原発のない社会をめざして 敦賀原発、廃炉に現実味 選別作業が本格化へ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

敦賀原発、廃炉に現実味 選別作業が本格化へ

いよいよ敦賀原発2号機が廃炉になる見通しが出てきました。以下は日本経済新聞より転載です。








【敦賀原発、廃炉に現実味 選別作業が本格化へ】
日本経済新聞 2013年5月15日

原子力規制委員会が敦賀原子力発電所(福井県)2号機の直下に活断層があると認めることで、2号機が廃炉となる可能性が高まった。敦賀原発を持つ日本原子力発電は再調査などを通じて時間を稼ぐ構えとみられる。今後は規制委と電力会社の間で使える原発と安全上問題のある原発を選別する作業が本格化する。

■原電は時間稼ぎ

規制委が科学的な調査に基づき、原発の危険性を認めるのは初めて。東日本大震災と東京電力福島第1原子力発電所の事故の反省を踏まえ、7月に導入する新規制基準に基づき原発を審査する。この作業で、敦賀原発は活断層のリスクを厳格にみる先例になる。

日本原電は敦賀原発の断層に関して6月末の再調査の終了まで、結論を先送りするよう求めてきた。規制委は「日本原電は調査の先延ばしを続けてきた。いつまでも結論を先送りできない」(原子力規制庁幹部)と不満を強めている。

規制委の判断を覆すには、多くの専門家が「活断層ではない」と納得するような新たなデータを示すことが求められる。日本原電は地質調査などを進めて反論を計画している。活断層を否定する客観的な証拠だと規制委が認めれば、評価会合は再開される見通しだ。

■旧保安院も指摘

実際に活断層に関する規制委の判断が決まっても、日本原電がすぐに敦賀2号機の廃炉を迫られるわけではない。報告書案は「新たな知見が得られた場合、見直すこともあり得る」と追記しており、日本原電が調査を続けていれば廃炉はしばらく回避できる。ただ再稼働の見通しは立たず、日本原電の経営が厳しいことに変わりはない。

敦賀原発は1980年代から専門家の間で、活断層の危険性が指摘されていた。一般に問題視されたのは2005年。敦賀3、4号機の増設計画の審査過程で、旧原子力安全・保安院が追加調査を指示した。昨年4月には旧保安院が実施した専門家による現地調査で、破砕帯について「活断層の可能性を否定できない」と言及。同9月に発足した規制委が活断層の問題を引き継いだ。

人気ブログランキングへ
↑原発を止めたい方 クリックをお願いします↑
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

MATZ-TSさんへ

MATZ-TSさん、こんにちわ。
規制委員会については、なかなか判断が難しいところですよね。
確かに今のところ頑張ってくれてるとも言えると思います。
委員長の田中氏は、「自己批判と謝罪の緊急提言」を行った一人ですし、信じてあげたいという気持ちもないわけではないのですが…

「歴代原発推進学者が自己批判・謝罪。事態の深刻さも強調」
http://financegreenwatch.org/jp/?p=1236

ただ、私はこの原子力関係については、徹底的に疑う悪い癖がついていまして(笑)、いくつかの原発を生け贄のように廃炉にすることで、規制委員会の対応を信用させておいて、後は一気に「再稼働路線」に転じるシナリオができているのではないかと…。
原電の厳重抗議とやらも、実は単なるパフォーマンスなのではないかと考えてしまうのは、ちょっと私がひねくれすぎなのですかね(苦笑)?

産経のオピニオンも拝見しました。これも見事にひどい記事ですね~。
被曝した国民を置き去りにして、廃棄物のツケを無責任に未来に先送りしていることについては、この産経という会社は何とも思わないのでしょうかね?

「環境省が発表! 原発資金を回せば電気は太陽光・風力で十分まかなえる」
http://www.tax-hoken.com/news_adbRkHXkGe.html

古い記事ですが、こういうデータもあるわけですから、やはり1日も早く原子力ムラは解体しなければいけませんね!
いつもありがとうございます。合掌

No title

MATZ-TSです。こんばんは。できたときは、人選で色々言われましたが、今まともに原発利権に対して、堂々と影響力を及ぼせるのは、この規制委員会位ですかね。廃炉勧告は言えないらしいですが。野党ももっとしっかりして欲しいものです。
 原発推進派は、安倍首相の原発輸出にみても、今日本が儲かれば、安全性も未来の地球もどうでもよい、という感覚ですが、それを代表しているのが、産経のオピニオンでしょうか。http://on-msn.com/13LJQZH 日本人は、金にしか興味を示さない国民になってしまったのか、と嘆きたくなります。地震、テロ、戦争、事故、廃炉、廃棄物処理、と考えただけでも、リスク大、不道徳性、山積の発電方法です。これにいつまでも執着するのは正気とは思えません。
プロフィール

海空居士

Author:海空居士
当ブログはリンクフリーです。トラックバックや転載等もご自由に。
コメントも大歓迎です。興味深い情報があれば教えてくださるとありがたいです。
ツイッターもやっています。フォローやリツイートもしてくださったら嬉しいです。
心ある人達の連携で、なんとか危険な原発を止めましょう。どうぞよろしくお願いします。

カウンター
カテゴリ
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
月別アーカイブ
原発関係リンク
お世話になっているサイト
最新トラックバック
ツイッター
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。