原発のない社会をめざして 秘密保全法で大本営発表ばかりに

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秘密保全法で大本営発表ばかりに

福島みずほこの国は一体どこに行こうとしているのでしょうか?
こんなわけのわからない“秘密保全法”などというものが通ってしまったら、ますます政治がひどいものになってしまいます。政府にとって都合の悪いことはすべて隠ぺいされ、そういうことをリークした人間は罰せられる。まさしく戦前の日本に逆戻りという状況になりつつあるわけです。
以下は財経新聞より転載です。




【秘密保全法で大本営発表ばかりに】
財経新聞 2013年11月2日

社会民主党の福島みずほ前党首は特定秘密保護法が制定されれば「大本営発表ばかりで、調査報道は困難になる」と国民の知る権利が非常な危機に陥ると警鐘を鳴らす。

福島前党首は「政府は原発やTPPは秘密保護法の秘密にあたらないとしてきたがウソだった」とし「森まさこ大臣は原発警備情報も対象と言明。行政交渉でも原発施設の警備はテロ対策上秘密指定されうると答えた。テロ対策と言えば何でも秘密指定」と容易に政府の意図で秘密指定されていくと警戒する。

また「岡田広副大臣もTPPの情報も安全保障上秘密指定されうると答弁した」とツイッターで紹介した。

福島前党首は秘密指定について「秘密とすることが妥当かどうかのチェックができない。また、廃棄するときに廃棄したことは明らかにされない。国会で質問しても、そのような文書は確認できませんと答弁するだけ。歴史の事実が闇から闇へ」葬り去られる危険を指摘した。

また、秘密を30年超えて指定する場合、内閣の承認が必要としていることについても「内閣は承認をするだろう。この30年の前に秘密を廃棄したら全く秘密は出なくなる」と形骸化された担保だと指摘する。「テロ対策、安全保障を口実に原発やTPPの情報は秘密指定されていくだろう」と懸念する。

人気ブログランキングへ
↑原発を止めたい方 クリックをお願いします↑
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

マンネリ家畜イデオロギー さんへ

マンネリ家畜イデオロギーさん、コメントをありがとうございます。
あなたは“秘密保全法”は必要だと思ってらっしゃるんですね?
具体的なことが何一つ書いてないので反論することもできませんので、
とりあえず…もう少し勉強をなさったらどうですか…
とだけ申し上げておきます。合掌

時代遅れの情弱

ああ、洗脳されてるんですね、わかります。ただのバカですね、覚えこまされたとおり反応してなさいよ。所詮パシリは受け売りしかできないんだから。自分が役にたってると思ってるでしょ、活動してるとか、哀れにも程あるわ。
プロフィール

海空居士

Author:海空居士
当ブログはリンクフリーです。トラックバックや転載等もご自由に。
コメントも大歓迎です。興味深い情報があれば教えてくださるとありがたいです。
ツイッターもやっています。フォローやリツイートもしてくださったら嬉しいです。
心ある人達の連携で、なんとか危険な原発を止めましょう。どうぞよろしくお願いします。

カウンター
カテゴリ
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
月別アーカイブ
原発関係リンク
お世話になっているサイト
最新トラックバック
ツイッター
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。