原発のない社会をめざして 竹田恒泰氏が原発必要派を「幼稚園生の理論」と挑発 「原子力発電は純国産のエネルギーにはならない」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

竹田恒泰氏が原発必要派を「幼稚園生の理論」と挑発 「原子力発電は純国産のエネルギーにはならない」

【竹田恒泰氏が原発必要派を「幼稚園生の理論」と挑発 「原子力発電は純国産のエネルギーにはならない」】
Livedoor news 2014年8月4日

3日放送の「たかじんのそこまで言って委員会」(読売テレビ)で、明治天皇の玄孫で作家の竹田恒泰氏が原発をめぐる議論で、政治評論家の加藤清隆氏と激しい押し問答となる一幕があった。

この日の番組では、原子力の必要性についての議論が行われた。その中で原発不要派の竹田氏は、日本が原子力発電所の建設を推進してきた「裏の理由」として、外務省の文書に日本が原子力を持つということは将来の核武装の可能性を担保するという趣旨の文言があり、いつでも核を持てる状況を確保することで外交上の力になるという狙いがあったと語った。

これに対し、原子力必要派の加藤氏が「1番本筋の話は、日本という国は自前の資源がないことを無視しちゃダメですよ」としたうえで、日本は純国産のエネルギーとして原子力を発電に使うということを決断し、原発を推進してきたのだと主張した。

すると、竹田氏は、加藤氏の主張はウランを燃やしてそれを分離してプルトニウムを取り出してまた燃料にするという「核燃料サイクルができるということが前提」であり、それは無理だと主張した。

一方、加藤氏は「(核燃料利用計画は)完成はしてないけど、少なくとも政府としてはやろうと…」と主張するも竹田氏が「無理!無理ですよ」と断言した。

これには加藤氏も「素人がいくら言ってもそんなのダメなんです!政府としてはやろうとしてるんです!」と興奮した様子で返答した。

続けて、竹田氏は「アメリカやフランスも撤退した」とし、高速増殖炉を事業用に動かすことができなければ不可能だと論じ、加藤氏は化石燃料を買い続けて発電所を動かすことはできず、貿易収支の赤字が膨らんでいること指摘し、国産のエネルギー源が必要だと主張した。

加藤氏の主張に対し竹田氏は「石油が枯渇したら原発も動きません、ウランを掘ることもできない」と意見すると、加藤氏は「だから、今のうちにそれに備えるためにも今あるものを捨てちゃいけないんですよ!子どもの議論じゃないんだから!石油で原発動かすなんて小学生の理論ですよ」と力説。

これに竹田氏は「加藤さんの話って幼稚園生の理論で」と反論しスタジオの笑いを誘いながら、続けて「核燃料利用計画が成立しなかったら国産のエネルギーにならないんだから」と力強く語ると、加藤氏は「それをやろうとしてるって言ってるんだから!」と、半ばキレ気味に反論した。

結局、できるできないの押し問答の末、加藤氏が「君みたいな素人は知らなくていいんだ」と、投げやりな一言で収束した。

その後、竹田氏は、政府は原発推進を「見切り発車した」として「将来核廃棄物の処理方法が何か考案されるだろう」「核燃料利用計画がいつか成立するだろう」という2つの前提があったことを指摘し、現在ではこの2つとも無理だということが分かっていると述べた。

すると、加藤氏は「無理じゃない。やってる」と反論。さらに加藤氏は「CO2の害の方をもっとちゃんと勉強してもっと言ったほうがいいよ」と竹田氏を挑発すると、竹田氏は「原発めっちゃCO2出してるじゃないですか」と反撃に出た。

加藤氏は「出してるわけないじゃないか」と真っ向否定すると、竹田氏は「ウラン掘ってるときにCO2出てるでしょ!」「原発を建設するときにCO2出てるでしょ!」と声を荒らげ反論した。

結局、最後までこの2人の押し問答が展開されることとなり、ほかの出演者はこのヒートアップした2人のやり取るを聞いているだけだった。

人気ブログランキングへ
↑原発を止めたい方 クリックをお願いします↑
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

海空居士

Author:海空居士
当ブログはリンクフリーです。トラックバックや転載等もご自由に。
コメントも大歓迎です。興味深い情報があれば教えてくださるとありがたいです。
ツイッターもやっています。フォローやリツイートもしてくださったら嬉しいです。
心ある人達の連携で、なんとか危険な原発を止めましょう。どうぞよろしくお願いします。

カウンター
カテゴリ
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
月別アーカイブ
原発関係リンク
お世話になっているサイト
最新トラックバック
ツイッター
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。