原発のない社会をめざして ガス基地構想 原発の次へ踏み出そう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガス基地構想 原発の次へ踏み出そう

またまた…東京新聞に良い記事がありました。若狭湾の「原発銀座」をガス基地に置き換えていこうという提案です。以下は転載です。








【ガス基地構想 原発の次へ踏み出そう】
東京新聞 2013年3月27日

福井県若狭湾岸の「原発銀座」を液化天然ガス(LNG)基地や発電所に置き換えようと先月、地元政財界が研究会を発足させた。何より、雇用が確保される。原発の次へ踏み出す一歩にしたい。

日本原子力発電(原電)敦賀原発1号機は一九七〇年三月十四日、大阪万博の開幕に合わせて営業運転を開始した。日本最古の軽水炉は、高度経済成長のまさに象徴だった。

その日から四十年あまり、敦賀原発のある若狭湾一帯には、日本原子力研究開発機構の高速増殖原型炉「もんじゅ」も含めて十四基もの原発が集中し、「原発銀座」と呼ばれるようになっていた。

原発銀座は、関西圏で消費される電力の半分以上を送り出した。同時に過疎地は交付金で潤った。ところが3・11は、この地域にとっても転機になった。

安全神話は偽りだと分かり、その後の調査では大地震の原因になる活断層が次々に発見されている。直下に活断層が見つかった敦賀2号機の存続は難しい。さらに原子炉の老朽化も著しい。これからは、新増設はおろか、再稼働も難しいだろう。そうなれば、地域の体質改善は避けられない。

とは言うものの、原発なしで町や暮らしが成り立つのだろうか。住民は、安全と経済のはざまで揺れながら、二重の不安を抱えているのが現状ではないか。

私たちは、港や送電網といった既存の発電インフラや長年の原子力技術の集積を生かし、原発に代わる新産業をこの地域で育成すべきだと訴えてきた。培ってきた放射線の研究やその医療への応用などである。

敦賀港には大型タンカーが接岸可能だ。LNG大国ロシアに近く、関西、中京圏という消費地からも遠くない。エネルギー基地として十分な地の利がある。既存の送電網は地域の強い味方になる。

研究会では、一足飛びの脱原発ではなく原子力を含むエネルギーミックスが唱えられた。原発は手放さないということだ。しかし長い目で見れば脱原発は時代の要請でもある。大いに検討してほしい。

若狭湾の再開発は、原発の出口戦略づくりの良いモデルになるかもしれない。日本中で最も長く、最も多くの原発と向き合い、共存してきた若狭の未来図でもある。政府は、支援を惜しむべきではないし、電力消費地からも、応援したい。

人気ブログランキングへ
↑原発を止めたい方 クリックをお願いします↑
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

yokoさんへ

yokoさん、おはようございます。

この記事で紹介されている取り組みは、非常に良いことだと思います。
やはり国策としてやってきたことですから、それなりに原発立地自治体のケアもしていかなければなりません。
もっともっとこのような流れを拡大して、オーランチオキトリウムの培養工場を作るとか、いろいろと考えてほしいものですね。

>廃炉にするとしても何十年、何百年と掛かる大変な作業になるわけで、仕事がなくなるわけではないと言う事をまず念頭に置いて事を考えないと片手落ちになると思います。

そうですね。私もまったく同感です。
一説には…通常運転の原発よりも、廃炉作業中の方が雇用が増えるという意見もありますよね。そういう事は下手をすると地元の方達は知らない可能性がありますから、しっかり宣伝する必要があると思います。

本当に…どうしているも右か左かの議論にしかならないのでしょうかね?
やはり、国民一人ひとりがもっと賢くなっていかなければいけませんね。
ありがとうございます。合掌

死活問題でも。。。

こんにちは。
原発が廃炉になれば仕事がなくなると云う考え方は分からないわけではありませんが、廃炉にするとしても何十年、何百年と掛かる大変な作業になるわけで、仕事がなくなるわけではないと言う事をまず念頭に置いて事を考えないと片手落ちになると思います。
廃炉作業をしながら、太陽光、風力、地熱、水力、火力など地形に合った発電方法を取り入れて行く。これすべて同時進行であるべきです。
なぜいつも右か左かの議論になるのか。。。頭が硬直し過ぎと思います。
それで「できない理由」ばかりを考えるのか。。。(利権の問題はさておいても)こちらも頭を悩まします!
「できない理由」ばかりを考えている間に、もし大地震でも起きれば、全ては一気に負の世界へ陥落ですから、2年経っても今の状況は恐ろしいです、正直。
送電線分離は自民党部会で見送られそうです:結局、本気でやる気がないと言う事を表明しています。
プロフィール

海空居士

Author:海空居士
当ブログはリンクフリーです。トラックバックや転載等もご自由に。
コメントも大歓迎です。興味深い情報があれば教えてくださるとありがたいです。
ツイッターもやっています。フォローやリツイートもしてくださったら嬉しいです。
心ある人達の連携で、なんとか危険な原発を止めましょう。どうぞよろしくお願いします。

カウンター
カテゴリ
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
月別アーカイブ
原発関係リンク
お世話になっているサイト
最新トラックバック
ツイッター
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。