原発のない社会をめざして 昨年6月にも外部電源同時停止

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨年6月にも外部電源同時停止

「原発は安全だ!」
だいぶ聞き飽きた言葉ですね。
今回のフクシマでは、原子力産業の方々は、「想定外の地震と津波による不可抗力の事故」ということを強調して、何とか責任を逃れようとしていますが、しかし、我々…庶民が知らないだけで、そちこちで原発のトラブルは頻繁におこっています。







「昨年6月に2号機で外部電源同時停止 首相「十分な対応できていなかった」
2011.5.1

 東京電力福島第1原子力発電所2号機で昨年6月、2系統ある外部電源が同時に停止し原子炉の水位が2メートル低下する事故が起きていた問題が1日、参院予算委員会で取り上げられ、菅直人首相は「政府として(検証など)十分な対応ができていなかった」とこの事故の教訓を生かせなかったことを認めた。 

民主党の森裕子氏が質問した。参考人として出席した東京電力の清水正孝社長らの説明によると、作業員の誤動作により停電状態となり、原子炉が自動停止した。その後も2つある外部電源の切り替えに失敗し、非常用ディーゼル発電機が起動するまで30分間かかった。この間、2号機は停電状態で冷却水が送れなくなり、原子炉内の水位が2メートル低下した。

 森氏が「外部電源が喪失したときの対策を行わなかったのか」と批判すると、清水氏は「当時は運転員が速やかに復旧させたが、今回は津波で外部電源が喪失してしまった」と今回の事故との共通性を否定した。

 これに対して、首相は「もともと原発はたとえ電源が落ちても非常用のディーゼルエンジンで冷却機能が維持されることが前提とされている。その意味で(昨年の)事故は重大な示唆を与えるものだ」との認識を示した。

人気ブログランキングへ
↑原発を止めたい方 クリックをお願いします↑
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

海空居士

Author:海空居士
当ブログはリンクフリーです。トラックバックや転載等もご自由に。
コメントも大歓迎です。興味深い情報があれば教えてくださるとありがたいです。
ツイッターもやっています。フォローやリツイートもしてくださったら嬉しいです。
心ある人達の連携で、なんとか危険な原発を止めましょう。どうぞよろしくお願いします。

カウンター
カテゴリ
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
月別アーカイブ
原発関係リンク
お世話になっているサイト
最新トラックバック
ツイッター
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。