原発のない社会をめざして 田中正造カレンダー制作 秘密法、原発再稼働に警鐘

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

田中正造カレンダー制作 秘密法、原発再稼働に警鐘

田中正造カレンダーなんと、尊敬する田中正造のカレンダーがあるのだそうです!
市民グループの「田中正造大学」が制作したものなのだそうで、私はぜひこれを購入したいと思います。
「百年の悔(くい)を子孫に傳(つた)ふるなかれ」
とても良い言葉ですね。以下は東京新聞より転載です。



【田中正造カレンダー制作 秘密法、原発再稼働に警鐘】
東京新聞 2013年12月9日

「正造が生きていたら許すはずがない」。足尾鉱毒事件に半生をささげた政治家田中正造(一八四一~一九一三年)に学ぶ市民グループ「田中正造大学」(事務局・栃木県佐野市)が、二〇一四年のカレンダーを制作した。特定秘密保護法や原発再稼働の動きなどに警鐘を鳴らそうと、「百年の悔(くい)を子孫に傳(つた)ふるなかれ」という正造の言葉を選び、中央に据えた。

田中正造大学は、正造の思想を伝えたり、活動資金を得たりするため、毎年、正造直筆の言葉の写真を入れたカレンダーを制作して販売。「その時の状況から、正造が生きていたら言うだろうなという言葉」(坂原辰男事務局長)を選んでいる。

正造の研究者で、カレンダーに添える解説を書いた赤上剛(たけし)さん(72)によると、今回の言葉は日露戦争が始まった一九〇四(明治三十七)年、正造が鉱毒被害地の町村議や有力者らに送ったげき文の一節。戦争で足尾銅山の増産に拍車が掛かっていたことから、百年後の子孫にまで悔いを残さないよう、政府に操業停止を求める請願を出すべきだと呼び掛けた言葉という。

今年は正造の没後百年。赤上さんは「正造の鉱毒反対運動は、命と生活を守るという原点から生まれたもの。特定秘密保護法は人権の基本を脅かすもので、正造が生きていたら許すはずがない」と指摘。「私たちは今、百年の悔いを子孫に伝えるかどうかの岐路にいる」と強調している。

カレンダーはB2判、二色刷り。送料込み八百円。問い合わせは田中正造大学=電0283(23)2896=へ。(稲垣太郎)

<足尾鉱毒事件> 明治初期に始まった栃木県足尾町(現日光市)の足尾銅山開発に伴い、鉱毒水や排煙などの有害物質が、周辺や渡良瀬川下流域を汚染し、農業や漁業などに被害をもたらした国内初の公害事件。栃木県選出の衆院議員田中正造が当時の帝国議会で追及し、辞職して明治天皇に直訴も試みた。遊水池を造って鉱毒を沈殿させる計画が進められ、この影響で谷中村(現栃木市)が強制廃村となった。

人気ブログランキングへ
↑原発を止めたい方 クリックをお願いします↑
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

海空居士

Author:海空居士
当ブログはリンクフリーです。トラックバックや転載等もご自由に。
コメントも大歓迎です。興味深い情報があれば教えてくださるとありがたいです。
ツイッターもやっています。フォローやリツイートもしてくださったら嬉しいです。
心ある人達の連携で、なんとか危険な原発を止めましょう。どうぞよろしくお願いします。

カウンター
カテゴリ
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
月別アーカイブ
原発関係リンク
お世話になっているサイト
最新トラックバック
ツイッター
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。