原発のない社会をめざして 小泉純一郎元首相と小沢一郎代表の巧妙な「原発ゼロ」政略に、巨大与党とマスメディアが踊り始めた

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小泉純一郎元首相と小沢一郎代表の巧妙な「原発ゼロ」政略に、巨大与党とマスメディアが踊り始めた

【小泉純一郎元首相と小沢一郎代表の巧妙な「原発ゼロ」政略に、巨大与党とマスメディアが踊り始めた】
BLOGOS 2013年10月17日

◆小沢一郎代表が、安倍晋三首相の所信表明演説後、記者団に囲まれ、その感想を聞かれて、「野党は、決断すべきことを決断していない」と述べていた。安倍晋三首相が巨大与党を背景に力強い所信表明演説したことよりも、弱小政党に落ちぶれた野党各党が、一致団結することもなく、未だにバラバラで、なおかつ、民主党、みんなの党のように党内抗争を続けている党が存在していることを嘆いているようであった。

政策においても、「改憲派」VS「護憲派」、「原発推進派」VS「脱原発(原発ゼロ)派」、「TPP賛成派」VS「護憲派」などと対立しており、まとまりがついていない。これでは、野党連合は、成立し得ない。

◆この巨大与党と弱小野党という構図の下で、「脱原発(原発ゼロ)派」として共感し合っている小泉純一郎元首相と小沢一郎代表が「原発推進派」を「抵抗勢力」と決めつけて、仕掛けている政界大編成の動きが次第に「起爆力」を発揮し始めている。つまり、小泉純一郎元首相と小沢一郎代表の巧妙な「原発ゼロ」政略に、巨大与党とマスメディアが踊り始めたのだ。

自民党内では、「反原発派」として孤軍奮闘している河野太郎副幹事長(衆院神奈川15区、当選6回)と小泉純一郎元首相の二男・小泉進次郎内閣府大臣政務官兼復興大臣政務官(前自民党青年局長、衆院神奈川11区、当選2回)が、「原発ゼロ派」として「湘南連合」を形成する可能性が大である。

自民党内は、「原発利権」に汚染されていない新人議員が多数を占めており、また、自民党青年局長時代から小泉進次郎復興政務官を慕っている仲間が80人から90人いる。つまり、表向きは口に出せなくても、内心は「原発ゼロ派」が過半数を占めていると見られている。

◆これに対して、原発推進派の中心人物である甘利明経済再生相(衆院神奈川3区当選10回)は、小泉純一郎元首相を牽制するのに躍起だ。小泉純一郎元首相と小沢一郎代表が水面下で連携している巧妙な「政略」が、徐々に「実効」を示してくると、「抵抗勢力の中心人物」つまり「頭目」というレッテルを貼られかねないからである。

読売新聞YOMIURI ONLINEが10月15日午後9時36分、「小泉元首相の原発ゼロ発言は『短絡的』…甘利氏」という見出しをつけて、以下のように配信した。

「甘利経済再生相は15日のBS11の番組収録で、『原発ゼロ』を求めた小泉純一郎元首相の発言について、『小泉氏はフィンランドの最終処分場を見て、《日本ではできないだろう》と思ったのだろう。《トイレなきマンション》といわれる政策は軌道修正すべきだと、いい意味では純粋に、悪い意味では短絡的に思ったのだろう』と述べ、小泉氏をけん制した」

マスメディアも、小泉純一郎元首相との巧妙な「政略」にまんまと引っかかってきている。とくに小泉純一郎元首相のマスメディア戦略は、小沢一郎代表も「真似できない」と舌を巻いているほど、天下一品である。「原発推進派」(抵抗勢力)VS「脱原発(原発ゼロ)派」を選別し、脱原発(原発ゼロ)」を時代の主流にするための「世論形成」に働かせられつつある。そのために、小泉純一郎元首相に対して、しつこく「真意」を確認しているのだ。

TBSNewsiが10月16日午前1時14分、「小泉元首相、脱原発の『真意は変わらない』」というタイトルをつけて、次のように放映した。

「脱原発発言が波紋を呼んでいる小泉純一郎元総理がJNNの取材に応じ、発言の真意について答えました。

(Q.脱原発発言の真意は?)

「真意は変わらないよ」

(Q.政府に何を訴えたい?)

「・・・」(小泉純一郎元首相)

最近『脱原発』発言を繰り返している小泉元総理がJNNの取材に対し、脱原発の『真意は変わらない』と答えました。小泉氏は16日に千葉県で講演を行いますが、自民党の石破幹事長が近く本人から事情を聞く可能性を示唆するなど、原発再稼働に積極的な政府与党内からは小泉氏の発言に警戒する声が出ています」

その石破茂幹事長は政調会長時代、青年局長の小泉進次郎復興政務官とともに「全国行脚」し、マスメディアから「師弟関係にある」と評され、小泉進次郎復興政務官を「将来の首相に」と持ち上げてきた。このため、小泉純一郎元首相の「原発ゼロ」をめぐる政略にかなり、面喰い、戸惑っている。とりわけ、小泉純一郎元首相の背後に小沢一郎代表の影がチラついていることに神経を尖らせている。

