原発のない社会をめざして 落合恵子 「毎日を反原発デーに 私たちは後退りしない」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

落合恵子 「毎日を反原発デーに 私たちは後退りしない」

「さようなら原発1000万人アクション」での落合恵子さんのスピーチです。



どんなことがあろうと、何をされようと後ずさりはしないという約束です。もう一度自分の心に刻みましょう。東日本大震災という自然災害、そして福島第一原発の過酷事故という人災から1年と363日、私たちはあの日から誰をも犠牲にしない今までとは違う暮らし方・生き方・社会を必死に求め続けてきました。

けれど長年にわたって原発推進を進めてきた政党が、無念なことに、残念なことに、悔しいことに、今や最大政党になっています。そして再稼働と原発の輸出が公然と語られるようになりました。さらにオスプレイが日本中を飛行する時代になってしまいました。

参議院の次の選挙の後には、憲法改悪が控えているでしょう。それでも私たちはくじけません。力強く坦々と…確かに、けれど果敢に一歩一歩毎日を反原発デーにしていきませんか?していきましょう!

そして、毎日が反原発デーであるということは、原発単体だけではなく、この犠牲のシステムそのものを変えていこうという自分との約束になるはずです。私たちは強く求めます。当然ながら一部の利益のために多くの人々が苦しむ社会そのものを変えていくことを。私たちは決して後ずさりしません。

私は忘れません。一月ほど前、福島南相馬の土曜日のちょうどこの時間、雪が降っていました。目抜き通りに人影はなくて、雪の中で信号だけが点滅していたあの光景を、私は一生忘れません。仮設住宅から通い続け、相馬の野馬追の馬たちが食べるわらを、ただ黙々と作っているあの人の姿を、そして深い深い馬の目も私は忘れません。

私は要求します。何度でも繰り返し要求します。被曝しながら原発の中で黙々と働いている、この日本の命運を賭けた人々もいるということを。私は約束します。当たり前です。誰が福島を忘れることなどできるでしょうか?毎日を反原発、原発的行動そのものに反対し続け、できることに全て取り組むことにここでお約束しましょう。

郡山の駅で私の手を握って、「私たちはここに生きてるのよ、忘れないで」と言ったあなた。私は忘れません。今日、このどこかにいらっしゃる「82歳デモデビューよ」と言ってくださったあなた。私は一緒に歩きたいと思います。福島は私たち自身なんです。沖縄が私たち自身であるように。

どうか、どうか、どうか、選挙の結果なんて蹴飛ばせばいいんですよ。共感を持って今日ご一緒に歩き続けさせてください。私たちが目指すゴールがどんなに遠くても、私たちは歩き続ける自分を励まし続けていきましょう。

移ろいやすさを否定して、生きてる限り原発反対を心の真ん中に置いていきましょう。今日この日を鎮魂の日と、そして抗いの日として、再び自分の心に刻みつけることを、私はあなたに約束をしたいと思います。ありがとうございます。

人気ブログランキングへ
↑原発を止めたい方 クリックをお願いします↑
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

海空居士

Author:海空居士
当ブログはリンクフリーです。トラックバックや転載等もご自由に。
コメントも大歓迎です。興味深い情報があれば教えてくださるとありがたいです。
ツイッターもやっています。フォローやリツイートもしてくださったら嬉しいです。
心ある人達の連携で、なんとか危険な原発を止めましょう。どうぞよろしくお願いします。

カウンター
カテゴリ
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
月別アーカイブ
原発関係リンク
お世話になっているサイト
最新トラックバック
ツイッター
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。