原発のない社会をめざして 進む野党候補一本化…自民党が落選危機に陥る「59選挙区」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

進む野党候補一本化…自民党が落選危機に陥る「59選挙区」

【進む野党候補一本化…自民党が落選危機に陥る「59選挙区」】
日刊ゲンダイ 2014年12月1日

2日の衆院選公示を前に、安倍周辺からは「風は吹いていない。投票率は低く、自民党は現有議席を維持する」などと調子のいい話が聞こえてくる。だが、野党の選挙区調整は予想以上に進んでいる。ほぼ全選挙区に候補者を立てる共産と安倍政権に近い次世代を除く野党(野党系無所属を含む)で候補者が一本化できた選挙区は、実に180にものぼるのだ(11月30日現在)。

野党候補が乱立した前回2012年選挙では、この180選挙区で与党が149勝し、野党はわずか31勝にとどまった。しかし、今回はこの180選挙区で野党が候補者を一本化。そこで前回の野党票(共産党除く)を単純合算すると、その勝敗はガラリと変わった。与党は90勝まで減らし、野党は90勝に並ぶ。なんと59もの選挙区で野党が与党を逆転するのである。

別表は、その与野党の勝敗が逆転する59選挙区だ。現職農相の西川公也を筆頭に、船田元、松島みどり、塩谷立、村上誠一郎ら閣僚経験者もズラリと並ぶ。この59選挙区の与党のメンメンは、野党の候補者一本化が実現した今回、落選しても不思議じゃないのである。

与野党の勝敗が逆転する59選挙区


政治ジャーナリストの鈴木哲夫氏はこう言う。

「自民党や大メディアが『野党は準備が整っていない』『今回も一強』と宣伝していることもあり、180もの選挙区で野党の候補者調整が行われていることを有権者はほとんど知りません。『今回も野党はバラバラなんだろうな』と思っている有権者が、公示になって初めて、足元の自分の選挙区で野党候補が一本化されていることに気づく。そんなケースが多いと思います。民主、維新、生活ができる限り一緒に街頭に立つなどして野党の候補一本化を有権者に気づかせるようにすれば、オセロのように勝敗がひっくり返っていくでしょう」

共同通信の最新の世論調査では、安倍内閣の不支持率が支持率を初めて上回った。有権者は簡単には安倍に“信任”を与えたくないと思っている。この59選挙区に大注目である。

人気ブログランキングへ
↑原発を止めたい方 クリックをお願いします↑
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

海空居士

Author:海空居士
当ブログはリンクフリーです。トラックバックや転載等もご自由に。
コメントも大歓迎です。興味深い情報があれば教えてくださるとありがたいです。
ツイッターもやっています。フォローやリツイートもしてくださったら嬉しいです。
心ある人達の連携で、なんとか危険な原発を止めましょう。どうぞよろしくお願いします。

カウンター
カテゴリ
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
月別アーカイブ
原発関係リンク
お世話になっているサイト
最新トラックバック
ツイッター
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。