原発のない社会をめざして これでいいのか大手メディア 首相と会食 とまらない 社長に続き政治部長・論説委員長らも

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これでいいのか大手メディア 首相と会食 とまらない 社長に続き政治部長・論説委員長らも

しんぶん赤旗が、日本の大手メディアの異常さを伝えていました。各メディアの会長や社長がこぞって首相と会食をしているというのです。そんなことでメディアの中立性が保てると思っているのでしょうかね?
これは非常に大きな問題だと思います。以下は転載です。



2013041101_01_1b.jpg



【これでいいのか大手メディア 首相と会食 とまらない 社長に続き政治部長・論説委員長らも】
しんぶん赤旗 2013年4月11日

安倍晋三首相と大手メディア幹部との会食が止まりません。本紙3月31日付で「大手5紙・在京TVトップ 首相と会食」と報じて以降も、4日には曽我豪・朝日新聞政治部長、小田尚・読売新聞論説委員長、田崎史郎・時事通信解説委員らが永田町の高級中国料理店で会食。翌日には、大久保好男・日本テレビ社長が東京・内幸町の帝国ホテル内の宴会場で会食しています。

会食はいずれも2時間から3時間にもおよんでいます。高級割烹(かっぽう)やフランス料理店などを舞台にした大手メディア幹部との会食は別項のとおりですが、このほかにも「報道関係者」との会食が1月10日(赤坂の日本料理店)、3月13日(赤坂の会員制クラブ)に行われています。

ある大手紙記者OBは「社長から局長・部長へ、部長からデスク・キャップへと『会食作戦』はエスカレートするかもしれない」と指摘。「こうした会合は割り勘ではないだろう。ジャーナリズムの世界では『おごってもらったら、おごり返せ』とされている。安倍首相にどう、おごり返すのだろうか」と語っています。

4日は、安倍政権が誕生して100日。「朝日」も「点検100日・安倍政権」という連載を1面トップから開始していました。その検証すべき対象と政治部長が会食・懇談しながら影響はないのか。ちなみに同日夜、日本政治に詳しい米国の政治学者は都内の講演で、安倍政権について論じつつ、「メディアも安倍政権の宣伝紙のようになっている。ひどいのは今日の『朝日』。まったく客観性がなく、安倍首相の言っていることを並べているだけだ」と述べていました。

政治の最高権力者が何の政治的意図も持たずに接触を求めるはずはありません。欧米では、メディア経営者は現職の政権トップとの接触を控えるのが不文律です。

■欧米ではありえない

門奈(もんな)直樹さん(立教大学名誉教授、メディア研究者)の話 消費税増税の大キャンペーンを張る裏で時の最高権力者と会食し、自らの利権を守る新聞への軽減税率導入を図るなど、日本のメディアは異常だと思います。

英国では首相とメディア幹部が会食することはまったくない。そんなことをしたら独立性を失うからです。イラク戦争時のBBC(英国放送協会)会長は、就任以前はブレア首相(当時)と刎頸(ふんけい)の間柄でしたが、会長就任と同時に首相からのBBCへの注文を全部暴露しました。それぐらい権力に対して毅然(きぜん)としています。

欧米のメディア界にはウオッチドッグ(権力を監視する番犬)という用語があります。今の日本のメディアは、誰にでも愛嬌(あいきょう)をふりまくプードルになっています。戦前、権力との妥協の所産として「不偏不党」の用語を使って権力の補完装置になった歴史が日本にはあります。それと似た状況が出てきています。

人気ブログランキングへ
↑原発を止めたい方 クリックをお願いします↑
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

愛希穂さんへ

愛希穂さん、こんばんわ。本当に呆れ果てますよね~。
安倍首相に協力することで、それと引き替えに法人税の減税とかを狙っているんですかね?
それでよくマスコミの中立性などと言っていられるもんですよね!

しかし日本国民というのは、本当にお人好しというかアホというか(苦笑)…
とことん権力側にいいようにやられていますよね~。
欧米のように、あんまり無闇やたらに権利ばかりを主張するのも考え物なのでしょうが、
もう少し一人ひとりがしっかりして、権力をしっかり監視できるようにならないとダメですよね。

ありがとうございました。合掌

No title

こんにちは。
この記事、私はfacebookで知ったのですが、もう本当に呆れ果てますよね。

以前、森田実さんが
「マスコミ対策がうまくいき、少なくとも東京の大マスコミはほとんどすべて安倍首相に協力することになった。大新聞社や大テレビ局内部の安倍政治への批判者も中枢部からほぼ一掃。東京のマスコミはほぼ完全に抑えた」と書かれていましたが、本当にその通りなのですね。

思っている以上に危ない時代になってきているのでしょうね。
プロフィール

海空居士

Author:海空居士
当ブログはリンクフリーです。トラックバックや転載等もご自由に。
コメントも大歓迎です。興味深い情報があれば教えてくださるとありがたいです。
ツイッターもやっています。フォローやリツイートもしてくださったら嬉しいです。
心ある人達の連携で、なんとか危険な原発を止めましょう。どうぞよろしくお願いします。

カウンター
カテゴリ
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
月別アーカイブ
原発関係リンク
お世話になっているサイト
最新トラックバック
ツイッター
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。