原発のない社会をめざして こういう御用学者達は責任を取らなくていいのか?山下俊一、加納時男、宮崎慶次

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こういう御用学者達は責任を取らなくていいのか?山下俊一、加納時男、宮崎慶次

自動更新です。原発推進派の方々の言葉を集めてみました。






【山下俊一氏のご発言】

「これから福島という名前は世界中に知れ渡ります。福島、福島、福島、何でも福島。これは凄いですよ。もう、広島・長崎は負けた。福島の名前の方が世界に冠たる響きを持ちます。ピンチはチャンス。最大のチャンスです。何もしないのに福島、有名になっちゃったぞ。これを使わん手はない。」
「放射線の影響は、実はニコニコ笑ってる人には来ません。クヨクヨしてる人に来ます。これは明確な動物実験でわかっています。酒飲みの方が幸か不幸か、放射線の影響少ないんですね。」


【原発推進派の責任】

当時の日本原子力研究所 東海研究所 動力試験炉部長だった石川迪夫氏
「日本の原子炉では、出力を上がっていっても自分でそれを押さえるように作ってあるから、暴走を起こそうとしても事故にはならない」
東京電力 原子力本部副本部長だった加納時男氏
「ミスがあっても、それが小さなトラブルにとどまる。小さなトラブルは環境に影響を及ぼすような事故につながらない仕組みを考えている」


【原発推進派の責任②】

石川迪夫氏のご発言
石川「面白いことに冷却水を入れたとたんに放射線が高くなった…」
古館「長く専門でおやりになっている先生だから…わかるんですけど、一般からすると面白いことにとか聞いちゃうと恐ろしくなっちゃって…」
石川「幸いなことに…チャイナシンドロームみたいなことにはならないだろう」
石川「幸いなことに…と申しますか、チェルノブイリの事故例があります」


【推進派は揺るぎない】

大阪大学名誉教授の宮崎慶次氏
「むしろ、各国が電力源として原発を考えていたのに、今回の事故で安全のはずの原発の推進計画に悪影響を与えるおそれがある」
「一般論として、新しい原発は従前の経験をふまえて設計しているので、安全性も経済性も優れている。新しいものに切り替えることには基本的には賛成。ただ、経営上の理由で古い炉の運転を続けざるをえないことがある。それは電力会社の判断」

人気ブログランキングへ
↑原発を止めたい方 クリックをお願いします↑
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

海空居士

Author:海空居士
当ブログはリンクフリーです。トラックバックや転載等もご自由に。
コメントも大歓迎です。興味深い情報があれば教えてくださるとありがたいです。
ツイッターもやっています。フォローやリツイートもしてくださったら嬉しいです。
心ある人達の連携で、なんとか危険な原発を止めましょう。どうぞよろしくお願いします。

カウンター
カテゴリ
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
月別アーカイブ
原発関係リンク
お世話になっているサイト
最新トラックバック
ツイッター
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。