原発のない社会をめざして インドへ原発輸出 核なき世界追求に逆行する

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インドへ原発輸出 核なき世界追求に逆行する

【インドへ原発輸出 核なき世界追求に逆行する】
琉球新報2015年12月14日

インドを訪問した安倍晋三首相はモディ首相と会談し、日本の原発輸出を可能にする原子力協定締結に原則合意した。インドは核拡散防止条約(NPT)にも包括的核実験禁止条約(CTBT)にも加盟していない。日本がNPT未加盟国と原子力協定を結ぶのは初めてだ。日本の原子力政策の転換であり、唯一の被爆国として追求してきた「核なき世界」に逆行し、日本の外交に大きな禍根を残した。

日本政府は軍事転用を防ぐ歯止め策として、インドが核実験を行った場合、協力を停止する考えだが、どういう仕組みや文言で担保するかは明らかにしていない。

インドは1974年、米国とカナダが提供した重水と原子炉を使って核実験を実施している。このため日米欧などの原子力供給国集団(NSG)が2008年まで原子力協力を禁じてきた。

しかし当時のブッシュ米政権がインドとの関係を重視し、原子力輸出を解禁するNSGルールの改定を提案した。日本も米国の圧力を受けて追認してしまった。改定後は米国、フランスなどが次々とインドと原子力協定を締結した。米国やフランスの原発大手と企業連合を組む日本がその潮流に組み込まれた形だ。核廃絶より経済利益を優先させたと批判されても仕方ない。

さらに日本は、輸出した資機材を使った原発から出る使用済み核燃料の再処理を認める方針を決めている。再処理は核兵器に転用できるプルトニウムを量産することになる。インドが軍事転用しない仕組みをどう作るのか。たとえプルトニウムが民生利用だけに限定されたとしても、インド国内にある希少なウランを核兵器製造だけに集中投入することに道を開くことになる。

インドと隣国パキスタンは長年対立を続け、共に核兵器を保有しているとみられている。パキスタンはインドの動きを警戒しており、核物質と核兵器の増産を着々と進めてきた。日本の原発輸出によって、インドの核兵器開発が進み、地域が不安定化したら、日本はどう責任を取るのか。

東京電力福島第1原発事故の収束のめども立っていない。原発を輸出している場合だろうか。インドとの原子力協定の締結は、被爆国としてあまりに短絡的で許されるものではない。

人気ブログランキングへ
↑原発を止めたい方 クリックをお願いします↑
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

MATZ-TSさんへ

MATZ-TSさん、こんばんわ。

成長戦略とかを口にする前に、もう一度モラルとか倫理とかを勉強し直した方がいいですよね。本当に今の政府がやっていることには反吐がでそうになります。

教えていただいた東京新聞の社説も拝見させていただきました。強く共感できるとても良い記事でした。いつもありがとうございます。合掌

yokoさんへ

yokoさん、こんばんわ。

自分の国でも制御できないようなシロモノを、平気で他国(しかも核開発が疑われるような国)に売ろうというんですから、とうとう日本も堕ちるところまで堕ちましたね。

それにしても…琉球新報はさすがですね。『唯一の被爆国として追求してきた「核なき世界」に逆行し、日本の外交に大きな禍根を残した。』とハッキリ書いていて素晴らしいと思います。

本当に嫌な政策ばかりが続きます。1日も早く政権が変わってくれることだけを強く願っています。いつもありがとうございます。合掌

No title

海空居士さん ご無沙汰しています.

原発輸出,武器輸出・・・ 際限のない欲望.これを追求するのが本当に成長戦略として正しいことなのでしょうかね?本当に福島やチェルノブイリの状況を知りつつ,またゴミ捨て場のないことを知りつつ・・なのでしょうか?そうだとすれば,私には信じられません.また知らないとすればあまりにも無責任.

空しさと怒りと,責任を感じます.

今日の東京新聞の社説は心に響きました.つい忘れがちな自分にとって・・・
http://www.tokyo-np.co.jp/article/column/editorial/CK2015122002000173.html

原発立地県に住む人間として,どのように行動すればよいか,いまだ定かではないですが,考え,議論し,行動することは忘れない.そして次を拓いていきたいと思います.

過激な隣国

こんばんは。
インドもパキスタンも簡単に核兵器を製造する力を持つ国であること、パキスタンにはインドよりも過激な行動に出やすい下地を持つ人々が多いこと等を考え合わせると、日本政府のしていることは火に油を注ぐようなものにしか見えません。が、この日本の動きは、日本政府単独のものなのか、それとも日本の安保法制、秘密法等の流れと同じで海の向こうの軍産勢力の支持通りに動いているだけのものなのか、それに沿って一応中国に対する歯止め役としてインドに核を置くための動きなのか、、、色々考えますが、どの道を進んでも、危険極まりないことにかわりはありませんね。
プロフィール

海空居士

Author:海空居士
当ブログはリンクフリーです。トラックバックや転載等もご自由に。
コメントも大歓迎です。興味深い情報があれば教えてくださるとありがたいです。
ツイッターもやっています。フォローやリツイートもしてくださったら嬉しいです。
心ある人達の連携で、なんとか危険な原発を止めましょう。どうぞよろしくお願いします。

カウンター
カテゴリ
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
月別アーカイブ
原発関係リンク
お世話になっているサイト
最新トラックバック
ツイッター
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。