原発のない社会をめざして 「TPP反対」に大学教員870人が賛同した理由 金子勝さん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「TPP反対」に大学教員870人が賛同した理由 金子勝さん

今回は、またまたTPPの問題についてです。日刊ゲンダイに金子勝さんが語った記事をご紹介いたします。
以下は転載です。








【「TPP反対」に大学教員870人が賛同した理由  金子勝さん】
日刊ゲンダイ 2013年4月16日

「TPPからの離脱を求める大学教員の会」の賛同者が、発足から3週間足らずで870人を突破した。私も呼びかけ人のひとりになった。

なぜ、これほど危機感が募っているのか。理由のひとつはメディアのミスリードに危機を覚えているからだ。

日本の大手メディアは、安倍―オバマの首脳会談によって、まるで日本はアメリカから譲歩を勝ち取れるかのように報じているが、まったく事実に反している。

TPPに関して、オバマ大統領に与えられた権限は極めて限られている。大統領に貿易の包括的権限を与えるTPAという条項が2007年に失効しているため、アメリカ政府は国内法に抵触することは、一切、他国に約束できない。しかも、議会が決定権限を持つ。

かつて、米韓FTAも自動車業界に反対され、議会で一度はね返され再交渉された。

TPPの本質は、参加相手国のルール決定権を奪うことにある。

小泉構造改革もアメリカの「対日要望書」に従って行われたが、TPPはまったく異質なものだ。とくに怖いのは、米国の多国籍企業が相手国を訴えることのできるISD条項である。

要注意なのは、ISD条項の裁判は、アメリカの影響力が強い世界銀行の中で行われることにある。これでは、アメリカの国内法が基準になりかねず、日本は国家主権の一部を譲り渡しかねない。

ISD条項の怖さは、過去、メキシコ、カナダ、エルサルバドルといった国で発動された時の事例をみればよく分かる。たとえばカナダの事例である。アメリカの安全規制の低い州にある廃棄物処理企業が、カナダで処理した廃棄物を、カナダ国外に持ち出そうとした時、カナダ政府は差し止めた。すると、そのアメリカ企業はISD条項を使ってカナダ政府を訴えた。敗訴したカナダ政府は巨額の賠償金を払わされ、しかもアメリカの低い安全基準にカナダ国内の基準を下げざるをえなくなった。

日本が長年築いてきた自動車や農薬や遺伝子組み換えなどの安全基準がすべて吹き飛ぶ恐れがあるのだ。

安倍政権のアメリカ追随政策は、国家主権の放棄まできた。TPPは平成の開国ではなく、平成の不平等条約なのだ。

人気ブログランキングへ
↑原発を止めたい方 クリックをお願いします↑
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

モーニング・バード

こんばんは。
転載の件、ありがとうございます。
金子さんの動画、モーニング・バードの物は削除されていますね。
最近特にモーニング・バードの動画の削除が多いです。
それと中野剛志、孫崎享さん関連のもの。
嫌な流れです。

yokoさんへ

yokoさん、こんばんわ。
「流体モーター」。これ面白いですよね!
タイミングがばっちりで喜んでもらえて嬉しいです。
これ、雨どいとかにつけても面白いんじゃないですかね?
雨が降る度に発電!梅雨の季節も楽しくなります♪

>できない理由で無く、できる理由を考えるようにすれば、もっと頭が回るように思います!

まったく同感です。まだまだできることはいくらでもあると思います。


金子勝さんの意見は、いつも一本筋が通っているので私も大好きです。
たくさんの方に知っていただきたいので、こちらからもぜひ転載をお願いいたします。
過去に、こんな記事も取り上げていました。いちおうご参考までに…

猛暑の夏に「原発は不良債権」の問題を考える 金子勝さん
http://stopatomicenergy.blog59.fc2.com/blog-entry-922.html

原子力規制委員会の委員長の人事は今のまま進んでいいのだろうか?
http://stopatomicenergy.blog59.fc2.com/blog-entry-926.html

いつもありがとうございます。合掌

社会のリーダーたちの責任

こんばんは。
金子さん、頑張って下さってますね。
もっともっと社会のオピニオン・リーダー的存在の人たちには声をあげて欲しいと思います。原発問題もTPP問題も日本の存亡が掛かっていますから、躊躇している場合ではないです!
後で転載させて下さいね!
プロフィール

海空居士

Author:海空居士
当ブログはリンクフリーです。トラックバックや転載等もご自由に。
コメントも大歓迎です。興味深い情報があれば教えてくださるとありがたいです。
ツイッターもやっています。フォローやリツイートもしてくださったら嬉しいです。
心ある人達の連携で、なんとか危険な原発を止めましょう。どうぞよろしくお願いします。

カウンター
カテゴリ
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
月別アーカイブ
原発関係リンク
お世話になっているサイト
最新トラックバック
ツイッター
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。