原発のない社会をめざして 「原発の廃炉」検討入りは自然な流れだ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「原発の廃炉」検討入りは自然な流れだ

【「原発の廃炉」検討入りは自然な流れだ】
高知新聞 2014年9月12日

老朽化した原発の廃炉を検討する動きが広がってきた。

九州電力が玄海原発1号機(佐賀県)について、廃炉の検討に入った。中国電力も島根原発1号機(島根県)の廃炉を検討している。いずれも、稼働から40年前後たった原発だ。

原子炉等規制法により、原則40年と定められた運転期間を延長するには、安全対策に多額の費用がかかる。経済合理性からいっても自然な流れといえよう。

経済産業省は各電力会社に対し、老朽原発への対応計画を年内にも提出するよう求める方針だ。古い原発の淘汰(とうた)が急速に進む可能性がある。国と電力会社はそれぞれの立場で、円滑な廃炉に備えなければならない。

国内に、30年を超えた古い原発は18基ある。40年を超える原発を再稼働させるには、原子炉圧力容器の劣化具合などを詳しく調べる特別点検に加え、原子力規制委員会の新基準を満たすための大規模な改修が要る。

廃炉の検討対象は、新しい原発に比べて出力が小さい。費用に見合う収益性が見込めないなら、粛々と廃炉計画を進めればよいのだが、「選別」が始まった背景には個別原発の経済性とは別の思惑もみてとれる。

経産省は廃炉や原発建て替えの費用を確保する狙いから、価格保証制度といった原発の支援強化策を提案している。原発維持に必要なコストを利用者に負担させる内容だ。

こうした動きと併せてみれば、廃炉で安全重視の姿勢を強調することによって、比較的収益性を見込める原発を早期に再稼働させる「地ならし」を図っているように映る。

だが、老朽原発の廃炉と、国民が懸念する再稼働とは全く別問題であり、切り離して考えるべきだ。そもそも、原発の運転は営利活動なのだから、電力会社が廃炉に責任を持つのは当然だろう。

政府も重大な「宿題」を抱えていることを忘れてはならない。廃炉作業で出る放射性廃棄物の処理基準や処分地が決まっていないのだ。このため、1998年に運転を停止した日本原子力発電の東海原発(茨城県)も大幅に廃炉作業が遅れている。

廃炉にする原発が正式に決まったとしても、このままでは作業は進まない。国と電力会社が自らの役割をしっかり果たす必要がある。

人気ブログランキングへ
↑原発を止めたい方 クリックをお願いします↑
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

MATZ-TSさんへ

MATZ-TSさん、こんにちわ。

>自分では,学術会議が出した100年程度は地上で保管・・・の先が見えないのです

本当ですね。なんせミニマム10万年ですものね!
よくもまあ、こんな無責任なことを軽々しく始めてしまったものだと思います。
結局、科学と経済が暴走してしまって、宗教や哲学などを始めとした…いわゆる倫理観というものがスッポリと抜け落ちた状態で、政治がごり押しで進めてしまった負の遺産を、後生の人間が延々と尻ぬぐいをしていく構造になってしまっているのですね。

>推進派をいくら非難しても解決策にならんのです

う~ん、確かにその通りだと思いますが、でもやはり非難は続けていかないと!
やはり、非難されることが一種の抑止力となって、推進に多少のブレーキがかかる面もありますからね~。まあ、自分達も文明の恩恵だけは享受して、自然の摂理に逆らった滅茶苦茶な生活を続けていて、それでいて気に入らないことだけを非難するというのはまずいと思いますが…

最近、仕事が少々多忙なこともあり、あまり気力がわかず、更新もお返事も滞りがちですみません。そろそろ気を入れ直して頑張っていこうと思っています。
いつもありがとうございます。合掌

No title

こんばんは.MATZ-TSです.

早く廃炉に入って欲しい,危険な使用済み核燃料も比較的安全な空冷式-->最終処分....と願う気持ちは多いのですが,

「廃炉にする原発が正式に決まったとしても、このままでは作業は進まない。国と電力会社が自らの役割をしっかり果たす必要がある。」

ということが,実際は何を意味するか,と考えたとき,また,プレート境界にあり,活断層が沢山あり,・・という日本で安全に処分できる場所があるか? たとえあったとしても,そこの住民の意思を無視して処分場を強行できるか? 
 最終的には「金目」? そうなれば当然住民間の意見の分断,地域破壊,子孫への罪悪感・・・ 

 結局,原発立地地域の中間処分場-->なしくずしに最終処分場化,が見えてしまいます.
海外に持っていくわけには行かないし.

  自分では,学術会議が出した100年程度は地上で保管・・・の先が見えないのです.  将来の科学技術の進展を祈る? こんなことでよいのでしょうか? 自分では納得できません.推進派をいくら非難しても解決策にならんのです.

すみません,悲観的なコメントで.
プロフィール

海空居士

Author:海空居士
当ブログはリンクフリーです。トラックバックや転載等もご自由に。
コメントも大歓迎です。興味深い情報があれば教えてくださるとありがたいです。
ツイッターもやっています。フォローやリツイートもしてくださったら嬉しいです。
心ある人達の連携で、なんとか危険な原発を止めましょう。どうぞよろしくお願いします。

カウンター
カテゴリ
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
月別アーカイブ
原発関係リンク
お世話になっているサイト
最新トラックバック
ツイッター
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。