原発のない社会をめざして 原発事故で現場指揮/核心語らず 吉田昌郎元所長 死去

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

原発事故で現場指揮/核心語らず 吉田昌郎元所長 死去

福島第一原発事故の元所長の吉田昌郎氏が死去されたようです。東電は、吉田氏は70ミリシーベルトの被ばくなので、食堂ガンと被ばくの関連は極めて低いと説明しているようですが、実際のところはどうなのでしょうか?
この方については、日本を救ったヒーローであるという見方と、いやいや、そもそも原子力ムラの一員として安全神話を広め、事故を起こした当事者であるという見方と、評価は二分している感じですが、いずれにしても、当時の福島第一原発で起こった事を誰よりもよく知っていた関係者が亡くなられたということは、今後の真相究明にとって非常に残念な事です。とにかく吉田氏のご冥福をお祈り申し上げます。以下は東京新聞より転載です。









【原発事故で現場指揮/核心語らず 吉田昌郎元所長 死去】
東京新聞 2013年7月10日

東京電力福島第一原発事故の発生直後から現場指揮を執った元所長で東電執行役員の吉田昌郎(よしだまさお)氏が九日午前十一時三十二分、食道がんのため東京都内の病院で死去した。五十八歳。大阪府出身。葬儀・告別式は未定。

吉田氏は一九七九年、東電に入社し、二〇一〇年六月に福島第一原発の所長に就任。一一年三月十一日の事故発生直後から現場の責任者として、事故収束に当たった。同年十一月に食道がんで現場を離れ、同十二月一日付で原子力・立地本部付に異動した。

東電によると、吉田氏は事故後に七〇ミリシーベルトを被ばくした。緊急時被ばくの上限だった二五〇ミリシーベルトの範囲内で、東電は食道がんと被ばくの関連は極めて低いと説明している。

事故後のテレビ会議を見ても、吉田氏は、現場の苦悩をなかなか理解しない本店幹部にずけずけ物を言う一方で、苦労を共にする所員や下請け企業の作業員への心配りは忘れなかった。現場での信任は厚かった。

ただ、なぜ最悪レベルの事故に発展してしまったのか、所長として多くを知るのに、公式の取材には一一年十一月十二日に一回、応じただけだった。

この時は、事故後の原発が初公開され、現地の対策本部がある免震重要棟で会見に応じた。「死ぬだろうと思ったことが数度あった」と事故直後を振り返った。

取材時間はわずか十五分ほど。同席した細野豪志原発事故担当相=当時=が質問を遮る場面もあり、詳細は聞けなかった。直後に吉田氏は入院。本紙はこれまでに数回、吉田氏に取材を申し込んだが応じなかった。

吉田氏は政府事故調の聴取に応じ、事故対応のほか、原子力設備管理部長だった〇八年に福島第一原発を巨大津波が襲う可能性があると試算していたのに、対策を取らなかった経緯も説明した。しかし、聴取記録は公表されていない。

「事故拡大防いだ」菅元首相

民主党の菅直人元首相は九日、東京電力福島第一原発の吉田昌郎元所長が死去したことについて、「本当に残念だ。大変なリーダーシップを発揮し、決断力を持って事に当たっていただいた。原発事故が拡大しないで済んだのは、吉田氏によるところが大きかったと思う」とコメントした。東京都立川市で記者団に語った。

「大変な努力した」安倍首相

安倍晋三首相は九日夜、東京電力福島第一原発の吉田昌郎元所長の死去について「(原発事故対応で)大変な努力をされた。ご冥福をお祈りする」と述べた。民放番組の収録でコメントした。

人気ブログランキングへ
↑原発を止めたい方 クリックをお願いします↑
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

海空居士

Author:海空居士
当ブログはリンクフリーです。トラックバックや転載等もご自由に。
コメントも大歓迎です。興味深い情報があれば教えてくださるとありがたいです。
ツイッターもやっています。フォローやリツイートもしてくださったら嬉しいです。
心ある人達の連携で、なんとか危険な原発を止めましょう。どうぞよろしくお願いします。

カウンター
カテゴリ
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
月別アーカイブ
原発関係リンク
お世話になっているサイト
最新トラックバック
ツイッター
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。