原発のない社会をめざして 憲法を考える―変えていいこと、ならぬこと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

憲法を考える―変えていいこと、ならぬこと

本日は憲法記念日です。ということで今回は自民党が主張している憲法改悪について…朝日新聞の社説をご紹介いたします。以下は転載です。








【憲法を考える―変えていいこと、ならぬこと】
朝日新聞 2013年5月3日

憲法には、決して変えてはならないことがある。近代の歴史が築いた国民主権や基本的人権の尊重、平和主義などがそうだ。時代の要請に合わせて改めてもいい条項はあるにせよ、こうした普遍の原理は守り続けねばならない。

安倍首相が憲法改正を主張している。まずは96条の改正手続きを改め、個々の条項を変えやすくする。それを、夏の参院選の争点にするという。

だがその結果、大切にすべきものが削られたり、ゆがめられたりするおそれはないのか。いまを生きる私たちだけでなく、子や孫の世代にもかかわる問題だ。

■権力を縛る最高法規

そもそも、憲法とは何か。憲法学のイロハで言えば、権力に勝手なことをさせないよう縛りをかける最高法規だ。この「立憲主義」こそ、近代憲法の本質である。

明治の伊藤博文は、天皇主権の大日本帝国憲法の制定にあたってでさえ、「憲法を設くる趣旨は第一、君権を制限し、第二、臣民の権利を保全することにある」と喝破している。こうした考え方は、もちろん今日(こんにち)にも引き継がれている。

憲法99条にはこうある。「天皇又(また)は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ」。「国民」とは書かれていないのだ。

立憲主義は、国王から市民が権利を勝ち取ってきた近代の西欧社会が築いた原理だ。これを守るため、各国はさまざまなやり方で憲法改正に高いハードルを設けている。

米国では、両院の3分の2以上の賛成と4分の3以上の州議会の承認がいる。デンマークでは国会の過半数の賛成だが、総選挙をはさんで2度の議決と国民投票の承認を求めている。

日本では、両院の総議員の3分の2以上の賛成と、国民投票での過半数の承認が必要だ。自民党などの改正論は、この「3分の2」を「過半数」に引き下げようというものだ。

■歴史の教訓を刻む

だが、これでは一般の法改正とほぼ同じように発議でき、権力の歯止めの用をなさない。戦争放棄をうたった9条改正以上に、憲法の根本的な性格を一変させるおそれがある。私たちが、96条改正に反対するのはそのためである。

日本と同様、敗戦後に新しい憲法(基本法)をつくったドイツは、59回の改正を重ねた。一方で、触れてはならないと憲法に明記されている条文がある。「人間の尊厳の不可侵」や「すべての国家権力は国民に由来する」などの原則だ。ナチスが合法的に独裁権力を握り、侵略やユダヤ人虐殺につながったことへの反省からだ。

日本国憲法は、97条で基本的人権を「永久の権利」と記している。これに国民主権と平和主義を加えた「三つの原理」の根幹は、改正手続きによっても変えられないというのが学界の多数説だ。かつての天皇制のもとで軍国主義が招いた惨禍の教訓が、その背景にある。

特に9条は、二度と過ちを繰り返さないという国際社会への約束という性格もある。国民の多くは、それを大切なことだとして重んじてきた。

自民党が96条改正の先に見すえるのは、9条だけではない。改憲草案では、国民の権利への制約を強めかねない条項もある。立憲主義とは逆方向だ。

■政治の自己改革こそ

首相は「国民の手に憲法を取り戻す」という。改正のハードルが高すぎて、国民から投票の権利を奪っているというのだ。これは論理のすり替えだ。各国が高い壁を乗り越え、何度も憲法を改めていることを見ても、それは明らかだろう。

改めるべき条項があれば、国民にその必要性を十分説く。国会で議論を尽くし、党派を超えて大多数の合意を得る。そうした努力もせぬまま、ルールを易(やす)きに変えるというのは責任の放棄ではないか。

