原発のない社会をめざして 大間原発提訴 対岸の火事どころでは

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大間原発提訴 対岸の火事どころでは

【大間原発提訴 対岸の火事どころでは】
東京新聞 2014年4月4日

函館市が大間原発(青森県大間町)の建設差し止めなどを求め、国や電源開発(Jパワー)を訴えたのは、原発に不安を持つ全国自治体の代弁とも言える。事故に対して、発言の機会がないのだ。それは対岸の火事どころではない、という理由からだろう。

津軽海峡を挟んでわずか二十三キロ。よく晴れた日には、大間原発の建設現場を見通せる。函館市が、自治体としては全国初の提訴に踏み切ったのは、福島第一原発事故を正しく恐れたからである。

福島の事故のあと、原子力災害時の防災重点地域が、原発から半径三十キロに拡大され、函館市にも原子力防災計画と避難計画の策定が義務付けられた。深刻な危険があるから、そのような計画が必要になるのではないか。

それなのに、事実上、原発の設置や稼働の前提になる安全協定を結ぶことができるのは、都道府県と立地自治体に限られる。そうでない市町村は、日常的に事故の不安にさらされながら、直接かかわることができない。

人が生命の安全を求める人格権を持つのと同様に、自治体も破滅から身を守る権利があるとして、大間原発の差し止めを求めた函館市の主張には共感できる。遠隔地である東京地裁への提訴に際し、全国から五百万円を超える寄付も集まった。

大間原発は、使用済み核燃料から取り出したプルトニウムにウランを混ぜたMOX燃料を100%使用する世界初の原発だ。核のごみの“焼却炉”という性格も併せ持つ、特殊な原発でもある。

大間沖には複数の海底活断層が走っているという。プルトニウムを世界で初めて、しかも多く量を扱うことに、周辺住民が不安を抱くのは当然だ。

二〇〇八年に着工し、東日本大震災で工事は一時中断したが、おととし秋に再開された。安倍内閣は「新増設には当たらない」と判断した。その一方で、原子力規制委員会は「事故を起こした日本で、世界初のフルMOXをやることには、相当慎重にならざるを得ない」と考える。

福島事故後の特殊な状況下、このような事業を進めていくには、国民すべての理解が不可欠だろう。それが得られないままに、建設を続けるべきではない。

Jパワーは、水力発電から始まった。大間の地域振興は、下北半島の風と送電網を活用し、風力発電に切り替えてはどうだろう。

人気ブログランキングへ
↑原発を止めたい方 クリックをお願いします↑
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

彼岸花さんへ

彼岸花さん、こんばんわ。

>いつもこうやって、問題点を取り上げて見せてくださってありがとうございます

いえいえ、最近は新しい生活との兼ね合いがなかなか難しく、
更新もちょっと滞りがちだったり(汗)、申し訳なく思っているところなのです。

函館市はよく言ってくれましたよね。あそこも観光や漁業が中心ですから、いくら海を挟んでいるからといっても、たった23キロしか離れていない大間原発のことは、まったく他人事ではいられないのでしょうね。
私の地元近くの湖西市などもそうですが、こういう自治体がもっともっと増えてくれば、膠着したこの状況も少しは変わってくるかもしれませんね。

しかし、問題は直接原発を持っている自治体の方ですよね。
電源三法交付金などをあてにしきった財政をすぐには変えられないのでしょうし、雇用などの問題も深刻ですからね~。
ただ、例えば…そういうところを再生可能エネルギー開発の特区にするとか、考えようはいくらでもあるはずですから、やはり一番悪いのはそういうことをしない政府や自民党の連中ですよね。

>自分たちが政権についている間だけ、問題をなんとか押さえこんで行けていれば、そうして自分たちだけが利益を得ていられれば、後の時代のことはどうなってもいいのか。彼等は責任をとってなどくれませんからね。そのことを国民はよくよく覚えておくことです。

