原発のない社会をめざして 福島第一原発 作業員2人放射性物質で汚染

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福島第一原発 作業員2人放射性物質で汚染

汚染レベルが低いはずの免震重要棟の周辺で、放射性物質の濃度が上昇して作業員の方が被曝したというニュースです。命がけで事故の収束にあたってくださっている方々の健康をもっときちんと守ってください。
以下はNHK NEWSより転載です。








【福島第一原発 作業員2人放射性物質で汚染】
NHK NEWS 2013年8月20日

福島第一原子力発電所の廃炉に向けた作業の拠点になっている建物の前で、19日午前、付近の空気中の放射性物質の濃度が上昇していることを示す警報が鳴り、近くにいた作業員2人が放射性物質で汚染されていたことが分かりました。同じ場所では、1週間前にも作業員10人が汚染され、東京電力で原因を調べています。

19日午前9時半ごろから10時すぎにかけて、福島第一原発の作業の拠点になっている免震重要棟の前で、付近の空気中の放射性物質の濃度が上昇していることを示す警報が鳴りました。

東京電力で調べたところ、空気中の放射性セシウムの濃度が上がっていて、警報が鳴った当時、免震重要棟の前でバスを待っていた作業員2人が、放射性物質で汚染されていることがその後の検査で分かりました。

検査の値は1平方センチメートル当たり最大で13ベクレルで、詳しい検査が必要になる東京電力の社内基準のおよそ3倍でしたが、詳しい検査の結果、2人に内部被ばくはなく体調にも変化はないということです。

福島第一原発では、今月12日にも同じ場所でバスを待っていた10人の作業員が放射性物質で汚染され、このときは熱中症対策の霧状の水を発生させる装置が原因の可能性が指摘されましたが、19日はこの装置を使っておらず、東京電力は原因の調査を急ぐことにしています。

一方、午前10時前には、4号機の山側の汚染水をためているタンクの周りを囲っているせきの外側に水が漏れているのを作業員が見つけました。水は雨水を排出するための配管から漏れていたため、配管の弁を閉めて漏れは止まりましたが、周辺の地面には90リットルほどの水たまりができ、水面の近くで、1時間あたり、100ミリシーベルトという高い放射線が高い値で検出されたということです。

東京電力は、タンクの汚染水がせきの外に漏れたとみて、タンクのどこから漏れたのかなどを詳しく調べることにしています。

■東電「原因解明急ぎたい」

福島第一原発の免震重要棟は、最も近い1号機の原子炉建屋からおよそ250メートルの位置にあり、おととし3月の事故直後は、建屋から漏れ出た放射性物質によって空気が汚染されたため、ほかの建屋周辺と同じように顔全体を覆う全面マスクの着用が義務づけられました。

しかし、事故から8か月近くがたったおととし11月の時点で、空気中の放射性物質の濃度が国の基準の10分の1以下にまで下がったため、それ以来、直接、免震重要棟に行く場合は、マスクの着用の義務がなくなっています。

東京電力によりますと、免震重要棟付近では、この2年間に空気中の放射性物質の濃度を測定する機器の値が複数回、上昇することがありましたが、東京電力は、いずれのケースも作業員の状況などから測定機器の誤動作などが原因だとしていて、新たな汚染はないとしていました。

今回の放射線量の上昇と作業員の汚染について、東京電力は「汚染レベルが低いはずの免震重要棟の周辺で、なぜ作業員の体に放射性物質が付着したのかは、まだ分かっていない。原因の解明を急ぎたい」と話しています。

人気ブログランキングへ
↑原発を止めたい方 クリックをお願いします↑
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

海空居士

Author:海空居士
当ブログはリンクフリーです。トラックバックや転載等もご自由に。
コメントも大歓迎です。興味深い情報があれば教えてくださるとありがたいです。
ツイッターもやっています。フォローやリツイートもしてくださったら嬉しいです。
心ある人達の連携で、なんとか危険な原発を止めましょう。どうぞよろしくお願いします。

カウンター
カテゴリ
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
月別アーカイブ
原発関係リンク
お世話になっているサイト
最新トラックバック
ツイッター
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。