原発のない社会をめざして 「トップセールスのウラで 原発廃虚と」 TBS報道特集

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「トップセールスのウラで 原発廃虚と」 TBS報道特集

安倍政権が原発を売り込もうとしているポーランドを取材した動画です。無知ゆえに原発が安全だと信じて賛成する人、怖いから嫌だと反対する人。雇用のためには仕方がないと誘致しようとする街。観光資源が破壊されるからと反対する街。彼の国も、日本と同じくさまざまな思惑が絡んで揺れているようです。
これはTBSの報道特集で放映された番組のようですが、とても良い内容です。今から用事で出かけなければいけないので、内容の全てを書き起こしすることができませんが、削除される前にぜひご覧いただきたいと思います。



トップセールスのウラで 原発輸出と原発廃墟と 投稿者 tvpickup


【トップセールスのウラで 原発廃虚と】

安倍政権が、日本から海外への原発輸出に突き進んでいます。今週もG8サミット出席に先立って、東ヨーロッパのポーランドなどの4か国に売り込みをかけましたが、現地の人々はこの動きをどう受け止めているのでしょうか。原発をまだ1つも稼働させていないポーランドで、その答えを探りました。

(安倍政権の)成長戦略では、原発などのインフラ輸出についてこう明記されている。
「首脳を始めとした閣僚レベルによるトップセールスを毎年10件以上実施する」
原発などのインフラ輸出をトップセールスで展開し、2020年におよそ30兆円の受注をめざす。一基で4000億円ともいわれる原発の輸出を、成長戦略の柱の一部と位置づけているのだ。


しかし、現地ではこんな反応もあった。
「福島の事故にもかかわらず、安倍総理は原発を輸出しようとしています。それは受け入れられないし、道義に反しています」
「我々は、福島もチェルノブイリも覚えています。将来同じような目にあいたくありません」


(中略)

キャスター「VTRの一番最後のところで、エネルギー経済研究所の人が、国内の問題と国外の問題を整理して考える必要があると言っていましたけど、ただポーランドで取材してみると、それを言うならば…ポーランドの人達に、まず福島第一原発の事故処理の現状がどういうふうになっているのか、それから安全性とか危険性とか廃棄物処理の問題とかをきちんと説明した後に、そういうことを言うべきだと思うんですよね。すごく驚いたのは、もう福島の事故は終わってしまってもう大丈夫だと思っている人がすごく多いんですよ。そういうところに売り込む?
車でもし欠陥車があってリコールになった時に、その車を海外だからって輸出しちゃったら大変なことになる。製造物責任ということが問われると…。それと同じじゃないかと言う人がいましたけど、政府が単に成長戦略だけのために、相手のことを考えずに原発輸出を企てているとしたら、インドとかトルコの人も言っていましたけど、これは倫理的な大きな問題だと思うんですね」


人気ブログランキングへ
↑原発を止めたい方 クリックをお願いします↑
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

海空居士

Author:海空居士
当ブログはリンクフリーです。トラックバックや転載等もご自由に。
コメントも大歓迎です。興味深い情報があれば教えてくださるとありがたいです。
ツイッターもやっています。フォローやリツイートもしてくださったら嬉しいです。
心ある人達の連携で、なんとか危険な原発を止めましょう。どうぞよろしくお願いします。

カウンター
カテゴリ
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
月別アーカイブ
原発関係リンク
お世話になっているサイト
最新トラックバック
ツイッター
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。