原発のない社会をめざして 6号機プール冷却一時停止 第一原発、配管で水漏れ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6号機プール冷却一時停止 第一原発、配管で水漏れ

【6号機プール冷却一時停止 第一原発、配管で水漏れ】
福島民報2014年7月12日

東京電力は11日、福島第一原発6号機の使用済み核燃料プールを冷却する配管から0.5リットルの水漏れが見つかったと発表した。プールは作業のため同日午前から冷却を止め、夕方に再開する予定だったが、一時冷却できなくなった。

東電によると、同日午後3時半ごろ、原子炉建屋6階で、配管の弁の下に水がたまっているのを社員が発見した。 冷却停止中のプールは同日午後4時現在の水温は25.5度あった。プールに接続する配管2本のうち、水漏れが見つかった側の弁を閉じ、午後7時13分に冷却を再開。午後8時現在、水温は25.1度まで下がった。

東電は12日から3日間程度、冷却を停止し、漏えいの原因を確認する。 福島第一原発では6日にも、5号機でプール冷却の設備から水漏れが見つかり、冷却を一時停止したトラブルがあった。

■県が緊急要望

福島第一原発での相次ぐトラブルを受けて県は11日、東電に漏えいの原因調査や5、6号機での点検強化を要望した。 緊急の申し入れは県庁で行われた。玉根吉正県生活環境部次長が高原一嘉東電福島復興本社福島広報部長に早急な対策を求めた。

■第二原発1号機 燃料取り出し完了

東京電力は11日、福島第二原発1号機で使用済み核燃料764体の取り出しを終えたと発表した。 東電は福島第二原発の長期にわたる安全性の向上や管理態勢を整えるため、平成24年10月から各号機で原子炉から使用済み核燃料プールへの燃料移送を続けている。

1号機は6月2日から燃料の移動を始めた。1日35本程度を移し、7月10日に全ての取り出しを終えた。東電は残る3号機を含め、全号機で26年度中に燃料の取り出しを終える予定。

人気ブログランキングへ
↑原発を止めたい方 クリックをお願いします↑
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

海空居士

Author:海空居士
当ブログはリンクフリーです。トラックバックや転載等もご自由に。
コメントも大歓迎です。興味深い情報があれば教えてくださるとありがたいです。
ツイッターもやっています。フォローやリツイートもしてくださったら嬉しいです。
心ある人達の連携で、なんとか危険な原発を止めましょう。どうぞよろしくお願いします。

カウンター
カテゴリ
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
月別アーカイブ
原発関係リンク
お世話になっているサイト
最新トラックバック
ツイッター
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。