原発のない社会をめざして 作家・浅田次郎に聞く “原発と日本人”

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

作家・浅田次郎に聞く “原発と日本人”

テレビ朝日の報道ステーションで、作家の浅田次郎さんがとても素晴らしいことをおっしゃっていました。



作家・浅田次郎に聞く “原発と日本人” 投稿者 tvpickup

古館: 今年の4月、浅田さんはチェルノブイリに行かれました。タイトルで「灰色のマトリョーシカ」ということを聞きたい…

浅田: いわゆる石棺というコンクリートで固めましたね。おそらく福島もゆくゆくはコンクリートで抑えこむしかないんですけど、ところがコンクリートというのは人為的なものなので、ボロボロになってくるんだそうです。で、結果…染み出す、漏れ出すということが起こっているので、どうしたらいいかというとその上にまた1つの石棺を作るという作業を今やっています。これが見るからに恐ろしい…気の遠くなるような話ですよ。それを見てキエフの街に戻ってみると、街の中ではマトリョーシカという入れ子人形を売ってるわけです。これは洒落にならないけどあれは灰色の巨大なマトリョーシカなんだなというふうに…

あと20年、また同じようにどこかが劣化して、またそれに一回り大きな石棺をかぶせるという日がおそらくやってくるんでしょう。これもう伝説の作業ですよ。神話みたいな話です。何十年も何百年もそれが続いていくんじゃないか。たぶんそうですよ。

古館: その伝説の作業に従事してる方は、今の若い世代の方ですか?

浅田: 当然知らないんですよ。自分の生まれる何年も前の事故の修復をしてる。だから僕はその人と話してる時に、とても虚しい気持ちになって…何があったかわからない、大体こんなことがあったんだろうというぐらいにしかわからない作業を、彼は一生してくんですね。これは耐え難いですよね。

まあ、いわゆる「原発の闇」という言葉がありますけどね。一般の人にはまったくわからない世界ですね。だから、どう考えても数が多すぎるというのは誰にでもわかると思います。1基でも何かあったら国家がどうにかなってしまうというようなものが、総電力量を考えれば必要以上にある。

詳しいことはわからないですけど、一言でいえば“つくること自体に目的がある”。そういう行動というのはあってはいけないんですけど、しっかりとした目的があってモノは作られなければいけないんだけど、本来の目的外の目的によって作られていく。そうとしか考えられないですね。普通に考えて…一基二基動かすの動かさないので国民がこの夏乗り切れるか乗り切れないかって話をしてたわけでしょ?じゃあ、何でそんなたくさんあるんだって事になるわけじゃないですか。みんな首をかしげてることじゃないかと思います。

長きにわたって私たちの日本というのは、土木国家体質っていうんですかね、不要なものを作ること、作ること自体に意味があるというような体質を持っていると思います。どうしても雇用のためだとか地域活性化のために作る…あるいは他の利権のために作るというならば、ピラミッドでも作ったほうがいいですよ。まったく不要なものを作ったほうが…そうしたら少なくとも害はないでしょう。

ピラミッドはそうだという説があるんですね。あれは王の墓じゃなくて雇用確保のために作ったという学説がある。だから作ること自体に目的がある。もしそうならまったく害のないものを作れば、もしかしたら5000年後に観光の役に立つかもしれない。エジプトのピラミッドがなかったら大変ですよ。そりゃあファラオは偉大ですよ。

僕はチェルノブイリに行くときに、自分は何も知らないんだから心を平明にして、最初から先入観念で見ないようにしようと思って行ったんですね。まだ小児の甲状腺ガンの発生率が右肩上がりに上がっていく一方、それも縦に遺伝して時間の隔たりをもって生まれた子どもにも発症する。それがどんどん増え続けていく。そして除染作業というのもいまだにやっているけど森の部分に関しては無理ということがはっきりしている。だから永遠に除染は完成するものではない。大変虚しい作業で、あれを見ていたら万に一つの間違いがあった時にそうなるようなものというのは持ってちゃいけないと思います。

でね、やっぱり原子炉の廃炉ということがなければ、核兵器の廃絶には結びつかないと思う。平和利用ならいいという考え方は、僕はやっぱり無理があると思う。世界は福島の事故の成り行きについて、ものすごく注目してると思いますよ。気が付いてないのは私たちだけで、世界の人はおそらく日本はここにおいてどういう決断をするかどうか…それは強いて言うなら、おそらく歴史的な決断なんですよ。人類の決断だと思います。日本の持ってる科学技術に対する敬意というのは、これは世界的なものですよ。だから日本の決断は、人類の歴史を左右するような決断になると思います。

過去と現在と未来、これを正しく見つめないといけないと思います。そこには人間の情緒的なものの入る隙間はないと思います。

人気ブログランキングへ
↑原発を止めたい方 クリックをお願いします↑
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

海空居士

Author:海空居士
当ブログはリンクフリーです。トラックバックや転載等もご自由に。
コメントも大歓迎です。興味深い情報があれば教えてくださるとありがたいです。
ツイッターもやっています。フォローやリツイートもしてくださったら嬉しいです。
心ある人達の連携で、なんとか危険な原発を止めましょう。どうぞよろしくお願いします。

カウンター
カテゴリ
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
月別アーカイブ
原発関係リンク
お世話になっているサイト
最新トラックバック
ツイッター
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。