原発のない社会をめざして 衆院選で蠢くヒト・カネ・モノ 大義なき解散総選挙の「真の争点」は?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

衆院選で蠢くヒト・カネ・モノ 大義なき解散総選挙の「真の争点」は?

【衆院選で蠢くヒト・カネ・モノ 大義なき解散総選挙の「真の争点」は?】
DIAMOND ONLINE 2014年12月8日

大義なき選挙と批判される今回の解散総選挙。『週刊ダイヤモンド』の人気政治コラム「永田町ライヴ!」の後藤謙次氏が、12月13日号特集「選挙の経済学」のために書き下ろした特別版で、今回の解散総選挙の真の狙いに迫る。

「平地に乱を起こす」という言葉そのままの第47回衆議院選挙が2日に公示された。首相の安倍晋三が衆院の解散を明言したのが11月18日。しかも前回衆院選からまだ2年。全てが異例といっていい。誰もが想定しなかった意表を突いた師走選挙に込められた安倍の狙いは何か。その中にこそ安倍が目指す政権戦略の核心がある。

安倍は解散権を行使する理由について税率10%への消費税増税の実施時期を法律で定められた2015年10月から1年半先送りすることを挙げた。

「国民生活に大きな影響を与える税制で重大な決断をした以上、国民の声を聴かなければならないと考えた」

12年8月の民主、自民、公明の3党合意による「社会保障と税の一体改革」の根幹部分を変更するには、国民有権者のお墨付きが必要というわけだ。だが、消費税法には景気弾力条項があり、政府の判断で法改正すれば先送りできるため、わざわざ国民に信を問う必要はない。

ましてや自民、公明の与党は衆参両院で圧倒的な議席を有しており、なおさらのことだ。つまり安倍の本当の目的は消費増税の先送りにあるのではなく、解散権の行使そのものにあったとみるべきなのだ。現に衆院が解散された直後だったが、安倍は周辺に解散権を行使した本音の一端を明かしている。

「消費増税を18カ月(1年半)先送りするのは大変なことだ。財務省や自民党税調は命懸けで増税すると言っていた。これをつぶすには解散しかなかった。解散をしなかったら大政変になっていた」

解散をせずに通常国会に先送り法案を提出した場合、その法案の成否をめぐって国会が混乱し、権力闘争に発展する可能性を安倍は感じ取っていたのだ。この発言からも推察できるように安倍が警戒しているのは野党ではない。権力闘争の「仮想敵」は自民党内と財務省を中心にした霞が関だったことをうかがわせる。そこから見えてくる安倍の真の狙いは、「永田町と霞が関の平定」だ。

後藤氏の筆はこの後、さらに激しさを増し、冴え渡っていきます。

■アベノミクスは完全に失敗している 日本の最優先課題は少子化対策だ

グローバルで活躍する経営コンサルタントの大前研一氏は、今回の大義なき解散総選挙を「みっともない」と切って捨てます。われわれが選挙で問うべき本当の「日本の論点」は何なのか、お聞きしました。

──今回の解散総選挙をどのように見ていますか。

みっともなくて、コメントする気にもならないくらいひどい。

アベノミクスがうまくいっているのであれば、来年10月に予定通り消費増税を実施すればいい。それを先送りするというのは、うまくいっていない、という認識が安倍(晋三)首相にはあったはずです。それにもかかわらず、「この道しかない」といってアベノミクスの信任を問う選挙をするのは、論理的に完全に矛盾しています。こんなことがまかり通るのは、安倍首相が野党を、ひいては国民をなめているからです。

年末から来年にかけて、アベノミクスの失敗を示す惨憺たる数字がぞろぞろ出てくる。来年以降、選挙はできないでしょう。だったらいまやっておいて、あと4年の任期を確保して(これまでの2年と合わせて)6年やろうという魂胆です。その間に、自分が本当にやりたいこと、「戦前の強い日本を取り戻そう」ということでしょう。

安倍首相は、本当は経済になんか興味はありません。やりたいことはほかにある。しかし、経済政策を建前にして選挙をやろうとしている。非常にひきょうなやり方だと思います。

──本来、選挙で争点にすべき日本の喫緊の課題は何でしょうか。

間違いなく、少子化です。日本は先進国の中で最も早く人口ボーナス期が終わり、人口オーナス期に突入しました。放っておくと、就業人口が年間30万人ずつ減っていきます。すなわち、税金を払う人が減っていくということです。

世界最大の政府債務を抱えているのに、税収は減っていく。それでは返済できるわけがありません。日本を揺るがす財政問題の震源には、少子化問題があるんです。

安倍首相は、少子化について3つのことを言っています。

第一に、合計特殊出生率を1.41からできれば1.8ぐらいにしようということ。ただ、2にならないと少子化は止まりません。

第二に、これはネガティブな発言ですが、移民政策についてです。普通の国なら、ここまで少子化が進んでしまったら移民を入れます。移民というのは、スイスやシンガポールしかり、オーストラリアしかりで、国を活性化させるんです。競争心を高めますから。米国が典型です。でも安倍首相は、「いわゆる移民政策はしない」とはっきり言っています。