なぜなら、1993年、政治改革法案をめぐって自民党から役職停止処分を受けたため笹川尭と共に離党し、改革の会に参加した後、新党みらい、柿澤自由党、改革の会が合流した自由改革連合を経て、小沢一郎代表がリードした新進党結党に参加した。だが、小沢一郎代表が提唱する安全保障政策に賛同できず、新進党を離党して決別、1997年に自民党に復党した経緯があるからだ。だから、小泉純一郎元首相と小沢一郎代表とが水面下で連携していることに、戸惑っているのだ。小泉進次郎復興政務官との「師弟関係」にヒビが入ることも懸念材料になる。

人気ブログランキングへ
↑原発を止めたい方 クリックをお願いします↑
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

彼岸花さんへ

彼岸花さん、おはようございます。

>ほんとに水面下で協力する動きがあるのでしょうかしら?

いや~、それはどうですかね?私は結構疑り深い性格なので(笑)。
このニュースには、実際に小泉さんと小沢さんが接触しているという
証拠のようなことがまったく書かれていませんから、
現時点ではあまり鵜呑みにはできない感じですよね~。
でも、本当にそうなったら面白いと思います♪

>自民党若手には、原発反対、TPPも反対という立場の議員さんも多そうです。

はい。そのようですね!これは大きな希望ですよね。
今回の小泉さんの動きに後押しされて、河野さんなどを中心に若手議員が立ち上がり、
アベや甘利などにプレッシャーをかけていくことができれば、
少しは状況が変わるかもしれません。
後は、やはり野党がもっとしっかりしなければいけませんね!

それにしても、甘利という奴は本当に悪そうな顔をした奴ですよね!
時代劇で「越後屋、おぬしも悪よのぉ」とか言われる役みたい(笑)
申し訳ないですけど…あんな顔でセンセイとか言われているのですから、
日本の政治もとことんレベルが低いと思ってしまいます。

とにかく私も、たとえ誰であろうと「脱原発を言ってくれるなら、大歓迎です♪」。
小泉さんもあまり好きな政治家ではありませんが、
この件については大いに応援したいと思っています。
あいつは過去に推進していたとか、あいつはあの党だからダメだとか、
そんな事を言っていても何も進んでいきませんものね。

いつもありがとうございます。合掌

No title

こんばんは~。
これ、面白い動きですね。ほんとに水面下で協力する動きがあるのでしょうかしら?
この大物政治家二人の性格を見てくると、全くないこととは言えないかもしれませんね。小泉氏は気を見るに敏。そして自民党の二世三世議員の中では珍しく、
しがらみの少ない、というか、邪魔で重いしがらみなど身軽に切って捨てる思いきりの良さを持った政治家だと思います。私は彼の構造改革路線は大っ嫌いでしたが、そういう合理的な潔さは、評価しているところがあります。
一方、小沢氏はこれはもう誰もが知る、作って壊し屋さんですからね。
小沢氏のそうした手腕にもだいぶ陰りは出てきてしまったけれど、依然として
大物政治家であることには変わりありません。
この二人が連携して動くと面白くなりますねぇ…
河野太郎氏はじめ、自民党若手には、原発反対、TPPも反対という立場の議員さんも多そうです。というより、安倍さんのような考え方の人は、本当には少ないのではないか。他にたいした大物がいないから、渋々ついていってる者も多いんじゃないでしょうか。

小泉さんの目的は、私ははっきりしていると思います。数年後、安倍政権がさんざん日本を勝手にいじくり回した後のめちゃくちゃになった日本の、明るく輝く希望として、進次郎氏を首相にするべく、そのレールを敷いているんじゃないですかね。ただ、その基本の色として『脱原発』を持ってくるのが、この親子に共通した政治センスの良さ、という気がします。
民主党の、野田氏、海江田氏、細野氏と揃いも揃って政治センスが悪いのに比べ、進次郎氏は、ちょっとした発言も、そのタイミングと中味のセンスがいいですね。
もしかするとお父さん以上の政治家になるかもしれない。若手議員や、国民の、とりわけ女性には人気もありますしね。^^

あと。小泉氏は、ひょっとして、日本のメルケルになりたいのかも。
まあ、ご自身は政界に復帰するつもりはないのでしょうが、原発推進からすぱっと
原発放棄に舵を切ったメルケルの政治の鮮やかさは、小泉氏はきっと好きだろうと思うんです。国民の人気もありますしね~。

とにかく、脱原発を言ってくれるなら、大歓迎です♪
まともに考えれば、あの、水と格闘している東電のありさまを見て、原発推進と
まだ考える人の方が理解できませんよね!
この動きが本格化してくれるといいですね~。

いつもありがとうございます。
プロフィール

海空居士

Author:海空居士
当ブログはリンクフリーです。トラックバックや転載等もご自由に。
コメントも大歓迎です。興味深い情報があれば教えてくださるとありがたいです。
ツイッターもやっています。フォローやリツイートもしてくださったら嬉しいです。
心ある人達の連携で、なんとか危険な原発を止めましょう。どうぞよろしくお願いします。

カウンター
カテゴリ
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
月別アーカイブ
原発関係リンク
お世話になっているサイト
最新トラックバック
ツイッター
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。