原発のない社会をめざして 小型風力発電機「風レンズ風車」紹介VTR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小型風力発電機「風レンズ風車」紹介VTR

拙ブログでは何度もご紹介していますが、やはりこの「風レンズ風車」という技術はすごいです。従来の風車の3倍の発電量で、バードストライクや騒音の問題を大きく軽減させているのですから、こういう技術にこそもっと補助金をつけて普及の後押しをするべきだと思います。



【小型風力発電機「風レンズ風車」紹介VTR】

風レンズ風車は、九州大学で開発されたコンパクト・高効率・低騒音の次世代型風車です。
その特徴は、羽根の周りのダクトです。ダクトのない時と比較すると、約3倍の発電量を出力することができます。


風レンズ風車は、羽根の周りのダクトが風見鶏の役目も果たします。そのため風は支柱側から流れてくるダウンウインド式を採用しています。風レンズ風車は、次のようなメカニズムで高出力化を実現しています。

従来の覆いのない風車は、風が広がる形で横に流れます。風車にツバのついた覆いを取り付けます。羽根の風下側の気流に渦が発生します。この渦によって気圧が変わります。風は気圧が高いところから低いところへと吹くため、風が引き寄せられ風力が増します。

光を集めるレンズをイメージして風レンズ風車と呼んでいます。効率よく発電できるため、羽根を小さくすることができました。年間の平均風速が4メートルの場合は、おおよそ一家庭分の電力を発電することができます。

風レンズ風車は、ダウンウインド方式を採用しており、支柱側から風を受けます。ダクトが風見鶏の役目を果たしていますので、風向きの変化にも瞬時に対応することができます。風車のハブ高さは約12メートルで、建築基準法の適応外です。小型なので大型風車が設置できないような離島や山間部にも簡単に設置することが可能となりました。

風レンズ効果によりブレードの小型化が可能となり、さらには騒音源となる(?)をダクトが抑制することで、従来の風車よりも低騒音化を実現しました。ダクトによる視認性の向上により、鳥が風車を構造物として認識できるようになりました。近年問題になっているバードストライクを防止します。

風レンズ風車は景観になじみやすいシンプルなデザインを採用しています。風車は回転機械です。ダクトがブレードを囲っているので視覚的安心感を得られます。強風寺は発電機の力で回転数を抑制します。台風のような暴風時は自動で機械式ブレーキが作動し、風力発電システムの運転を停止します。

風レンズ風車は、さまざまな場所に設置することができます。騒音が小さくダクトによる視覚的安心があり、公園など人が住む場所の近くに設置することができます。また直径約60センチの風車用ポールの面積しか場所をとりませんので、駐車場のデッドスペースや道路沿いのスペースなどを有効に活用することができます。

まとめて設置すると5台で25キロワット、10台で50キロワット、20台で100キロワットというふうに、手軽にミニウインドファームを建設することができます。

風レンズ風車は、最大出力5キロワットの系統連系タイプと、最大出力が3キロワットの独立タイプの2種類がございます。どちらも風車のサイズは同じですが、独立タイプは最大出力を3キロワットに抑える設計になっております。系統連携タイプでは、発電した電気は普段使っている電気と一緒に使用することができます。また余剰電力は電力会社に売電することができます。独立タイプは、発電した電力はバッテリーに充電されます。最大3キロワットの負荷を接続し、非常用電源としても利用することができます。

風車の羽根の大きさは2・5メートル。ダクトの直径は3・4メートルです。風向きの変化に対しては、風の力で追従するフリーヨーを採用しています。安全装置としては、電気的な負荷をかけてブレーキをかける電気的ストール制御と、機械式ブレーキ・発電機短絡ブレーキの3系統のブレーキを装備しています。風速約3メートルで発電を開始し、カットアウト風速は約17メートルです。

人気ブログランキングへ
↑原発を止めたい方 クリックをお願いします↑
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

yokoさんへ

yokoさん、おはようございます。
昨年より前に設置をされているならば、買い取り価格は42円のはずですね。
もし蓄電池も一緒に併設されたならば、その場合は34円の契約になっているかもしれません。あと、設置する建物が木造の普通建築ならばいいのですが、コンクリートの頑丈な建物だったりすると、設置の際の工事費がだいぶ高くなるとの情報も聞いたことがあります。

>家庭用電気は相変わらず電力会社の金の卵になっているのですね

本当ですね。確か電力会社の利益の9割近くは家庭用からでしたね!
そのため、家庭用電力の値段は世界でもかない高いはず。
しかし、企業に売っている電力の値段を元に、日本の電気料金は安いと宣伝する。
もうほとんど詐欺の世界ですよね(苦笑)
ありがとうございました。合掌

