原発のない社会をめざして 再生エネ買い取り 原発のための制限なら重大だ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

再生エネ買い取り 原発のための制限なら重大だ

【再生エネ買い取り 原発のための制限なら重大だ】
しんぶん赤旗 2014年10月8日

ビルの屋上や民家の屋根に太陽光発電のパネルをよく見かけます。温泉地などでの地熱発電や大きな羽根の風力発電もよく見る風景です。太陽光・熱、地熱、風力、水力などの再生可能エネルギーは、石油や石炭とは違い、地球の温暖化を招く二酸化炭素(CO2)など温室効果ガスを発生しない点でも注目されています。普及を促進するため、政府は再生可能エネルギーで発電した電気は全量を電力会社に購入を義務付けてきました。ところが最近になって、いくつもの電力会社が買い取りの制限を始め、再生エネの普及に逆行すると批判を呼んでいます。

■道理ない一方的打ち切り

本来法律で全量買い取りが義務付けられているのに、電力会社はなぜ制限するのか。電力会社の言い分はこうです。

再生可能エネルギーの普及が急速だったので、買い取った電気を送る送電線などの設備が足りなくなった。太陽光や風力は季節や天候、時間帯によって発電量が変わるので、電気を蓄える蓄電設備や不足を補う火力などの発電設備も整えなければならない―。

もっともらしい理由ですが、全国10の電力会社のほとんどがいっせいに買い取りを制限しなければならないほど、送電線などの設備が不足しているというのは合点がいきません。太陽光や風力発電が季節的に変動することはわかりきっていたことで、政府や電力会社はその備えもなく普及を進めたのか―。疑問は解消されません。

送電網や蓄電設備などが足りなければ、国も後押しして増やせばいいことで、それは可能です。一部の電力会社で電気があまるなら、融通することもできます。太陽光や風力などの発電が増えているといっても、電源全体に占める割合はわずか2%程度です。国際的には日本は立ち遅れが顕著です。これで買い取りを制限しなければならない理由にはなりません。

電力会社への全量買い取りの義務付けには、電力会社が「電気の円滑な供給の確保に支障が生ずる恐れがある」場合は買い取らなくてもいいという抜け穴があります。電力会社は、再生可能エネルギーの供給が増え、需要とのバランスが崩れれば、大規模な停電になる恐れがあるといいます。

しかし、太陽光発電がもっともすすんでいるといわれる九州電力でも、発電量は300万キロワットを超える程度です。九州電力は計画中を入れれば発電量は4倍にも達する、そうなれば一時的に需要を上回ることもあるといいますが、仮定の話です。いま買い取りを制限するというのは筋が通りません。

■普及拡大の後退許されず

電力会社が再生可能エネルギーで発電した電気を買い取る費用は電気料金に上乗せされています。電力会社は発電量が増えても困るわけでもないのに、なぜ制限するのか。買い取りを制限した電力会社のうち新規契約をすべて停止したのは九州電力、北海道電力、四国電力など原発再稼働を急ぐ会社です。再生可能エネルギー買い取りの制限は、原発を続けるためではないのかとの疑いは消えません。

政府も電力会社の動きに合わせ、買い取り制度の見直しをはじめています。再生可能エネルギーの普及拡大を後退させ、原発再稼働を推進するためなら、それこそ絶対に許されません。

人気ブログランキングへ
↑原発を止めたい方 クリックをお願いします↑
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

彼岸花さんへ

彼岸花さん、こんばんわ。

>再生可能エネルギーつぶしとしか思えませんね。

私もまったく同感です。なんと姑息な…

今度、地元の友人が家を新築することとなり、
なんとソーラーとバッテリーだけのオフグリッド住宅。
まあ、今さら何をあがいてみたところで、こういう家が増えていけば、
電力会社の天下もそう長くは続かないと思いますがね?

私も、浜岡を抱える中部電力と関わるのはイヤなので、
少しでも早く彼らの真似ができればいいと思っています。
いつもありがとうございます。合掌

No title

こんばんは。
私もものすごく腹を立てています。
再生可能エネルギーつぶしとしか思えませんね。
惜しまれるのは、菅さんが最後の粘りでこの買い取り制度を決めてくれた時、
発送電分離をきちんと同時にやる時間がなかったことですね。
そうしたら今頃電力会社がこのように大きな顔をしてはいられなかったはず。

発送電分離にも問題点はあると言いますが、自然エネルギーによる発電を
普及したくても、今のように旧来の権力者である9電力(沖縄は除いて)が
送電網を押さえているのでは、このような言い訳が成り立ってしまう。

どうせ、2018~20年には発送電分離するということなどを含む
改正電気事業法が、13年11月の参院で可決されて成立しているのですから、
電力会社もいい加減、腹をくくればいいのになあ。
九州電力管内だけで、事業予定の再生可能エネルギーによる発電が仮に
すべて実行されたとすると、原発12基分と言いますね。原発なんかいらない。

それだと困るものだから、電力会社はこうして姑息な引き延ばしを図っているんじゃないかと思ってしまいます。
プロフィール

海空居士

Author:海空居士
当ブログはリンクフリーです。トラックバックや転載等もご自由に。
コメントも大歓迎です。興味深い情報があれば教えてくださるとありがたいです。
ツイッターもやっています。フォローやリツイートもしてくださったら嬉しいです。
心ある人達の連携で、なんとか危険な原発を止めましょう。どうぞよろしくお願いします。

カウンター
カテゴリ
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
月別アーカイブ
原発関係リンク
お世話になっているサイト
最新トラックバック
ツイッター
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。