原発のない社会をめざして 日本原電 原発の後始末に着手を

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本原電 原発の後始末に着手を

今回は、朝日新聞の社説をご紹介いたします。以下は転載です。







【日本原電 原発の後始末に着手を】
朝日新聞 2013年2月25日

原発を専業とする日本原子力発電(日本原電)の行き詰まりが表面化した。敦賀原発(福井県)など、保有している原発を動かすめどが立たないなかで、4月に返済期日を迎える借入金の借り換えがむずかしくなった。

とりあえず、原電の株主で電気も買っている大手電力4社を中心に、債務保証や資金支援でしのぐ方向だという。だが、当事者たちも認めるとおり、「一時的な救済策」にすぎない。

日本原電がもつ休止中の原発3基は、敷地内で活断層の存在が指摘されたり、運転期間の寿命とされる40年をすぎていたり、地元自治体が再稼働に反対していたりする。今後も稼働は困難だと考えるべきだろう。事実上の清算処理を視野に入れざるをえない。

やっかいなのは、ふつうの企業のように債権債務を整理して終わり、とはいかない点だ。使用済み核燃料の保管という問題がある。廃炉では、放射性物質に汚染された施設を、長い年月をかけて安全に処理しなければならない。すでに廃炉作業に入っている原発も1基ある。原電を整理する際、こうした負の資産を、責任をもって引き受ける受け皿が必要だ。

貸手である金融機関の責任を問うにしても、新たな資金が必要になる。本来は事業者が廃炉に必要な費用を積み立てておくのがルールだが、予定より早く止まることもあり、原電は十分な積立金を確保できていない。

電力業界全体も原発に代わる火力発電の燃料費増大などから経営環境が厳しくなっている。地域独占に安住し、もたれ合いのなかで原発依存を進めてきたツケがまわった形だが、一つのほころびが連鎖反応を呼びかねない。

原発推進は国策でもあった。電力の安定供給に支障が出るようなシステム危機を避けるためにも、政治がきちんと関与していくべきだ。むろん、電力会社の経営への波及を恐れて、原発維持に動くのは本末転倒である。

民主党政権下では、国内の原発を特定の事業体に集約し、安全管理や廃炉作業を担うといった考えも浮上していた。今後の原発政策全体をにらんで、原電の抜本処理を進めることが不可欠だ。

だれが、どのように負担していくべきか。廃炉の技術や人材の確保を含めて、「原発の後始末」に早く着手しなければならない。

人気ブログランキングへ
↑原発を止めたい方 クリックをお願いします↑
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

ウッドスタインさんへ

ウッドスタインさん、こんばんわ。
不覚にも風邪でダウンしており、お返事が遅くなって申し訳ありません。

はい。京大の山名元教授ですね。確かにあまり良いイメージは持っていません(笑)
ただ、とにかくこの核のゴミの始末の方法は何とか確立させないと…
ここは、考え方が難しいところなのかもしれませんが、やはり原子力は国策でやっていたことですからね。事故を起こしたから「お前らだけが悪い!」と全ての罪を彼らだけにかぶせるわけにはいきませんよね。
そう考えれば、彼らにはこのような静脈産業の分野での利権は残してあげるべき(残さざるを得ない)のかとも思います。
もちろん、利権ありきで正しい情報を隠ぺいしたり、時には代替エネルギーの分野に圧力をかけたりと…そういう罪はしっかりと糾弾されなければいけないとは思いますが。

なるほど。専焼炉にADSR炉 (加速器駆動未臨界炉)と、違いがあるのですね。
勉強してみようと思ったのですが、まだ少し熱があり頭がほとんど働きません(苦笑)
また元気になったら調べてみようと思います。
中途半端なお返事ですみません。ありがとうございました。合掌

