原発のない社会をめざして 2020年東京五輪・成功の条件 原発事故を封じ込めよ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2020年東京五輪・成功の条件 原発事故を封じ込めよ

どうあれ…東京でオリンピックを開催することになってしまった以上、それまでに徹底的に原発事故を封じ込めるための手段を尽くさなくてはなりません。しかし、はたしてそううまくいくものでしょうか?
以下は中日新聞より転載です。








【2020年東京五輪・成功の条件 原発事故を封じ込めよ】
中日新聞 2013年9月10日

二〇二〇年の五輪開催を勝ち取ったとはいえ、成功に導くまでのハードルは高い。東京勢が売り込んだ「安心、安全、確実」。世界から後ろ指をさされないよう原発事故の封じ込めが欠かせない。

「財布が潤うかな」「子どもの夢が膨らみそう」。アルゼンチンから朗報が届き、東京の街角には笑顔があふれた。日本世論調査会の六月の調査では八割強が招致に賛成していた。多くの人々が歓喜に沸いただろう。

五輪の開催にはさまざまな面で大きな期待が寄せられている。二〇年までの経済波及効果は三兆円近くに上り、十五万人を上回る雇用が生み出される。昨年六月に東京都が公表した試算だ。十五年に及ぶデフレの克服と景気の上昇に弾みがつくかもしれない。

トップアスリートの勇姿は閉塞(へいそく)感が漂う日本の社会に夢と希望を与えてくれるだろう。激しい競争と貧困、残酷なまでの就職難、少子高齢化に伴う負担の増大。先行き不透明な時代を生き抜く元気と勇気が湧くに違いない。

その半面、もろ手を挙げて喜ぶ心境になれない人も多いのではないか。最大の気がかりはほかでもない、福島の原発事故の行方だ。

とりわけ汚染水漏れの問題には、海外メディアから厳しい視線が注がれている。国際オリンピック委員会(IOC)の総会本番でも案の定、委員から質問が出た。

国内ではともすると日常の風景に埋没しがちだが、世界は不安を覚えている。安倍晋三首相は「状況はコントロールされている。決して東京にダメージを与えない」と強調したが、説得力を欠く。

原発の敷地内では刻一刻と大量の汚染水が発生し、海に流出しているのだ。政府が前面に立って対策に乗り出す方針を打ち出したのはIOC総会の直前だった。

招致を有利に運ぶための方便だったのではないか。疑念を晴らすには情報を公開しつつ有効な手だてを素早く講じることだ。国の信用が懸かった国際的な約束だ。

東京さえ安泰であれば事足りると響く発想も戒めたい。福島をはじめ東日本大震災の被災地の切り捨てにつながりかねない。

選手が落ち着いて競技に集中でき、観衆が安心して泣き笑いできる環境は被災地の復興抜きには成り立たない。立ち直った東北と首都東京の健在ぶりを示すことこそが最善のおもてなしになる。

人気ブログランキングへ
↑原発を止めたい方 クリックをお願いします↑
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

彼岸花さんへ

彼岸花さん、おはようございます。

>総理の「完全にブロック」発言を否定するかたちになった、東電の発言、
>早速東電の上の方が真意はどうのというような苦しい弁解をしてますね。
>きっと、その発言した人物は大目玉くらったんだろうなあ。

らしいですね。
今朝の朝日新聞にも「火消しに躍起」みたいな記事が出ていましたし(笑)…
しかし、(はなからわかっていたことですが)本当に呆れた首相と政府ですね~。
あの東電さえ認めないような嘘を平気でつく!
もう、嘘がまた新たな嘘を呼び、まさに泥沼状態。
あんな連中が我が国の代表だと思うと、まったく情けない思いがしますね。

まあ…でも考えようによっては、オリンピック招致ということで、
世界に対して大きな公約をしてしまったわけですから、
さすがに愚かな政府も力を入れて対処せずにはいられないでしょう。
「外圧がなければ日本という国は変わらない」
例によってこのパターンを今回も踏襲するということですかね?
凍土壁などももちろん早急にやらなければならいでしょうし、
冷却を水冷から空冷に変えるとか、汚染水を柏崎刈羽に運んで処理するとか、
まだやろうとすればできることもたくさんあるようですから、
とにかく全力でこの問題に取り組んでもらいたいところですね。

いつもありがとうございます♪合掌

No title

こんばんは~!^^

ほんとに、汚染水の問題は、いい知恵はないものでしょうか…。
国が引き受けたからと言って、同じようなメンバーが「どうしましょうか」、
「どうしましょうね」と、ため息つきあっていても埒はあかない。
面目がつぶれようが、利権がからもうが、海外からの知恵も、
国内のあらゆる分野からの知恵も総動員してあたらないと解決しない気がします。
凍土壁も、果たしてうまくいくのかどうか。
うまく行って欲しいですけれどね。

一所懸命出来ることを全力でやっているなら応援しますが、
姑息な情報操作や隠ぺいをするから、また腹が立つんですよね。

総理の「完全にブロック」発言を否定するかたちになった、東電の発言、
早速東電の上の方が真意はどうのというような苦しい弁解をしてますね。
きっと、その発言した人物は大目玉くらったんだろうなあ。

秘密保全法といい、集団的自衛権といい…気にかかることばかりですね。

いつもありがとうございます!

プロフィール

海空居士

Author:海空居士
当ブログはリンクフリーです。トラックバックや転載等もご自由に。
コメントも大歓迎です。興味深い情報があれば教えてくださるとありがたいです。
ツイッターもやっています。フォローやリツイートもしてくださったら嬉しいです。
心ある人達の連携で、なんとか危険な原発を止めましょう。どうぞよろしくお願いします。

カウンター
カテゴリ
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
月別アーカイブ
原発関係リンク
お世話になっているサイト
最新トラックバック
ツイッター
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。