原発のない社会をめざして 東野圭吾が告白していた“原発タブー”体験! 原発テロを扱った公開間近の東野原作映画『天空の蜂』は…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東野圭吾が告白していた“原発タブー”体験! 原発テロを扱った公開間近の東野原作映画『天空の蜂』は…

【東野圭吾が告白していた“原発タブー”体験! 原発テロを扱った公開間近の東野原作映画『天空の蜂』は…】
TOCANA 2015年9月1日

先日、山本太郎議員が国会で「川内原発にミサイルを撃ち込まれたら最大でどの程度の放射能放出を想定しているのか」と質問するなど、最近、原発について、事故だけでなくテロや攻撃対象になる危険性が指摘されるようになった。そんななか、“原発テロ”を舞台にしたある映画が注目を浴びている。売れっ子作家・東野圭吾原作の映画『天空の蜂』だ。

物語は自衛隊の巨大軍用ヘリコプターが“テロリスト”に乗っ取られたところから始まる。ヘリは大量の爆薬を積んだまま、福井県の高速増殖炉「新陽」の真上へ。そして、日本政府にテログループから現在稼動中や建設中の原発を全て停止しろ、さもなくば巨大ヘリを「新陽」に墜落させる、という脅迫状が届く。

“原発とテロ”問題だけでなく、今年4月の官邸ドローン事件も想起させられるが、そうした衝撃的内容に加え、映画は『本格冒険科学映画 20世紀少年』や『トリック劇場版』を手掛けてきた実力監督の堤幸彦がメガホンを取り、出演は江口洋介、本木雅弘、綾野剛、向井理、仲間由紀恵など人気、実力ともに定評のある豪華キャストばかりだ。

9月12日公開を控え、6月22日には完成報告会見が、そして8月20日には完成披露プレミア試写会が行われ、監督はじめメインキャストが揃い舞台挨拶が行われた。しかし、これだけ話題性が高い映画にも関わらず、マスコミの扱いは意外に小さいものだった。

「メディアが話題にしたのは江口の妻・森高千里の“美脚”話や、作品のラブシーン、そしてアクション場面ばかりが強調され、肝心の原発やテロといった内容については、きちんと取り上げられることがあまりなかった」(映画評論家)

それでも紙媒体メディアは会見や試写会などの様子を報じたが、テレビの情報番組は現在まで、この映画のことをほとんど取り上げていない。

この状況をみて、ふと頭をよぎったのが、東野圭吾が原作小説『天空の蜂』を発表したときに体験した状況だ。小説『天空の蜂』(講談社)が発表されたのは今から20年前の1995年のことだが、それから10年ちょっと経った2006年、東野自身が「野性時代」(角川書店)06年2月号の特集「東野圭吾のすべて」のなかで、こう語っている。

「これ(『天空の蜂』)はストーリーを思いついてから本が出来上がるまで五年くらいかかりましたね。その間に原子力発電所のことだとかヘリコプターのことだとかをいっぱい取材して、勉強しました。(中略)まさか東野がこんなものを書くとは思わないだろうという気持ちで、自信を持って送り出した作品なんですが……、まるで無反応でしたね。この作品はね、本当に自信作なんですよ。なのに無反応だった。そのときに確信したのは、いいものを書いたからといって売れるわけじゃないな、というのがひとつ。もうひとつはね、これ明らかにわざと無視されたな、ということ。何が理由かはわからないけど、これに関してはわざと黙殺されたなっていう気がしました。それは妬みだとか勘違いだとか言われるかもしれないけれど、自分としては、おそらくそうだったんだろうなと思ったんですよね」

東野は、直接的な言葉こそ使っていないが、明らかに『天空の蜂』が“原発タブー”によって黙殺されたことを示唆しているのだ。

たしかに、同作が出版されたのは福島原発事故のはるか前であり、強固な原発タブーがメディアを覆っていた時代だ。マスコミは電力会社から巨額の宣伝広告費をばらまかれ、原発を批判することが御法度となっていた。「安全神話」が堂々とまかり通り、原発の危険性を指摘しそれをテーマにした作品を発表すると“無知”“非科学的”“変人”と批判され、メディアから排除されかねない状況にあった。

だが、小説『天空の蜂』には、原発の危険性や高速増殖炉の問題、そして放射能被害の不透明さ、反対派への陰湿な嫌がらせなど、原発を推進する電力会社や政府が嫌がるようなシーンがいくつも描かれていた。いくら売れっ子作家の東野であっても、マスコミが抱える強固な原発タブー、電力会社タブーを打ち破ることはできず、同作は完全に黙殺されてしまったのである。

もちろん映像化なんてありえないことだった。実は今回の映画化にあたって東野は「映像化など絶対に不可能だと思ってまいりました」とコメントしていたが、それはたんに技術的な意味で言ったのではないはずだ。

そして、原作発表から20年、福島原発事故が発生し、『天空の蜂』はようやく映画化されたが、メディアの扱いの小ささ、原発問題を避けるような不自然な紹介の仕方を見ていると、原発タブーはけっしてなくなってはいない。それどころか、かつての強固な姿に復活しつつあるのではないかという気がしてくる。

実際、原発事故から4年、安倍政権によって原発再稼働が本格化するのと軌を一にするように、電力会社や原発ムラの広告・宣伝費も少しずつ増額し、さまざまなかたちでメディアに金がばらまかれるようになった。それとともに、原発批判は消え、その危険性を指摘することが反社会的な主張であるかのような空気がこの社会に広がっている。

