原発のない社会をめざして アイラ・ヘルファンド医学博士の見解

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アイラ・ヘルファンド医学博士の見解

アイラ・ヘルファンド医学博士という方の見解をご紹介します。
この方は医学的見地の上から、許容される被ばく線量の基準を引き下げるよう求めています。
ちなみに…アメリカでは、原子力関連施設で働く人の1年間の許容量の平均的な上限が年間20ミリシーベルトとされているそうです。


【「子供の許容被ばく線量高すぎる」と疑問】
アイラ・ヘルファンド医学博士

「放射線量の考え方には様々あると思います。文部科学省のいわれることも一理あると思いますが安全を唱えるには説明不足です。というより、付け焼刃的な基準です。放射線量に関する規則を全体的に眺めたとき子供の許容被ばく線量が異常に高いことは素人でも分かります。放射線に従事している女性の許容被ばく線量に比べると異常に高いです。」

「衝撃的だったのは、日本政府が福島の子供たちの許容被ばく線量の基準を高く設定したことだ。子供の場合、がんになるリスクが成人よりも2倍から3倍高くなる」

人気ブログランキングへ
↑原発を止めたい方 クリックをお願いします↑
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

海空居士

Author:海空居士
当ブログはリンクフリーです。トラックバックや転載等もご自由に。
コメントも大歓迎です。興味深い情報があれば教えてくださるとありがたいです。
ツイッターもやっています。フォローやリツイートもしてくださったら嬉しいです。
心ある人達の連携で、なんとか危険な原発を止めましょう。どうぞよろしくお願いします。

カウンター
カテゴリ
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
月別アーカイブ
原発関係リンク
お世話になっているサイト
最新トラックバック
ツイッター
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。