原発のない社会をめざして 選挙に行こう! 参院選2013

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

選挙に行こう! 参院選2013

いよいよ選挙が近づいてきました。皆さんはどこに投票するかもうお決めになりましたか?
もちろん…拙ブログをお読みになってくださる方々は、原発に反対する政党にお入れになるのだと思いますが、原発以外にもTPPや改憲問題など、今回の選挙は非常に争点の多い難しい選挙です。下に貼らせていただいた資料などもよく見て、しっかりと考えて投票をしていただければありがたいです。

くれぐれも投票という権利を放棄しないように!投票もしない人間に後から政治家を批判する資格はありません。あきらめずにみんなで世の中を変えていきましょう。よろしくお願いいたします。合掌



2013年参院選

人気ブログランキングへ
↑原発を止めたい方 クリックをお願いします↑
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

地下水さんへ

地下水さん、コメントをありがとうございます。
食の問題、雇用の問題、外交問題、そしてエネルギー問題。
端的に要点をまとめていらっしゃって、そのまま私のブログの記事で転載させていただきたいほどです。

さて、そして参院選をどこに投票するべきなのかという事ですが、
これだけ的確に政治を捉えておられる方ですから、おそらくご自分の中で既に答えはでていらっしゃるのでは?と思いますが、いちおう私の考えをご参考までに述べさせていただけば…

まず、私は政党という感覚ではあまり考えておらず、どちらかといえば候補者そのものの言葉を重視するようにしています。
私の選挙区である東京の場合、脱原発を明確に打ち出しているのは吉良よし子さん、山本太郎さん、丸子やす子さん、大河原雅子さんの4人というところでしょうか?
できれば全員当選してほしいところなのですが、実際には当選の可能性のあるのは吉良さんと山本さんの二人ではないかと思っています。
現在、私の予想では山本さんはどうやら3位当選ぐらいの勢いで、吉良さんが当確線上のあたりにいそうな感じなので、そうなると吉良さんに投票する可能性が高いかな?と思いますが、まだちょっとわかりません。
明日の朝もう一度調べて答えを出そうと思っています。

比例区は三宅洋平さんに入れると思います。拙ブログではこのところ彼のことを頻繁に取り上げているのですが、たとえ他の結果がどれほど惨敗という結果になったとしても、この三宅洋平という人物一人を国会に送り込むことができれば、一定の成果があったと言えるのではないか…。そう思えるほど私は彼に期待をしています。
先日も渋谷の選挙フェスを応援に行ってきたのですが、何千人もの若者が彼の話を真剣に聞いて、口々に賛同の声を上げていました。これは一つの社会現象であり、私の知る限り今までこんなことはなかった!何とか当選してほしいと思って応援しています。

いよいよ明日ですね。国民の良心に期待したいところですね。
ありがとうございました。合掌

参院選

 まず食です。今食糧自給率は4割しかありません。中国、インド、アフリカ、中東、南米など人口が急増して、食糧危機が予測されています。それなのに自民党は減反政策でのん気に農耕地を減らしてきた為に自給率が減少しているのです。これからTPPでさらに2割に食糧自給率が減ると予測されています。自給率を上げて食糧供給の安全を計る時代に突入してきているのに、これでは政策が反対です。大変危険な事態に陥る可能性があります。減反政策をやめて、食糧自給率を増やす様に国内農業を支援しましょう。

 次に人です。小泉竹中改革の市場原理主義の導入で、正規社員の首が切られ、労働者の3人に1人が正規社員で無くなりました。あれからさらに増えて、今なんと4割の人が正規社員で無いとの統計が出ました。つまり容易に首が切られ、退職金も年金も少ない人が労働者の4割にまで増えているのです。これは生活不安の元となり、さらに社会不安をまねく事が危惧されます。会社が労働環境に責任を持つ様に、正規社員が増える様に労働法を治しましょう。

 今中国や北朝鮮との緊張が高まっています。中国の暴動では、日本企業が何百億円もの被害を受けました。しかし、また大東和戦争の様に、中国と戦争するのでしょうか、そして破壊をして甚大な被害を受けるのでしょうか。どこかでよく聞く様に歴史は繰り返すといいますので、そうなりかねません。原水爆のある今日、もう戦争はできないのです。ならば近隣の国々との交流と外交と交易を盛んにして、話し合いで危険の種を取り除いておきましょう。

 そしてエネルギーです。原発で吉田所長が2年でガンで亡くなりました。チェルノブイリでは司法取引で死刑囚が働かせられて多くは3年でなくなりました。3マイル島事故から34年以上経つのに、強い放射線下で誤作動無く動くロボットは開発されておらず、福島第一原発の事故でもロボットの投入はできませんでした。放射能に強いロボットは無理なのかもしれません。事故が起きると福島原発事故ではもう手が付けられずに4つも原発がたて続けに爆発したり燃えたりしました。これでは原発事故処理作業員はていの良い死刑囚です。チェルノブイリ事故の最大ガン発生年月は14年でした。ウクライナでは5100万人いた人口が4600万人まで1割近くも減少しています。周囲の国家に与えた損害は非常に大きなものとなっています。

 参院選はどこに入れるとより良いのでしょうか。人が生きるには生活の安定が必要ですが、雇用、人材、食糧、エネルギー、安全は欠かせません。古い考え方を改めて、新しい方法を導入する必要があります。新たな太陽電池や風力発電や地熱発電、高温岩盤発電、小水力発電、潮力発電、波力発電、海洋温度差発電、ボトリオコッカス燃料、オーランチオキトリウム燃料、アポロ・ポセイドン計画、ニューオーシャン計画、ラピュタ計画、鉄理論、ミドリムシ燃料、ミドリムシ食品、ハイポニカ農法、フィルム農法、iPS細胞による創薬や再生医療、抗ガン幹細胞創薬、老朽化したインフラの改修、など新たな方法で、雇用、人材、食糧、エネルギー、安全の確保を行って行く必要があります。これらを推進するのは、どこの党でしょうね。
プロフィール

海空居士

Author:海空居士
当ブログはリンクフリーです。トラックバックや転載等もご自由に。
コメントも大歓迎です。興味深い情報があれば教えてくださるとありがたいです。
ツイッターもやっています。フォローやリツイートもしてくださったら嬉しいです。
心ある人達の連携で、なんとか危険な原発を止めましょう。どうぞよろしくお願いします。

カウンター
カテゴリ
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
月別アーカイブ
原発関係リンク
お世話になっているサイト
最新トラックバック
ツイッター
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。