No title

 「夢の扉+」のてんぷら油の再生利用の話題は、省エネと環境に対する負荷を減少させるという2点で、啓蒙していきたいと思います。

 次に「「核のゴミ」の寿命を縮める 世界初の実験」ですが、下記のURLにテキストが記載されていましたので、よければ参照してください。

http://news.tbs.co.jp/20130227/newseye/tbs_newseye5268131.html

 この記事で登場する京都大の山名元(やまなはじむ)教授ですが、いわゆる原子力村の一員で原発推進論者、そして過去に裏金を受け取ったという疑いもある学者です。となると、脱原発論者からは毛嫌いされそうですね。おそらく、今回のこの実験も原発推進の負の要素を取り除こう、というのがそもそもの意図なのでしょうから。ですが、黒いネコでも白いネコでもネズミを捕ってくるネコは良いネコなのであって、その実験の果実をどう使うかは、本人の意思を超えるところにあるわけですから、管理人さんはどう思われるかはわかりませんが、とりあえず、山名教授の指導の下でのこの実験の推進を見守っていこう、と私は思っています。

 あと、今回のこの実験原理について私は専焼炉構想に近いと申し上げましたが、管理人さんの言うところの「延長のような技術」というのは、少し違うかな、という感じで、延長線上というならば、ADSR炉 (加速器駆動未臨界炉)構想がそれに該当するかな、と思います。管理人さんは、専焼炉の検討を実施することに、原理的には相性の良い高速増殖炉が利用される可能性があり、それがもんじゅの延命につながるのでは、との御懸念をお持ちのようですが、そもそももんじゅは欠陥設備であるので、仮に専焼炉の実証実験を行うにしても、もんじゅを利用するのは危険だと思われます。
 実は軽水炉の延命につながるので紹介しなかったのですが、高増殖を軽水炉でも行うことができるという技術は、すでに形になりつつあります。

http://www.waseda.jp/jp/news12/121227_breeding.html

 私は日本のような地震多発国においては軽水炉の運用は危険であり、この高増殖の運用を国内で実施するのは反対なのですが、技術的には画期的なものであるのは確かです。そういうこともあって、もんじゅの存在意義は今や風前の灯ともいえるのですが、要は使用済み核燃料の保管の問題を引きずる形で今日まで延びているわけで、にっちもさっちもいかなくなっているというのが現状のようです。

ウッドスタインさんへ

ウッドスタインさん、おはようございます。
いえいえ、おかげさまでいろいろと勉強させていただくことができました。
たまたま同じ動画が見つかってよかったです。
それにしても…拙ブログを始めたきっかけは、まさにこういうことからなのですが、
せっかく良い情報が発信されても、著作権などの商業主義的な理由からすぐ消えてしまう。
あるいは…いちおうは報道してみたものの、本音はこういう情報は広めたくないとか、苦情がくるから等の理由で、さっさと削除してしまうケースもありますよね?
事実を広く世に伝えて、世の中を正しい方向に導くことがジャーナリズムのタテマエであるならば、報道には完全なる公共性と中立性が求められるところの筈ですが、相変わらずそういう世の中ではないようですね。

>似たようなものに専焼炉構想というものがあります。

なるほど、やはり専焼炉の延長のような技術なのですね。そうすると、もんじゅの延命策のような話に発展していく可能性も…。あるいは副次的にさらに多量の放射性核種のできる恐れなどはないのか?私も、今後いろいろと調べてみたいと思います。

メタンハイドレートについては、確かに韓国や中国との関係もあるのでしょうが、青山繁春氏などが指摘するように、海底土木のレベルの技術で採取できる日本海の開発が進み、コストが安く取れるということになると困る…原子力ムラや石油利権の連中の圧力などもあるのでしょうね。本当にもどかしいことですね。
ありがとうございました。合掌

No title

 提示していただいた動画URLは、まさに私が紹介した記事に添付されていた動画のURLでした。私としては、まさか、1日で記事が削除されるとは思いもよりませんでしたので、結果的に、管理人さんには余計な手間をかけることになってしまいました。申し訳ありませんでした。