さすがに『天空の蜂』のようなフィクションまでが自主規制されるというようなことはないと思うが、国民はメディアの動きを注視しておく必要がある。

このままなし崩し的に日本の原発を再稼働していいのか、エネルギーを原発に頼っていいのか。またぞろ亡霊のように出現した「安全神話」を信じていいのか。それを選択するのは、政府でも電力会社でもなく私たち国民なのだ。 『天空の蜂』で描かれていることは、現実に私たちに突きつけられているテーマでもある。

人気ブログランキングへ
↑原発を止めたい方 クリックをお願いします↑
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

コバンちゃんへ

コバンちゃん、お返事が遅くなってスミマセン。
私の地元でも結構な人数が集まってデモをしました。
この状況を見ても民意がわからないような馬鹿者ならば、
やはり次の選挙で徹底的にやっつけるしかないですよね!
それには絶対的に野党同士の結束が必要です。
さて、彼ら(もしくは我々)にそれができるか…
いつもありがとうございます。合掌

やっちゃんへ

やっちゃん、お返事が遅くなって本当にごめんなさい。
ちょっと手がけていたイベントの準備と当日のライブの練習に忙しく、
ブログをいじる余裕がまったくありませんでした(汗)

退院おめでとうございます。きっとまだ安静とかが必要なのでしょうが、
とりあえず出れてよかった♪少し安心です。
くれぐれもお大事になさってくださいね~。

>もお知らんどうとでもなれ~っっっと半ばヤケギミで帰ってきました~。

わかるわかる(笑)ホントそういう感じになりますよね。
まあ、お互いに楽~に闘っていきましょう♪
こちらこそどうぞよろしくお願いします。
いつもありがとうございます。合掌

武尊43さんへ

武尊43さん、こんにちわ。
忙しい日々が続き…お返事が遅れてしまい申し訳ありません。

>日本だけでなく世界の核発電が曲がり角に来ているのだけは間違いないだろう。

そうですね。私もそう思います。
おそらく関係者も少なからずみなそう思っているのでしょうが、
麻薬の禁断症状のような状況になってしまっていて、やめるにやめられないというのがホンネのところなのでしょうね。

>全基廃止が理想で私もそうしたいが、始めからそこに固守すると上手くいかないだろう。

ここが非常に難しいところですよね。私はその辺のところがまだ割り切れずに、いつも悩ましい思いをしています(苦笑)
いつもありがとうございます。合掌

山梨でも

安保法案反対集会が行なわれました。
弁護士グループの主催で
約1700人の人が参加しました!
全国でこれだけの反対集会が
行われているのに
なぜ、強行採決しようとするのでしょうか?
訳が分かりません。
戦争反対!
原発反対!
この国に、未来はあるのでしょうか?
とても心配です・・・。

No title

うみそらさんこんばんわ~。
ご挨拶遅くなっちゃってごめんなさい~!

入院中に下さったやさしいうみそらさんのメッセージ、
ほんっとにやっちゃんは感激です~。
あっち行ってる間に川内は再稼働、桜島は大噴火直前、
九州は大雨、戦争法案は可決寸前。
もお知らんどうとでもなれ~っっっと半ばヤケギミで帰ってきました~。

またまたどうぞ宜しくネ、うみそらさん!

No title

核発電ムラはアーミテージ・ナイのリポートに必要、と書いてもらい復活を遂げた。しかし今度のIAEA総括報告で、日本の核発電は「安全神話に拘泥していた」とされ、足元を掬われてしまった。
日本だけでなく世界の核発電が曲がり角に来ているのだけは間違いないだろう。IAEAもあのように書かざる得なかったのは、恐竜が生き延びる為の最後の咆哮だったのだろうな、と推察している。
今後アジアから中東に掛けて50基建設する計画だそうだが、その時にこの「天空の蜂」が舞い降りて破壊される事件が勃発し、終焉を迎えることになるだろう。
但し、その時は世界が終る時かも知れないが、、、。
日本は今後それ程核発電の再開は出来ないと考えている。なぜならば案外経産省は危険性への危機感を持っているのだと思うからだ。福島の後「後1基や2基吹っ飛ぶまで続ける」と豪語していた役人が居たそうだが、どうも雲行きが怪しい。そりゃそうだ、玄海日本海新潟浜岡が吹っ飛べば、日本の経済圏が使えなくなるのだ。そんな危険は冒せない事に気付いたのだろう。その証拠が川内だと思う。一番被害が及ぶ危険が少ない物を動かして、当分お茶を濁そうという腹積もりなのではないか?八木(電事連)もそうすれば手に入る訳だし。
全基廃止が理想で私もそうしたいが、始めからそこに固守すると上手くいかないだろう。民主だけでなく、小沢だって賛成しないだろうし、共産だって「自由主義の原発は汚い。共産圏のはキレイ」って言った程度だったんだから(笑)
プロフィール

海空居士

Author:海空居士
当ブログはリンクフリーです。トラックバックや転載等もご自由に。
コメントも大歓迎です。興味深い情報があれば教えてくださるとありがたいです。
ツイッターもやっています。フォローやリツイートもしてくださったら嬉しいです。
心ある人達の連携で、なんとか危険な原発を止めましょう。どうぞよろしくお願いします。

カウンター
カテゴリ
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
月別アーカイブ
原発関係リンク
お世話になっているサイト
最新トラックバック
ツイッター
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。