原発のない社会をめざして 脱原発へのロードマップ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

脱原発へのロードマップ

原子力は「安くて安定供給できるエネルギー」だという神話は、この度のフクシマの事故でもろくも崩れ去ってしまいました。ソフトバンクの孫社長を始め…だんだんと「脱原発」の声が大きくなってきています。
以下は「週刊朝日」5月20日号の記事より抜粋です。






日本の産業界に大きな衝撃が走っている。ソフトバンクの孫正義社長が脱原発を宣言したからだ。
「福島第一原発の被害を見れば、原発はトータルコストでは合わない。電力会社の経営陣はもう一度、人命まで含めた本当のコストを考えるべきではないか」
ネットでこう話す孫社長は4月、原発に代わる自然エネルギーについて政策提言する新たな財団を設立すると明かした。

孫社長は自身も認めるように、もともとは原発容認派だった。しかし、福島第一原発が津波で冷却機能を喪失したあげく、放射性物質を垂れ流すに至った現状を見て、原発に限界が来ていると見抜いた。

自然エネルギーの普及を目指す環境エネルギー政策研究所の飯田哲也所長が背景を語る。
「今回の被害は東京電力だけで補償するなど不可能で、税金を投入するしかない。これは、原発がビジネスとしてはリスクが高すぎて成り立たないことの証しにほかなりません。これまで原発を受け入れてきた地方自治体も考えを改めるでしょう。脱原発はもはや避けられない選択肢なのです

そして、孫社長のような大物経済人がこうした発言をしたことの衝撃を語る。
経済産業省と電力会社の利権であった原子力に楯突く経済人など、今まで日本にはほとんどいませんでした。太陽光パネルや風車を造っているメーカーですら、反対できなかった。それを孫さんが言い始めた意味は大きい」

人気ブログランキングへ
↑原発を止めたい方 クリックをお願いします
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

海空居士

Author:海空居士
当ブログはリンクフリーです。トラックバックや転載等もご自由に。
コメントも大歓迎です。興味深い情報があれば教えてくださるとありがたいです。
ツイッターもやっています。フォローやリツイートもしてくださったら嬉しいです。
心ある人達の連携で、なんとか危険な原発を止めましょう。どうぞよろしくお願いします。

カウンター
カテゴリ
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
月別アーカイブ
原発関係リンク
お世話になっているサイト
最新トラックバック
ツイッター
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。