原発のない社会をめざして 「原発廃止が合理的」 事故費用でコスト膨大 大島・立命大教授が経済面から指摘

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「原発廃止が合理的」 事故費用でコスト膨大 大島・立命大教授が経済面から指摘

【「原発廃止が合理的」 事故費用でコスト膨大 大島・立命大教授が経済面から指摘】
毎日新聞2016年2月8日

東日本大震災から5年を前に、「さよなら原発ヒロシマの会」の総会が7日、中区であった。立命館大国際関係学部の大島堅一教授が「経済から見る原子力発電」と題して講演し、事故リスクやコストを考えると「原発をなくす方が合理的だ」と話した。

大島教授は原発を経済面から約20年間にわたり研究。著書「原発のコスト エネルギー転換への視点」(岩波新書)は2012年に大佛次郎論壇賞を受賞している。

講演では、原発コストは安い▽再稼働させないと経済がだめになる▽再稼働させないと電気料金が上がる−−など、原発に関する「経済神話」をデータを用いて一つずつ検証。発電コストだけでなく、事故費用や立地対策費といった社会的費用を含めるとコストは膨大になると述べた。

東京電力福島第1発電所の事故費用については、現時点で約12兆億円に上っており、本来なら東電の破綻は避けられないにもかからわず、国は原子力損害賠償・廃炉等支援機構を通じて「上限を設けず、何度でも援助する」(11年の閣議決定)仕組みを設けて支援。その費用は国民の税金や消費者が払う電力料金でまかなっている−−と、チャート図を見せながら解説した。

電気料金の値上げについては、関西電力を例に挙げて説明し、脱原発にすれば維持費が不要になるのに、選択肢として挙げていないと指摘。「控えめに言っても、再稼働すれば安くなるとか、原発をゼロにすれば高くなるとか単純には言えない。国民負担まで入れて考えるべきだ」と話した。

人気ブログランキングへ
↑原発を止めたい方 クリックをお願いします↑

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

コバンちゃんへ

コバンちゃん、またしてもお返事が大幅に遅れ申し訳ありません。
ちょっと仕事等忙しいこともあるのですが…原発再稼働、安保法案、TPP等…、あまりにも腹立たしいことが多すぎて、現実逃避気味の毎日です(苦笑)

電力の全面自由化で、少しでも原子力ムラの勢力を削ぐことができると良いですねえ。
もちろん…石炭火力のコストも安くなっていますし、ソーラーの普及もどんどん進んでいますから、1日も早く全原発を廃炉にしたいものですね。

いつもありがとうございます。合掌

No title

石炭火力発電所は発電コストが比較的安すく
4月の電力の小売り
全面自由化を前に全国で
建設計画が進んでいるみたい!
いいことですね!
これをきに
全ての、原発を廃炉にすべきだ!
ですよね~?
プロフィール

海空居士

Author:海空居士
当ブログはリンクフリーです。トラックバックや転載等もご自由に。
コメントも大歓迎です。興味深い情報があれば教えてくださるとありがたいです。
ツイッターもやっています。フォローやリツイートもしてくださったら嬉しいです。
心ある人達の連携で、なんとか危険な原発を止めましょう。どうぞよろしくお願いします。

カウンター
カテゴリ
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
月別アーカイブ
原発関係リンク
お世話になっているサイト
最新トラックバック
ツイッター
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。