原発のない社会をめざして 開かれた学びの場を  原発「不都合な真実」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

開かれた学びの場を  原発「不都合な真実」

今回は、だいぶ前の東京新聞の記事をご紹介いたします。実は…すでに文字おこしも済ませてあったのですが、うっかり掲載するのを忘れていたのです(汗)。でも、とても素晴らしい意見なので、ぜひご覧いただきたいと思います。以下は転載です。








【開かれた学びの場を  原発「不都合な真実」】
東京新聞 2013年2月4日

かつてアル・ゴア元米副大統領は、米政府が直視しない地球温暖化の現実を「不都合な真実」と呼んだ。翻って福島原発事故は、日本社会にとって原子力エネルギー政策の不都合な真実を開示した事件であると言えよう。

福島原発事故を契機に原発の安全神話が覆されたことは、原発依存の社会を築いてきた日本にとって大きな衝撃である。その衝撃は、事故の影響の過酷さだけでなく、これまで安全神話をねつ造してきた日本の社会体制のほころびが一挙に露呈した点において、戦後日本の社会発展の根本的な問い直しを促すものである。

原子力産業の利権は、政界、財界、官僚、マスメディア、学校教育をはじめとするあらゆる社会制度に浸透している。国内外に広がる原発技術のリスク、被ばく労働の実態、原発立地に翻弄される地方の現実、電力会社のずさんな管理体制、核の軍事利用と民事利用の境界線の曖昧さなど、原発政策の不都合な真実が長い間語られずにいた。

国民の多くは、これらの真実を知らされる機会を得なかったし、また真実を知っていたとしても、事実を公共の場で語ることを恐れるか、もしくはそうすることが許されない社会環境に暮らしていた。原発政策の妥当性について民主的に議論する場が、社会の中で育まれてこなかった。

私たちはどうしてこのような状況に陥ったのか。その理由のひとつには、経済優先の価値観が社会に浸透するにしたがい、社会における教育の役割が変わったことがあげられる。 古代ギリシャにおいて、学問の目的は、「善き生活をいかにして導くか」というソクラテスの問いに答えることにあった。そして教育は、社会の通念や生き方を批判的に検証し、人間の多様な能力の開花を実現するために、市民を育成する役割を担っていた。

ところが、産業文明の発達とともに、学校教育は、批判的精神を養う市民教育の場から産業発展に役立つ人材育成の場へと変容した。教育の根本に生産性や効率性を重視する思想が浸透するようになり、経済の倫理の影響を受けるようになった。

近年、市民教育の危機は、経済のグロ-バル化の影響の下で一層深刻化している。学校教育の場でも、日常生活の場でも、人々は経済競争に生き残ることを急き立てられ、さまざまな人間や自然と共に生きるための感性や想像力を育む機会を失いつつある。

原発事故や金融・債務危機など、今日の先進国が直面している社会問題は、産業文明の「行き過ぎ」が生み出したものである。人間の生活基盤を支える手段であるはずの経済が目的となり、経済成長のためには資源浪費も、核エネルギ-利用も、マネ-・ゲ-ムもいとわない社会が形成された。

しかも、先進国に暮らす私たちは、大量生産・大量消費の生活が地球環境に与える負荷に気づくことなく、また、日々の行動が善き市民生活を導くに値するものかどうかを反省することなく、毎日を過ごしている。今日必要とされるのは、現代日本に内在する矛盾や問題を批判的に検証する「開かれた学びの場」を、社会のさまざまな場所につくることである。

3・11後の日本で、脱原発デモや原発に関する市民学習会が各地で展開しているのは興味深い。これらのデモや学習会では、学生、子連れの主婦、高齢者、反原発運動家、エコロジスト、研究者らが交流し、原発に関する「不都合な真実」を共有したり、新しい社会の展望を考えたりする機会を得ている。

市民社会に開かれた「学びの場」を市民自らの手で作る動きが広がりつつある。日本の市民文化の長期的な成熟を見据えた時、3・11後に現れたこの「学びの場」を社会の中にどのように根付かせていくかは、エネルギ-政策転換にとどまらず、おまかせ民主主義から脱却し、新しい豊かさをつくるための重要な第一歩であると言えよう。
(国際基督教大学社会科学研究所助手・研究員 中野佳裕)

人気ブログランキングへ
↑原発を止めたい方 クリックをお願いします↑ 
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

残敵殲滅隊さん。新聞の受売りをするのが左翼なのですか?
そうすると、読売新聞の受売りをして「原発推進」を訴える人も左翼ということになりますね。
それとも、脱原発=左翼という単純な決めつけですか?
右翼だの左翼だのというくだらない議論には、私はほとんど興味もないのですが、いわゆる右翼と呼ばれる人の中にも脱原発の人はいますし、またその逆の場合もありますよね?

きちんとした理論の裏付けの上で、「原発が必要だ!」というご意見ならば、まだ一考の余地があるのですが、正直…残敵殲滅隊さんがどういう事をおっしゃりたいのかよくわかりません。
とりあえず、ありがとうございました。合掌

No title

なんだ受け売りかよ、左翼丸出しだな。
プロフィール

海空居士

Author:海空居士
当ブログはリンクフリーです。トラックバックや転載等もご自由に。
コメントも大歓迎です。興味深い情報があれば教えてくださるとありがたいです。
ツイッターもやっています。フォローやリツイートもしてくださったら嬉しいです。
心ある人達の連携で、なんとか危険な原発を止めましょう。どうぞよろしくお願いします。

カウンター
カテゴリ
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
月別アーカイブ
原発関係リンク
お世話になっているサイト
最新トラックバック
ツイッター
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。