本当ですね。もし今度事故が起こった時には、たとえどのような事情があろうが、推進の発言をした人間が全ての責任を負わなければなりません。黙っていた人間も同罪だと思います。彼らにはそういう覚悟が果たしてあるのか?そいういう人たちと話す機会があれば、私はぜひ聞いてみたいと思っています。

いつもありがとうございます♪ 合掌

小判ちゃんへ

小判ちゃんさん、コメントをありがとうございます。
そうなんです!まだ性懲りもなくこんな愚かなことをしているのです。

青森のホタテですか?それはおいしそうですね♪
それに大間といえばマグロも有名ですよね。
もし、大間に原発ができれば、たとえ事故が起きなかったとしても…
放射能が海に垂れ流されていくわけですから、やっぱり心配ですよね。
なんとか阻止しなければいけないと思います。

いつもありがとうございます。合掌

No title

こんにちは。
ご無沙汰しています。
いつもこうやって、問題点を取り上げて見せてくださってありがとうございます。

原発立地自治体に関しては、ほんとうに複雑な想いがあります。
3.11前は、それでも『仕方がないか』(私の大嫌いな言葉ですが)と
思える面がありました。
でも、あの福島第一の事故を見てなお、地元に利益誘導のためにだけ
原発再稼働や、原発建設続行を求める自治体に対して、私はもう
『仕方がない』と言う言葉は使いたくないし認めたくありません……
また同じような過酷事故が起きた時、いったいどうやって近隣自治体への
責任が負えるというのでしょうか。

政権や電力会社に対しては、もうこれは語るまでもなく、NO!の一言です。
原発の最事故の危険性を仮においておくとしても、使用済み核燃料の行き場
問題は、まったく解決どころか一歩も前に進んではいない。
平均してあと6年で各原発の使用済み燃料プールは満杯になってしまう。
福島第一の4基を除く全50基中、柏崎刈羽1~7、浜岡3,4など、実に33基は6年未満の残り容量しかありません。
6~12年が14基。12年以上はわずかに泊3、川内1、伊方3号機の、3基だけです。(2012年9月4日東京新聞。データとしての日時は古いけれど、状況は変わっていないのだからいいでしょう)
だから、川内1号機の再稼働が最も有力視されているのでしょうね。

それなのに、これからも原子力発電をベース電源と考えるなどと、無責任きわまります。一時しのぎだけして誤魔化していれば問題が解決するとでもいうのか。
自分たちが政権についている間だけ、問題をなんとか押さえこんで行けていれば、
そうして自分たちだけが利益を得ていられれば、後の時代のことはどうなってもいいのか。
彼等は責任をとってなどくれませんからね。
そのことを国民はよくよく覚えておくことです。
原発事故はだれも全面的責任を負わない。電力会社も政府も県も個々の立地自治体も。
生活を奪われるのは国民で、税金などの形で費用を払わされるのも国民です。
立地自治体原発容認派の人々は、そのことを何と考えているのか!

戦争も同じですが、社会の不幸を引き起こす者たちは常に無責任かつその場しのぎで、社会的不幸の犠牲になる者たちは、その根本原因のところを見ようとせず、
いつもおとなしい…。

函館の人々を応援したいと思いますね。

No title

大間原発が建設中なんて
知りませんでした!
まだ、こりなんですね!

この周辺は海産物が有名で
毎年、青森のホタテが送られきます。
食べるのが心配になりますね。
プロフィール

海空居士

Author:海空居士
当ブログはリンクフリーです。トラックバックや転載等もご自由に。
コメントも大歓迎です。興味深い情報があれば教えてくださるとありがたいです。
ツイッターもやっています。フォローやリツイートもしてくださったら嬉しいです。
心ある人達の連携で、なんとか危険な原発を止めましょう。どうぞよろしくお願いします。

カウンター
カテゴリ
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
月別アーカイブ
原発関係リンク
お世話になっているサイト
最新トラックバック
ツイッター
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。