原発のない社会をめざして 原発事故の損害賠償資金は、国民負担になるの?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

原発事故の損害賠償資金は、国民負担になるの?

今回は、原発事故の損害賠償資金についての記事をご紹介いたします。以下はmsnマネーより転載です。








【原発事故の損害賠償資金は、国民負担になるの?】
msnマネー 2013年3月11日

東日本大震災から2年。福島第一原発の事故について安倍首相は先月、「収束したとは言えない」と語るなど、いまもなお多くの問題が山積みとなっています。

例えば、避難住民や深刻な風評被害を被った農家などによる損害賠償請求。政府は2月4日に東京電力に対し賠償資金として6968億円の支援を決定し、その総額は約3兆2000億円に達しました。

ここで気になるのは、その支援金と東電の賠償資金の原資。政府支援金ということは、私たちの税金ですよね。さらに、東電は毎年の利益から国へ支援金を返済するとしていますが、東電の商品といえば電気。つまり、莫大な損害資金を捻出するために、電気料金を値上げするのではないでしょうか? 経済や金融に精通する作家の橘玲さんに聞いてみました。

「まず、電気料金の値上げについては、賠償資金調達のための値上げはできないと思ってよいでしょう。実質国有化状態の東電では、電気料金の値上げは政府と経産省、原子力損害賠償支援機構が決めることになり、東電に権限はないからです。そもそも、電気料金を大幅に引き上げて賠償金を支払うとなると、東電の利用者からの不満や批判は避けられません。政治的にはあり得ない選択肢です。ただし、原発が稼働できないことで燃料費が膨れ上がっているので、それによる値上げはあるでしょうね」

では、政府が支援金捻出のために増税する可能性は?

「支援金については『税金投入』ではなく、あくまで国が東電に賠償資金を『立て替え』で仮払いしているお金です。将来的には東電をはじめとした電力会社の利益から回収することになっているので、名目上は税の投入はないことになっています。とはいえ、支援金の実態は税金なので、言葉のすり替えですよね」

東電は、支援金返済のために経常利益を上げたくても、電気料金の値上げはできない…となると、返済資金は今後、どうやって捻出するのでしょうか?

「もっとも現実的な案は、発送電を分離した上で原発事故処理のための清算会社をつくり、発電会社の利益の一部を清算会社にプールする、という方法ではないでしょうか。かつて、国鉄の分割民営化がありましたよね。会社を地域ごとに分割して民営化し、巨額の負債を解消するために『日本国有鉄道清算事業団』を作りました。各社が新幹線などによる利益を清算事業団に入れることで、負債の解消を図ったのです。これと同様に、地域独占の電力会社を発電と送電を分け、発電部門を自由化するとともに、原発事故処理を引き受ける清算会社を別に作って各社の利益を賠償などにあてるのが健全な方法だと思います」

ということは、その仕組みがうまく回れば、私たちの生活に大きな影響はなさそうですね。

「そうとは言い切れません。原子力損害賠償支援機構の立て替えは被災者への補償金だけでなく、除染や廃炉など、原発事故の後処理にも使われます。そこまで含めたら必要な資金は何十兆円にも上り、現在のスキームでは支援機構そのものが破綻するに決まっています。けれど、とりあえずは現状維持でなんとかなっているので、問題が大きくなるまではこのままでいこうという風潮になっている。このままでは、巡り巡って大きなツケがまわってくるでしょう」

まるで、年金問題や赤字国債発行と同じような構図ですね…。「万が一の国家破産に備えて、資産を守る方法とは」で考察したように、私たちに防衛策はあるのでしょうか?

「個人レベルで言えば、今後、電気料金が大幅に上がることを想定して、電気をあまり使わない生活を心がけることです。そもそも、1980年代後半のバブル最盛期でも、いまよりずっと電力消費量は少なかった。製造業のエネルギー効率は改善していますから、電力を大量に使っているのは、深夜営業の商業施設や無駄な公共施設、オール家電住宅などに頼る家庭です。こうした無駄使いをなくせば、そもそも原発は必要ありません。身近な防衛策としての節電は、エネルギー問題を解決する第一歩です」

直近では大きな負担増はないけれど、巡り巡って取り返しのつかない現実が襲ってくる可能性を抱える原発事故の損害賠償問題。「いつか」「そのうち」ではなく、私たち一人ひとりがその解決方法を注視し、個人レベルでできる対策を考え、行動すべき時期にきているのではないでしょうか。

人気ブログランキングへ
↑原発を止めたい方 クリックをお願いします↑
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

海空居士

Author:海空居士
当ブログはリンクフリーです。トラックバックや転載等もご自由に。
コメントも大歓迎です。興味深い情報があれば教えてくださるとありがたいです。
ツイッターもやっています。フォローやリツイートもしてくださったら嬉しいです。
心ある人達の連携で、なんとか危険な原発を止めましょう。どうぞよろしくお願いします。

カウンター
カテゴリ
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
月別アーカイブ
原発関係リンク
お世話になっているサイト
最新トラックバック
ツイッター
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。