最近の情報

こんばんは。
最近の状況を聞いていないので(昨年の話)、今度近況を聞いてみます。
新たな発見があったら、報告しますね。
家庭用電気は相変わらず電力会社の金の卵になっているのですね〜大方の儲けが家庭用電気からとのようですし、どこまで弱いもの搾取で行くのか。。。「素晴らしい」国です。

yokoさんへ

yokoさん、こんばんわ。
そうですね。300万円から400万円という値段は確かに高い!
もう一頑張りしてほしいところだと私も思います。
ただ、買い取り値段57円は高過ぎるというのはどうでしょう?
そもそも、この値段で長期的にやっていくのではなく、
補助金で導入者を増やして普及の後押しをして、
大量生産でコストが安くなれば買い取り価格も低くしていくのが前提ですから、
最初はこの辺の数字が妥当ではないかとも思えるのですが…。
ただ、実際は、この57円で認証を取るのはなかなか難しいらしく、
家庭用ならば42円が限界というところのようですけどね。

あと、電気買い取りプログラムで採算を取るのはかなり難しいというのは、
その方がどのような根拠でおっしゃっているのでしょうかね?
私の実家は静岡県で、太陽光には最も適した条件なのだそうですが、
(机上の計算ですが)約8年で元は取れそうだと言われました。
そこから考えれば、東京でも10年ほどで元が取れると思うのですが…
私の知らない現状の落とし穴等があるならば、また教えていただければありがたいです。

>まだまだ検討課題が多いですが、電力供給だけでも自給自足し、自立したい所です。

まったくですね。私も日々そういうことを考えながら過ごしています。
妄想のレベルの話ですが、もし家を新築等できるのならば、
地中熱循環システムに非電化工房の冷蔵庫…冬は薪ストーブ等も良いな!など。
もちろんバイオガスも良さそうですよね♪
絶望の中にも希望と遊び心を持たなければ、到底やってられません(苦笑)
いつもありがとうございます。合掌

やっぱり高いですね、買い取り価格も!

こんにちは。
まだまだ高過ぎますね。本気でエネルギー問題を考えるのであれば、一般家庭で導入可能な価格設定を頭に置いて開発を進めて欲しいです!
それに電力の買い取り値段57円は高過ぎると思います。この値段では長期的な買い取りプログラムを継続することは間もなくできなくなると思います。
東京の知り合いは太陽光発電システムを設置しましたが、電気買い取りプログラムで採算を取るのはかなり難しいと話していました。
まだまだ検討課題が多いですが、電力供給だけでも自給自足し、自立したい所です。
次は家庭用燃料ですね。ネパールとかチベットとかで使われているバイオガスや太陽光ストーヴなど、もう少し改善すれば、かなり効率的なシステムができると思います。

yokoさんへ

yokoさん、おはようございます。
風レンズ風車の価格については、私もいちおう調べてみたのですが、未確認情報ですが…工事費込みの価格で300万円から400万円ぐらいだそうです。
ですから、残念ながらまだまだ家庭向けとはいえない感じですね。

ただ、企業のビルや高層マンションの屋上などで、小形風力発電協会の認証合格をとって、1キロワットあたり57円で買い取ってもらうようにすれば、6年から8年で初期投資の費用が回収できるようですから、耐用年数はかなり長いようですし…それほど損な買い物ではなさそうな感じですね。

ちなみに、私の実家では最近ソーラーユニットの設置が終わり、少なく見積もっても消費電力の半分以上は賄えそうな見通しです。いずれは家庭用風力発電と蓄電池も組み合わせて、電力会社との契約を切って電気の自給自足を考えているところです。

小型風力発電機 比較ナビ
http://www.makebro.com/wind/compare.htm

どこの風車を使うのがいいか?ある意味…楽しい悩みです。
できれば我が家が導入に踏み切る前に、この風レンズ風車の家庭用のキットが安価で売り出されればいいのですが…
ありがとうございました。合掌

良いですね!

おはようございます。
値段がオープン価格になっていて数字がない所が嫌ですが、ゼフィール社の風車に比べて大きめ。裾野を広くするためにはどうしても価格の問題がネックになりますから、その辺りしっかり知らせて欲しいです!
ゼフィール社は未だに高いのです、小型で街中でも使えるサイズで素晴らしいのですが。
ドイツのように海に風力発電ファームを、地震大国の日本で作るのは危険ですから、小型で地震が来ても大丈夫なサイズのものが欲しいです。
小型風車と太陽光を組み合わせて、各家庭に設置する:そうすれば、家庭用の電気は何とか賄えるだろうと思います。
しかし家庭用電気からほとんどの利益を上げている電力会社ロビーは、日本の太陽光パネル産業をダメにしたように、風力+太陽光発電システムの全国普及を邪魔するでしょうね。それでも基本的電力需要を賄える安全で比較的安価なシステムを造らないと日本の未来はお先真っ暗ですから、一人一人が心してこのようなシステムを導入する必要がありますね。
プロフィール

海空居士

Author:海空居士
当ブログはリンクフリーです。トラックバックや転載等もご自由に。
コメントも大歓迎です。興味深い情報があれば教えてくださるとありがたいです。
ツイッターもやっています。フォローやリツイートもしてくださったら嬉しいです。
心ある人達の連携で、なんとか危険な原発を止めましょう。どうぞよろしくお願いします。

カウンター
カテゴリ
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
月別アーカイブ
原発関係リンク
お世話になっているサイト
最新トラックバック
ツイッター
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。