130217k0000e040136000c.html

 いわゆるパネル式ではない太陽光発電としては、すでに住友化学や三菱化学が「有機薄膜太陽光発電」である程度の研究成果を上げていますが、今回はコストが低いことと、必ずしも建物の壁や屋根などに塗ったり貼ったりしなくてもいい点が興味深いと思われます。太陽光発電ですので充電池の問題は付きまといますが、何とか早く商業ベースに載せて欲しいものです。
プロフィール

海空居士

Author:海空居士
当ブログはリンクフリーです。トラックバックや転載等もご自由に。
コメントも大歓迎です。興味深い情報があれば教えてくださるとありがたいです。
ツイッターもやっています。フォローやリツイートもしてくださったら嬉しいです。
心ある人達の連携で、なんとか危険な原発を止めましょう。どうぞよろしくお願いします。

カウンター
カテゴリ
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
月別アーカイブ
原発関係リンク
お世話になっているサイト
最新トラックバック
ツイッター
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。