 中性子の数を操作することで、半減期の長い原子を半減期の比較的短い、または放射性ではない同位体に変換させるというのは、核化学の知識のある人ならだれでも思いつくアイデアで、似たようなものに専焼炉構想というものがあります。ただ、専焼炉は放射性同位元素同士での中性子のやり取りにより発電を行い、その副作用として半減期の長い原子を半減期の比較的短い、または放射性ではない同位体に変換させるというもので、今回の研究内容とは目的自体が違うということですかね。兎にも角にも、検討段階から実験段階に移行した、ということで、とりあえず一歩前進ではあると言えると思います。
 ただ、いざ実施するとなるとその実現にはいくつも課題があり、その克服には多くの実証実験をしなければならない、そのためにはヒト、モノ、カネの投資は必須の上に、万全の上にも万全を期する、ということで、2050年頃という予測になったのでしょうね。


 「メタンハイドレート、18年度に採算化技術 政府の海洋計画案」という報道がありました。

http://www.chugoku-np.co.jp/News/Sp201302280124.html

 記事からだけではよくわからないのですが、これはどうも日本海側の比較的採掘しやすい状態のものではなく、現在伊勢湾沖で実証実験している、海底土壌から抽出する方のことのようです。韓国は不当かつ不法にも自国の領土であると事実をねつ造して主張している竹島の周囲のメタンハイドレートの採掘をアメリカの協力を得て2014年にも試掘を開始するという方針のようなので、このままでは竹島だけではなく日本の貴重な資源も泥棒国家に強奪される危険性もあります。そのような観点からも、一刻も早く日本海のメタンハイドレート採掘を実現する必要があるのですが、本当にもどかしい限りです。

ウッドスタインさんへ

ウッドスタインさん、こんにちわ。
教えていただいた「「核のゴミ」の寿命を縮める 世界初の実験」という記事は、残念ながら削除されていました。代わりにyoutubeで検索してみたらこのような動画が出てきましたが、おそらく教えていただいたものと同じですよね?

http://www.youtube.com/watch?v=6V6nPUEhZTM

こういう研究がなされていることは一応知ってはいたのですが、実際のところはどうなんでしょうね?半減期は短くなったとしても、再処理工場のように大量の放射能を海に流してしまうとか…そういう事がなければ良いのですが…

また、2050年というのもえらく先の話ですね。つまらないことにばかりお金を使わないで、こういう研究にこそ予算をしっかりつけて、実現を急いでほしいものですね。

「東京が油田に!? “天ぷら油”を新エネルギーに再資源化! 車も走り、発電も~「環境の英雄」が究極の循環型社会実現に挑む!」

この番組には大いに興味があります。ぜひ見てみようと思います。「夢の扉+」はいつも非常に良いテーマを取り上げてくれる貴重な番組ですね♪
ありがとうございました。合掌

No title

 いつもは貴ブログでは、原発以外の有望な代替エネルギー案を提示させてもらっているのですが、今回は、日本原電の原発の後始末、という話題に関連して、使用済み核燃料の処理についての記事を紹介したいと思います。
 「「核のゴミ」の寿命を縮める 世界初の実験」

http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye5268131.html

 まだまだ実現までにかなりの年月を要しそうですが、なるべく早期に技術を確立して欲しいものです。

 あと、ついでですが、今度の日曜日(3月3日)の「夢の扉+」のテーマは
 「東京が油田に!? “天ぷら油”を新エネルギーに再資源化! 車も走り、発電も~「環境の英雄」が究極の循環型社会実現に挑む!」
となっています。

http://www.tbs.co.jp/yumetobi-plus/

 もう割と知られている話なので目新しさはありませんし、日本のエネルギー対策に大きく関わる話でもありませんが、知っていて損はないと思いますので、気が向いたら御覧になってください。
プロフィール

海空居士

Author:海空居士
当ブログはリンクフリーです。トラックバックや転載等もご自由に。
コメントも大歓迎です。興味深い情報があれば教えてくださるとありがたいです。
ツイッターもやっています。フォローやリツイートもしてくださったら嬉しいです。
心ある人達の連携で、なんとか危険な原発を止めましょう。どうぞよろしくお願いします。

カウンター
カテゴリ
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
月別アーカイブ
原発関係リンク
お世話になっているサイト
最新トラックバック
ツイッター
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。