その代わり、特区で暮らす外国人が、外国人の家政婦を雇うことは認めると言ってるんです。これでは話にならない。2020年までに女性管理職を全体の30%にするという目標を掲げるのなら、外国人の家政婦を例外なく受け入れないととても達成できないでしょう。それなのに、安倍首相は移民を入れないと言っている。一体、子どもを増やしたいのか増やしたくないのか、よく分かりません。

この後も大前氏は、少子化対策で成功したフランスの事例を紹介しながら、その重要性を説きます。続きは本誌でじっくりとご覧ください。

■国民不在の解散総選挙 本当の「日本の論点」とは何か

『週刊ダイヤモンド』12月13日号は、間近に迫った選挙についての特集です。

今回の選挙は、争点がない、と言われます。それなのになぜ選挙が行われるのか。そこには、後藤氏が指摘したように、民意とはかけ離れた政治力学が働いています。

いったん選挙が動き出すと、そこにはヒト・モノ・カネが集まり、産業としての歯車が回り出します。本特集では、選挙関連産業の相関図、選挙で沸騰する銘柄など、選挙の経済学にも光をあてました。

選挙に争点がないからと言って、日本に何も問題がないわけではありません。むしろ山積しています。そこで、選挙で本当に問うべき「日本の論点」をまとめました。

今回は、米著名投資家のジム・ロジャーズ氏と竹中平蔵氏に「日本の課題」について対談してもらいました。対談の最中、ロジャーズ氏はこんな言葉を記者に投げかけました。

「あなたには子どもがいますか? この日本で、30年後の子どもの将来に希望が持てますか?」
私が答える前に、ロジャーズ氏は続けてこう言いました。「私は本当に日本が大好きだけど、今のままの日本に、子どもを住まわせることはできない」。


安倍晋三首相は「この道しかない」と繰り返し訴えます。自分の子どもも含めた将来世代の未来を考えたとき、本当に「この道」しかないのか。そんな問題意識を持ってこの特集をつくりました。ご一読いただければ幸いです。(『週刊ダイヤモンド』副編集長 前田 剛)

人気ブログランキングへ
↑原発を止めたい方 クリックをお願いします↑
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

彼岸花さんへ

彼岸花さん、こんにちわ。

>絶妙の時期に解散権を行使したものですね。

本当ですね(笑)。さすがに姑息さだけは天下一品です!
しかし、政府も政府ですが、こんなやり方をあっさり許してしまう主権者そのものもどうなんですかね~?
前にもどこかで書いたかもしれませんが、国民は自分達の精神的レベルの平均より上の政治家を持つことはできない…という格言通りですね。

原発のことも集団的自衛権と特定秘密法のことも巧みに争点から外し、もちろん大前さんのおっしゃる少子化の問題もありますしね。まったくひどい選挙です!

プロフィール写真はネットで拾って無断使用です(内緒)。かわいいですよね(笑)
30年前から比べて私もこんな風に進化しました♪
ちなみに…オランウータンって、インドネシア語で「森の人」っていう意味なんですよね。私も文明のしがらみをできるだけ断ち切って、大自然の中で暮らしたいのです。そういう意味を込めて(?)この写真を使ってみました。
いつもありがとうございます。合掌

MATZ-TSさんへ

MATZ-TSさん、こんにちわ。
なんだかわかりませんが、また選挙ですねえ(苦笑)
しかし、投票率が低い云々と言われていますが、原発の事だけでなく集団的自衛権に特定秘密法に増税のこともあるというのに、よく選挙に行かずに平気でいられるものだと…政府も政府ですが、それ以上に私は国民の民度の低さに呆れますね。

>「マスコミ」情報が「公平」な情報であるか、が問題ではありますが(笑)。

まさしく!ツイッターで、2~3日中に大手新聞社がこぞって「自民300議席」という記事を載せるという情報を見てたんですよ。デマかな?と思ってたら本当にそういう記事が示し合わせたように出てきたので、私もその辺のところは大いに疑っているところです。
まったく嫌な世の中ですね。まあ、どういう結果に終わろうと、自分は粛々と自分の義務を果たそうと思っていますが…
いつもありがとうございます。合掌

No title

こんばんは。
今、自分のところで、MATZ-TSさんにお返事書いたところです。^^

この週刊ダイヤモンドの記事の前半部も、後半部も、ちょうど私も同じようなことを
考えていたところでした…

まず前半部ですが、安倍さんは、絶妙の時期に解散権を行使したものですね。
本当に、これ以上うまくやれないってくらい、絶妙のタイミングと時期に。
と言ってもそれは国民にとってなどではなく、安倍さんにとって絶妙の、という
意味でですが。

