原発のない社会をめざして 電力改革法案 成立させて覚悟を示せ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

電力改革法案 成立させて覚悟を示せ

今回は、毎日新聞の社説をご紹介いたします。








【電力改革法案 成立させて覚悟を示せ】
毎日新聞 2013年6月3日

電力システム改革の工程を盛り込んだ電気事業法改正案の国会審議が、ようやく始まった。提出から1カ月半も、たなざらしになったのは7月の参院選をにらんだ野党の駆け引きが原因だという。自由な競争を促し、電気料金抑制やサービス向上につなげるために欠かせない改正だ。しっかりと審議し、早期成立を目指してほしい。

今回の法改正は、「規制と独占」に守られた電気事業に競争原理を本格導入するための第一歩といえる。改革は広域系統運用機関の設立、小売りの全面自由化、発送電分離と3段階に分けて実施されるが、とりわけ発送電分離をめぐっては大手電力の抵抗が大きく、与野党内にも根強い慎重論がある。年限を切って改革の工程を示す今回の改正法案が成立しなければ、改革は足踏みし、後戻りするおそれも出てくる。

一方で、産業界では改革を先取りする動きが出てきた。トヨタ自動車が電力小売りへの参入を発表したのをはじめ、小売りへの新規参入が着実に増えている。神戸製鋼所が、休止する神戸市の高炉跡地で発電事業を検討するなど、発電事業への参入が進む兆しもある。

中部電力は東京電力と共同で、茨城県内に火力発電所を新設する方針だ。発電した電気の一部は中部電が東電管内で販売する計画で、大手10社による事実上の地域独占を揺るがすきっかけになるかもしれない。

こうした取り組みが増えれば、競争原理が働き、サービスの向上や料金の抑制が期待できる。エネルギー価格が高止まりしているだけに、システム改革は喫緊の課題である。産業界で出始めた芽を摘むことなく、伸ばしていくためには改正法案を早く成立させ、改革実行を担保する必要がある。

ところが、今国会での成立のめどは立っていない。もちろん、電力安定供給の確保、送電コストがかさむ離島や過疎地への供給責任、その料金の抑制策など解決すべき問題は少なくない。原発の運営や損害賠償のあり方、原発事故の後始末や賠償に追われる東電の将来像をどう描くかといった重い課題も改革を進める上で、避けては通れない。

だからといって、改革の手を緩めていいわけではない。システム改革を3段階に分け、時間をかけて進めることにしたのは、その過程で残された課題に取り組み、解決策を見いだすためではないか。

国民の生活に大きな影響を与えるテーマだけに、国会での充実した論議が期待される。無益な国会戦術で時間を浪費すべきではない。まずは改正法案を成立させ、改革への覚悟を示すべきだ。

人気ブログランキングへ
↑原発を止めたい方 クリックをお願いします↑
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

MATZ-TS さんへ

MATZ-TSさん、こんにちわ。

はい。私も仕事場で朝日新聞には目を通しました。
日経にもこんな感じの記事がありましたね。

http://www.nikkei.com/article/DGXNASFS0403Y_U3A600C1PP8000/

まあ…いずれにせよ電力会社の既得権益が守れるような抜け道を用意するのでしょうから、改革といっても骨抜きのような感じもしないではありませんが(苦笑)、それでも発送電分離と小売り事業参入の自由化が認められれば、少しは「脱原発」が近くなるということでしょうから、この件に関してはあまり過度の期待はせずに動きを見守っていきたいと思います。

わざわざ補足のコメントをありがとうございました。合掌

電力システム改革

MATZ-TSです。おはようございます。先日の私のコメントについて補足です。昨日~今日の朝日新聞に、「◆電力システム改革を進める電気事業法改正案
〈△〉自公民の3党で修正に合意したが成立不透明」となっていましたね。どうも、民主党がマイナー修正改定案を提示して、それで合意した、と書かれていました。

 ただ、私は内容をちゃんと読んでいないので、ここまででとめて置きます。とりあえず、先日の「民主党の一部が党利党略で反対」というのは、一歩進んだようです。

 まず、法案の中身を読んで、今後の審議(成立不透明と書かれていますが)を見守りたいと思います。

MATZ-TSさんへ

MATZ-TSさん、おはようございます。

>民主党の一部が、自民党に手柄をとられたくない、という理由?で反対…

はい。私もそのような話を耳にしたことがあります。
民主党が、脱原発・TPP反対・改憲反対あたりを明確にすれば、
だいぶ失った票を取り戻すことができると思うのですが、
なんとも時勢の読めないセンセイ達の集まりですよね(苦笑)。

自民独裁は危険なので、何とかしないといけないと私も思いますが、
野党の動きを見ている限り状況はかなり厳しいと言わざるをえません。
細かいことにばかりこだわり、連携ができないようでは衆院選の二の舞なのに、
そういう危機感がないのか…あるいは最初から勝つつもりがないのですかね?

いつもありがとうございます♪合掌

No title

MATZ-TSです。こんばんは。話によると、民主党の一部が、自民党に手柄をとられたくない、という理由?で反対しているとか、聞きます。自民も、電力族がかなりの勢力になるでしょうから、今後どうなるか、わかりませんが、民主党も、いい加減に、利権に頼るのから足を洗って、新しい政党になって欲しいですね。自民独裁は危険です。
プロフィール

海空居士

Author:海空居士
当ブログはリンクフリーです。トラックバックや転載等もご自由に。
コメントも大歓迎です。興味深い情報があれば教えてくださるとありがたいです。
ツイッターもやっています。フォローやリツイートもしてくださったら嬉しいです。
心ある人達の連携で、なんとか危険な原発を止めましょう。どうぞよろしくお願いします。

カウンター
カテゴリ
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
月別アーカイブ
原発関係リンク
お世話になっているサイト
最新トラックバック
ツイッター
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。