原発のない社会をめざして 双葉町 原発PR看板撤去 「過ち伝えて」移設、保存へ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

双葉町 原発PR看板撤去 「過ち伝えて」移設、保存へ

【双葉町 原発PR看板撤去 「過ち伝えて」移設、保存へ】
毎日新聞 2015年12月21日

o-GENPATSUKANBAN-900.jpg

東京電力福島第1原発が立地し全町避難が続く福島県双葉町は21日、「原子力明るい未来のエネルギー」などの標語を掲げた原発PR看板2基の撤去を始めた。設置から25年前後が経過し老朽化したため。標語を考案し、現場保存を求めてきた大沼勇治さん(39)が現場に駆けつけ、作業の様子を残念そうに見つめた。町は撤去後の看板を震災遺構として保存する。

この日は午前10時半ごろから、作業員らが部品の傷み具合を確認しながら慎重に撤去に着手した。来年1月上旬までに作業を終え、町役場敷地内の倉庫に一時保管する。

「明るい未来」の看板は1988年、国道6号沿いの町体育館前に、もう一つは「原子力豊かな社会とまちづくり」などと書かれ、91年に町役場の入り口近くにそれぞれ町が設置した。原子炉増設の機運を高める目的で、標語は町民らから公募した。

看板は立ち入りが制限される帰還困難区域にあり、町は「補修や点検ができず、部品落下などの危険がある」として撤去と廃棄を計画。しかし、小学生の時に「明るい未来」の標語を考えた大沼さんらが「過ちを伝える遺物として現場に残すべきだ」と訴え、各地の脱原発集会などで集めた6902人分の署名を今年6月、町に提出した。これを受け町は、県などが同町や隣接する浪江町に整備予定の「復興祈念公園」に移設することを検討している。

大沼さんは事故後、古里の双葉町から茨城県古河市に避難し、脱原発社会を目指して太陽光発電事業を始めた。撤去される看板を見ながら「悔しい思いでいっぱいだ。国策に振り回される同じ失敗を繰り返さないよう、外した看板は必ず展示してほしい」と話した。

双葉町の伊沢史朗町長は21日、「老朽化により撤去するが、町の財産として大切に保存する。双葉町が復興した時に改めて復元、展示を考えている」とのコメントを発表した

人気ブログランキングへ
↑原発を止めたい方 クリックをお願いします↑
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

yokoさんへ

yokoさん、あけましておめでとうございます。

「明るい未来のエネルギー」なんて、タチの悪いジョークにしか聞こえませんよね。
そして、こういう事を進めた人間が誰も責任をとらないのですから、本当におかしな世の中ですよね。

はたして次の選挙がどうなるか?まあ…あまり期待はできませんね。
自分としては、今年も坦々と“最低やるべきこと”をやっていこうと思います。

今年もよろしくお願いいたします。合掌

アメリカにも。

こんにちは。
撤去しないで残しておけば良いのに、と思いますが。。。
アメリカにも同じような標語を掲げた砂漠の町があります。
大分前にウロウロしていて見つけた消えつつある町でしたが、確か、そこの標語は、世界で初めて原子力の灯りが灯された町、でした。
写真を撮ったのですが、まだファイルから見つけられないでいます。
ネヴァダ州だったはずですが、砂漠の中に、もう住むヒトのほとんどいない集落が点々と残っていました。(私も多分そこで幾らか被爆しているでしょう!)
最近多いディストピア関連の映画のような光景でした!
2016年の選挙は、衆参ダブル選挙になるかも知れないですね。
今までのやり方で行くと大変な結果になってしまう可能性大。
どうしたら良いのか。。。18歳有権者たちがどう動くか、分かれ道ですね。

前のコメントで変換文字が「支持」となっていましたが▶「指示」です!
ご免なさい。
プロフィール

海空居士

Author:海空居士
当ブログはリンクフリーです。トラックバックや転載等もご自由に。
コメントも大歓迎です。興味深い情報があれば教えてくださるとありがたいです。
ツイッターもやっています。フォローやリツイートもしてくださったら嬉しいです。
心ある人達の連携で、なんとか危険な原発を止めましょう。どうぞよろしくお願いします。

カウンター
カテゴリ
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
月別アーカイブ
原発関係リンク
お世話になっているサイト
最新トラックバック
ツイッター
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。