①解散前、安倍政権にとってまずい要素が次から次に出てきていましたね。
閣僚、とりわけ彼が看板のひとつに掲げていた『女性』閣僚の不正事実発覚。
それがほかの閣僚などにも及びそうになっていた…
②中国での、あの、習近平氏から受けた侮辱は、ものすごく大きかったんじゃないですかね。
普通なら、もっと周囲がわあわあ『失礼だ!』とか代わりに騒いでくれそうなもんだが、案外周りの反応までが、冷たかったからですからね。
『まあ、あんな態度取られても仕方ないよなあ…』というような?(苦笑)
③北朝鮮の拉致問題は譲歩すれども進展なし。
④首相在任中の大きな外交成果にしたかったプーチン来日もとりあえず当分なし。
⑤TPPは暗礁に乗り上げ。
⑥何より決定的にがくんときたのは、GDP速報値が年率1.6%減という数値が出たこと。
(さらに今日8日、実はそれよりさらに0.3ポイント低く、1.9%減であったことが発表されていますね!)
一番の売りのアベノミクス効果までが危うくなってきていた…!それが駄目となると、
安倍政治のいいところなんて、ないわけですからね。
G20の頃の安倍さんは、顔色が土色になっていましたよ。
過半数取れなかったらやめる、などという弱気な言葉を吐いたのが、その表れと私は見ていました。

…ところがね~!
解散総選挙は、それらのマイナス要因すべてをチャラにして、安倍人気を盛り返す起死回生の結果となりそうです!
まさにまさに起死回生の策だった!
お見事というしかないくらいです。

これ以上のタイミングはなかったですね!
来年になると、ほんと、状況はもっと悪くなっていたと思います。
私ね、アメリカの投資家の大規模な日本株買いが、さあっと利益だけ獲得して
売り抜けして引き上げた後のこと考えてしまうんですよ。それがいつになるのか…わかりませんが。
来年は、どんな年になるかわからないです。そんな中で消費増税の決断とか
解散など出来なかったでしょう。いましか出来なかったと思いますね。
来年は統一地方選もあるし、下手をするとそっちも共倒れ。
現に、滋賀や沖縄で自民は負けていますからね。
そうそう。この県知事選のことも、安倍さんにとっての悪要因⑦として挙げておくの
忘れていました。
福島県知事選でのあの民主党候補への相乗りなどは、その必死さを示していましたね。

とにかく、これで、安倍さんは失地を挽回したばかりか、むしろ領土も人気も
回復する勢いです。口惜しいけれど、お見事!と言うしかないほど。

後半部の、この国の本当の論点とは、という問いに、『少子化問題』と答えた部分。
このこと、ちょうど私も同じ認識で、次の記事にするつもりで、経済の勉強進めていました…
その過程で、ちょっと大きな大きな壁に突き当たり…… 
それでこの数日、がく~っときていまして。

それでも投票日は近い。
なんとか気力またかきたてて書いていかなくっちゃと思ってはいます。

ところで。
プロフィールのお写真。^^
これ!可愛いというか、すっごくいいですね。^^海空居士さんのハンサムなお姿のプロフィール写真も、
ここに伺うたびに楽しみでしたが(笑)、この子、かっわいいなあ。表情が最高ですね。
これ。どういうところから探しておいでになったのでしょう?^^



No title

こんばんは、MATZ-TSです。

週間ダイヤモンド、いままであまり目を通してなかったけれど

http://dw.diamond.ne.jp/articles/-/11779

ですね。いつ実質発売なのでしょうか? あと2週間位早ければよかったという気もします。

今回は、投票率が低そうですね。無党派であっても、国民の義務として、しっかり考えて、

「ロジャーズ氏は続けてこう言いました。「私は本当に日本が大好きだけど、今のままの日本に、子どもを住まわせることはできない」。」

・・・このような現状を打破することを考えて、消去法でもよいから投票してほしい、

「マスコミ」情報が「公平」な情報であるか、が問題ではありますが(笑)。

低投票率だけは頂けませんね。
プロフィール

海空居士

Author:海空居士
当ブログはリンクフリーです。トラックバックや転載等もご自由に。
コメントも大歓迎です。興味深い情報があれば教えてくださるとありがたいです。
ツイッターもやっています。フォローやリツイートもしてくださったら嬉しいです。
心ある人達の連携で、なんとか危険な原発を止めましょう。どうぞよろしくお願いします。

カウンター
カテゴリ
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
月別アーカイブ
原発関係リンク
お世話になっているサイト
最新トラックバック
ツイッター
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。