原発のない社会をめざして 関西電力の割引プランがあんまりだ!  節電すると高く付くなんて、でたらめにも程がある

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

関西電力の割引プランがあんまりだ!  節電すると高く付くなんて、でたらめにも程がある

【関西電力の割引プランがあんまりだ!  節電すると高く付くなんて、でたらめにも程がある】
『週刊現代』2015年11月21日号より

電力に関して、腑に落ちない報道が続いている。

まず、大手電力会社の2015年度上半期決算で、東日本大震災後初めて全社が黒字になったというニュースだ。黒字額は、10社合計で何と1兆円弱。電力料金値上げで苦しむ庶民には憤りさえ感じられる数字だ。

しかも、ついこの前まで、原発停止で経営難だという報道が続いていたが、この期間に再稼動していた原発は、九州電力の川内原発1号機だけ。燃料安などの要因もあるが、少なくとも、現状では、原発なしでも黒字になった。何とも釈然としない。

もう一つは、昨冬に引き続き、今年の冬も節電の数値目標を設定しないというニュースだ。北海道電力でもピーク電力に対する予備率は14%。最低限必要な比率が3%だから、楽々クリアしている。最も需給が逼迫する関西電力でさえ、3.3%で、しかも西日本全体では5.4%。各社で融通しあえば、問題はない。

それでも電力各社は、老朽化した火力発電所の事故もありうるなどと言って、「電力は足りているから大丈夫」とは認めない。「原発は必要だ」と言わなければならないからだ。しかし、実際には、大手電力の電力販売量は減少する一方だ。企業や国民の節電が進んだのが大きい。この動きはさらに加速するだろう。

大手電力には「ハムレットの悩み」がある。「節電要請すべきか、すべきでないか」である。本音では、原発を動かして、電力販売を増やしたい。そのためには節電は困る。しかし、節電なしで良いと言うと、「電気が足りているのか。それなら、原発はいらないな」と言われる。

そこで、「数値目標なしの節電要請」という答えに行き着く。数字を出せば、実現のための具体的な施策が必要となるが、それで本当に需要が減ったら困る。そこで、「無理のない範囲で節電を」と呼びかける。節電を本気でやらないで下さいと言うのと同じだ。

そんな悩みを象徴するとんでもない話がある。関西電力が、来年4月から、電気を大量に使う家庭向けに特別割引の新プランを用意し、その原資とするために、いくつかの深夜割引プランなどへの新規加入を廃止するというのだ。

関電は、高浜、大飯、美浜などの原発を動かしたい。しかし、その結果、電力がジャブジャブに余るので、消費者にもジャブジャブ電気を使ってもらうしかない。

日本の家庭向け電力料金は、消費量が増えると段階的に割高になる仕組みで、省エネを推進するうえで重要な政策になっている。ところが関電はこれに背いて、オール電化のように大量の電気を使う家庭をどんどん増やし、その人たちだけ特別に割安の料金を適用するという。

一生懸命節電して家計をやりくりしている家庭に割高の料金を払わせて、節電しない家庭を優遇するのである。企業のエゴ丸出しで国のことは考えない、「公益事業」の名を汚す行為だ。

安倍政権は、小売り自由化の名の下に、こうしたでたらめな行動を許すだろう。原発推進のためなら何でもありだ。これほど完全に論理破綻した政策に固執するのは、利権のためなのか、それとも核武装のためなのか。どちらにしても、もういい加減あきらめる時なのではないか。

人気ブログランキングへ
↑原発を止めたい方 クリックをお願いします↑


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

鬼藤千春さんへ

鬼藤千春さん、こんばんわ。
拙ブログを訪問してくださってありがとうございます。
これからどうぞよろしくお願いいたします。
そちらのブログもぜひ訪問させていただきます。
ありがとうございました。合掌

コバンちゃんへ

コバンちゃん、こんばんわ。
お返事が大変遅くなって申し訳ありません。

本当に…庶民のことなどまったく考えない、どうしようもない会社とアホ政府ですよね!
我が家は…少し前に節電コンサルタントをやっている友人に診断をしてもらいました。
そうしたら、いろいろと無駄がわかって、そこを改善した結果…ずいぶん電気代を下げることができましたよ♪

まあ、コバンちゃんのお宅や我が家だけでなく、こういう家庭はこれからどんどん増えていくでしょうから、いずれ原発などやる意味もなくなるのでしょうが、それまでに事故が起きないか?ということが一番心配ですよね。

いつもありがとうございます。合掌

yokoさんへ

yokoさん、こんばんわ。
お返事が大変遅くなって申し訳ありません。
今時オール電化とは…ちょっと残念な選択ですよね。
最初はお得なように見えても、これからどんどん電気代は上がっていくのでは?

私の友人も最近家を建てたのですが、なんとオフグリッドハウスです。
ソーラーに併せて、トラック用のバッテリーを使った蓄電池を自作した本格派の家です。
私も、自宅をいつかそのようにして電力会社に三行半をつきつけてやりたいと思っています(笑)

本当に、次の過酷事故が起こらないように祈るばかりですよね。
いつもありがとうございます。合掌

こんにちは

はじめまして!あるブログを拝見していたら、このブログに出会いました。私もブログを開設しています。「鬼藤千春の小説・短歌」で検索できます。一度訪問してみて下さい。よろしくお願い致します。

No title

>一生懸命節電して家計をやりくりしている家庭に割高の料金を払わせて、節電し>ない家庭を優遇するのである。企業のエゴ丸出しで国のことは考えない、「公益>事業」の名を汚す行為だ。

>安倍政権は、小売り自由化の名の下に、こうしたでたらめな行動を許すだろう。

そんなの、おかしいよね?
じゃあ、一般庶民
低所得者はどうするの?

我が家でも、廊下にある
3つの電球を
二つにしたり
階段も、風呂場も居間も
電球を一つ減らしました!

黒字なら、原発はいらない!!
太陽光などの再生可能エネルギーへ
転換すべきだ!
そこへ、資金を投入すべきだ!!

「オール電化は格好良いライフスタイル」洗脳

こんばんは。
何とも酷い状況ですね。親族の若者家族が家を建てたのですが、原発事故、汚染の状況を説明し、家を建てるのは待った方が良い、それとオール電化はこれから色々と問題になるので止めた方が良い、という話を大分したのですが、結局、「スマートに見える」オール電化の家にしたようです。
周辺を見ても、新しいショッピング・センタ−が建設されたり、宅地開発が進んだりしています、フクシマ由来の汚染物質は連日海に大気に連日放出され、事故収拾のメドも立っておらず、いつまた巨大地震が襲うかも知れないという状況なのに、です。
本当に、毎日祈るような気持ちです、事故が起こらないようにと。
プロフィール

海空居士

Author:海空居士
当ブログはリンクフリーです。トラックバックや転載等もご自由に。
コメントも大歓迎です。興味深い情報があれば教えてくださるとありがたいです。
ツイッターもやっています。フォローやリツイートもしてくださったら嬉しいです。
心ある人達の連携で、なんとか危険な原発を止めましょう。どうぞよろしくお願いします。

カウンター
カテゴリ
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
月別アーカイブ
原発関係リンク
お世話になっているサイト
最新トラックバック
ツイッター
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。