憲法に指一本触れてはならないというのではない。例えば、国会の仕組みである。衆院と参院は同じような権限を持つ。このため多数派が異なる「ねじれ」となると、国政の停滞を招いてきた。いずれ憲法の規定を改め、衆参両院の役割分担を明確にするなどの手直しが必要になるかもしれない。

もっとも、いまの国会の怠慢は度し難い。ねじれによる政治の停滞を嘆くなら、なぜ衆参両院の議決が異なった時に話し合う両院協議会の運用を見直さないのか。

最高裁に違憲状態とされた一票の格差問題では、司法が口出しするのはおかしいといわんばかりの議論が横行している。これでは、憲法を語る資格などはない。まずなすべきは、そんな政治の自己改革にほかならない。

人気ブログランキングへ
↑原発を止めたい方 クリックをお願いします↑
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

MATZ-TSさんへ

MATZ-TSさん、こんにちわ。
お忙しい連休でいらしたのですね。
徹夜明けでしんどいところを、コメントをいただいてありがとうございます。

私も、憲法に指一本触れてはならぬ…とは思っていません。
ただ、変えるなら変えるで…とことん議論を尽くして、
堂々と国会議員の3分の2の賛成を勝ち取って、
それから国民投票をするべきですよね!

教えていただいたサイトも拝見いたしました。
わかりやすくまとめてくださっていますので、いずれ拙ブログでも紹介させていただこうと思います。

それにしても…自民党はホントに調子に乗っていますよね(苦笑)
原発・TPP・改憲と、どの政策を見ても見事にひどいものです。
これで参院選であっさり自民党を勝たせてしまうようなら、
日本人も相当アホだという事になりますね。

ありがとうございました。合掌

No title

MATZ-TSです~.こんばんは.今日は,連休だというのに,編集中の文書が壊れて,何と徹夜か,,,トホホ.
 彼岸花さんのBLOGでもコメントしましたが,憲法に指一本触れてはならぬ,のではないですが,現在の自民党草案は,ひどいものですね.http://bit.ly/Zsn6Nd もし,自民党と維新で,2/3を超えてしまったら,あとはどうなるか,恐ろしくなります.主権者たる国民は,基本的人権を与えられている一方,主権者たる,しっかりした責任を持って投票しないといけないですね.

愛希穂さんへ

愛希穂さん、こんばんわ。

>憲法問題に関する朝日の記事はいいですよね。

そうですね、私もそう思います。
ちなみに…毎日新聞もなかなか良い社説を載せていました。

http://mainichi.jp/opinion/news/20130503k0000m070110000c.html

参院選まで残り2ヶ月あまり。ここは大事なところですよね。
原発、TPP、改憲問題と、争点が多いですが…はたしてどうなることやら?
でも、これで次も自民党を圧勝させてしまったとしたら、
日本人も相当アホだということですね(苦笑)
ありがとうございました。合掌

No title

こんばんは。

憲法問題に関する朝日の記事はいいですよね。今日の社説、その隣にあった「憲法はいま」のコラム。
朝日新聞に対して不満はかなりあるのですが、この憲法問題ついてには、まだしっかりと主張してくれているのは評価できます。

政治家達が目論んでいる憲法改悪は本当に阻止したいです。そのためには、国民がしっかりと自分の問題として考えていかなければなりませんね。国が利用する北朝鮮や中国がどうのこうの等と言うのではなく。
プロフィール

海空居士

Author:海空居士
当ブログはリンクフリーです。トラックバックや転載等もご自由に。
コメントも大歓迎です。興味深い情報があれば教えてくださるとありがたいです。
ツイッターもやっています。フォローやリツイートもしてくださったら嬉しいです。
心ある人達の連携で、なんとか危険な原発を止めましょう。どうぞよろしくお願いします。

カウンター
カテゴリ
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
月別アーカイブ
原発関係リンク
お世話になっているサイト
最新トラックバック
ツイッター
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。