原発のない社会をめざして アーヴィン・ラズロ博士 ~ワールドシフトとは何か~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アーヴィン・ラズロ博士 ~ワールドシフトとは何か~

世界賢人会議「ブダペストクラブ」創設者・会長であるアーヴィン・ラズロ博士へのインタビューです。日本は、もう一度本来の「和」の精神を見直し、それをテクノロジーと融合させて、新しい文明を開いてゆくことを勧めてくれています。私はその意見に全面的に同意いたします。。





Q、ワールドシフトとは何か、そしてなぜ今それが必要なのかを教えてください。

ワールドシフトとは発展の方向性を変える。つまり新たな方向へシフトすることを意味します。現在の方向は危機を生むばかりで、持続可能なものではありません。富は限られた人だけに集中し、貧困は広がってゆきます。雇用、教育、エネルギー問題が生じ、その状態では人類の文明は持続不可能であり、70億の人口を養うことはできません。ワールドシフトは今までと異なる目的、優先権、そして価値観を持つことです。

Q、具体的にはどうやってシフトすればよいのでしょうか。

誰かが指示したり命令して成立するものではないので、決まったレシピなどありません。チェンジは人々のマインドによって起こります。今の世界の不公平…、このままでは人類という家族は生き残れないということに、我々一人一人が気付くことです。そして新しい価値観を手にしたときにチェンジできるのです。新しい意識が芽生えたとき、新たなカルチャーが始まります。団結と協調の文化です。我々は人類という一つの大きな家族であり、一人の行動が全体に影響します。かつての自然に根ざした生活を取り戻し、我々は地球の一部である…有機体であることを自覚しなければなりません。

Q、日本の人々へのメッセージはありますか

伝統的な文化・芸術などを見ても分かるように、本来の日本は自然と共にあり、協調や協力を重んじてきました。しかし戦後、日本は急進的に産業を発展させ、物質主義にシフトしました。今、もう一度本来の「和」の精神を見直し、それをテクノロジーと融合させるのです。最新の科学、最新の知識と伝統的な価値観を併せ持つ新しい文明を開いてゆくのです。

人気ブログランキングへ
↑原発を止めたい方 クリックをお願いします↑
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

たもとはじめさんへ

たもとはじめさん、コメントをありがとうございます。

>もっと低エネルギー社会に絶えられる人たちが増えていかなければ、話をはじめることができないように思います。

はい。本当におっしゃる通りだと思います。
いちおう、このようなブログを運営させていただいているので、私もいつもそのような事は考えていまして、できるだけエネルギーを使わないで、地に足を着けた生活を志して努力をしているつもりです。

それから、我が家では原発事故直後にソーラーシステムを導入して、その他の節電対策も少しずつ効果を現し、総電気料の7割以上を自給することができるようになりました。今は冬の暖房対策が課題で、薪ストーブの導入を真剣に考えているところです。

それから、同じエネルギーを使うにしましても、やはり21世紀型といいますか…原発などよりも賢いありようというものがあるのではないかと、私は考えています。
たとえば、下記に紹介した技術などはどうでしょうか?お時間のある時にでもご覧になっていただければ嬉しいです。


【「地中熱」じわり普及 気温との差を利用 冷暖房や融雪に 環境省 地盤の影響を調査へ】
http://stopatomicenergy.blog59.fc2.com/blog-entry-1004.html

【地中熱空調、住宅向けでも開発続々 自治体も補助金で後押し】
http://stopatomicenergy.blog59.fc2.com/blog-entry-411.html


ご指摘のように、いまだにズブズブの文明生活に何の疑問も持たず、エネルギーを垂れ流す生活を送る人も多いですが、私の周りでもエコ意識が芽生えてライフスタイルを変えだした仲間がだんだん出てき始めました。そのような流れが今後ますます拡大していくことに期待をかけたいと思っています。

ありがとうございました。また、ちょいちょい拙ブログを覗いていただければありがたいです。合掌

共感します

アーヴィン・ラズロさんの著書は何冊か読んでことごとく共感しています。
特に最近感じているのは、生物としての人類とはどんなものか、どういう文化までなら生物的といえる範疇にあるのか、ということです。ウェアラブルまで出てくるともはや生物ではなくなるような気持ち悪さを感じている古い人間です、私は。
有機体としての自覚、という言葉を聞いて、さらにその思いが増してくる気がします。

「原発のない社会をめざして」・・・・・直接的にはもっと低エネルギー社会に絶えられる人たちが増えていかなければ、話をはじめることができないように思います。今の社会はまったくそれと反対方向を向いている(と思わざるを得ない)ので。

スマホを肌身離さず、部屋の温度は人工的なエアコン頼み、オール電化、電気自動車の今後の普及などに囲まれて生活している人たちがほぼ100%の中で、原発ゼロを叫んでも、ただムードに流されただけのスローガンにしかなりません。といって、インターネットによる個別民意の結集が大きな力になるのも事実なので、そこのところのつりあい、折り合いを考えると一歩も進めないような絶望感も覚えてしまう、というこの頃ではあります。

このサイトを今日見つけましたので、よい知恵を得たいと思っています。
プロフィール

海空居士

Author:海空居士
当ブログはリンクフリーです。トラックバックや転載等もご自由に。
コメントも大歓迎です。興味深い情報があれば教えてくださるとありがたいです。
ツイッターもやっています。フォローやリツイートもしてくださったら嬉しいです。
心ある人達の連携で、なんとか危険な原発を止めましょう。どうぞよろしくお願いします。

カウンター
カテゴリ
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
月別アーカイブ
原発関係リンク
お世話になっているサイト
最新トラックバック
ツイッター
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。