原発のない社会をめざして 風力発電能力、原発抜く 世界で新設最多 日本は出遅れ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

風力発電能力、原発抜く 世界で新設最多 日本は出遅れ

【風力発電能力、原発抜く 世界で新設最多 日本は出遅れ】
東京新聞 2016年2月21日

世界の風力発電の発電能力が二〇一五年末に一四年末比17%増の四億三千二百四十二万キロワットに達し、初めて原子力の発電能力を上回ったことが、業界団体の「世界風力エネルギー会議」(GWEC、本部ベルギー)などの統計データで明らかになった。

一五年に新設された風力発電は六千三百一万キロワットと過去最大で、原発約六十基分に相当する。技術革新による発電コストの低下や信頼性向上を実現し、東京電力福島第一原発事故などで停滞する原発を一気に追い抜いた形だ。日本は発電能力、新設ともに二十位前後で、出遅れが鮮明になった。

GWECは「風力発電は化石燃料からの脱却を主導している。世界で市場拡大の動きがあり、一六年は、より多様な地域で導入が期待できる」としている。

 「世界原子力協会」(WNA、本部英国)の調べによると、原子力の発電能力は一六年一月一日時点で三億八千二百五十五万キロワットとなり、風力が五千万キロワット程度上回った。

国別の風力発電能力の上位五カ国は中国(一億四千五百十万キロワット)、米国(七千四百四十七万キロワット)、ドイツ(四千四百九十五万キロワット)、インド(二千五百九万キロワット)、スペイン(二千三百三万キロワット)。日本は三百四万キロワットだった。

日本は二十五万キロワットで、前年の十三万キロワットより増加したが、小規模にとどまっている。

PK2016022102100043_size0.jpg

人気ブログランキングへ
↑原発を止めたい方 クリックをお願いします↑
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

コバンちゃんへ

コバンちゃん、こんにちわ。
高浜原子力発電所4号機を再稼働。そして緊急停止!
連中は一体何をやっているのでしょうかね?
本当に理解に苦しみますよね。呆れてモノもいえません。
安全だとお墨付きを出した規制委員会にもきちんと責任をとってほしいものですね。
いつもありがとうございます。合掌

彼岸花さんへ

彼岸花さん、こんにちわ。

>電力自由化そのものが、『自然エネルギー潰し』の思惑に充ちている。

ほんとに困ったことですねえ。しかし、いくら九電力をかばった政策でも、自由化によってそこそこのお客さんは他に流れるのでしょうから、少しは原子力ムラの力を削ぐことに繋がるのではないかと、私はそこそこ好意的に見ています。

我が家は、中部電力との売電契約が2021年まで続くので、残念ながら現状では新電力を選ぶことができません。いま期待していることは…おそらくこの時期を狙って蓄電池の量産化が加速するでしょうから、その辺りでオフグリッドの現実味が出てくるのではないかと…。

友人が最近家を新築したのですが、その家はソーラーで発電した電気を車用のバッテリーに貯めて使い、最初から電力会社と契約をしていません。我が家は父親が家業を営む関係上…そう簡単にはいかないのですが、いちおうその方向に向けて検討を重ねているところです。

ブログは滞り気味ですが(苦笑)、おかげさまで元気で暮らしています。
電力の事に限らず、とことん昨今の社会のシステムには辟易してしまったので、生活を一から見直す取り組みを始めています。
田んぼを借りてお米を作り、自宅にも小さな畑を作り野菜を育て、さらには…敷地に「食べられる森」を作るプロジェクトにも取り組んでいます。

彼岸花さんも、もし遠州地方に来られるような事があれば、ぜひ我が家にお寄りくださいませ。いろいろとお見せしたいものがたくさんあります♪
いつもありがとうございます。合掌

No title

>高浜4号機、原子炉緊急停止
こんな事故が・・・・
本当に安全なの?
疑問が残ります・・・。

No title

高浜原子力発電所4号機を再稼働させたそうですね!
なぜ?
「風力発電能力、原発抜く」
こんなニュースがあるのに・・・。
単なる金儲け?
電力会社を守るため?
安全は?
この日本はどうなるんでしょう?

No title

こんばんは。

先日、4月からの電力自由化を前に、自然エネルギーによる電力供給の現状がどうなっているのか知りたくて、生協などの主催の説明会に行ってきました。

海空居士さんのお宅では太陽光発電をなさっていて、もうそちらの方は憂慮なしですね。^^
我が家も取りつけたいとは願うのですが、築40年のぼろ家。家自体少し傾いているのじゃないかと疑っているくらいで、耐震性とか、屋根の状況もかなり怪しい。大々的にやることになりそうで資金面のめどがつきません…
それで、自然エネルギーで発電している会社またはグループの情報を得ようと参加してみたのですが、まだまだですねえ……

というより、この4月からの電力自由化そのものが、『自然エネルギー潰し』の思惑に充ちている。東京ガスやソフトバンクなど多くの有名企業が売電産業に参加してくることになって、立派な分厚い冊子や、詳しいサイトなども容易はされているのですが、そこには「『発電方法』は書かないように」というお達しでもあるのか、一切というほど発電方法についての情報がないのです。原子力とか天然ガスとか石油とかそういうことも書いてない。
結局、脱九電力、脱原発を願う人々も、原子力とか天然ガスとかしか選べないような仕組みに最初からされていると、感じました。

それと、一番肝心なことは、結局、太陽光とか風力とか再生可能エネルギーによる売電の量が、まだ本当に少なくて、脱原発を望む人々の件数に到底足りないということです。上記、パンフレットなどに、『発電方法』の記載が意図的にされていないということは、自然エネルギーによる売電業者を選びたいという人々の声を封じてしまって、それが数量ともに伸びて行かない、いけないような仕組みを、電力会社やその他火力発電などの大手の参入業者が協力して作り上げてるような感じです。
『うちは自然エネルギーにしたい』という声が大きくなれば、その声を無視できなくなり、発電業者も増えてくると思うのですが、その声自体がどこにも届けられないようになっているのです。

これには本当に腹が立ちました。
東電などはかえって契約数を伸ばすんじゃないかしら。他に選びようがないと思っちゃった人は、結局現状維持のままでいるだろうから。

東電は、5年も経ってから。しれっとして、メルトダウンの定義を書いた書類が見つかったなどと数日前発表してましたね。『これがもっと早く存在することに気づいてたら、3月15日には炉心溶融と発表出来ていた』などと、今ごろになって。
嘘うそそんなの。炉心溶融と思わない方がおかしいのです。専門家のくせに。

ほんっと腹が立ちますね。この国では正義などというものはもう機能しないのか。

再生可能エネルギーの社会にあのとき転換する勇気があったなら、今ごろ日本はそちら方面の産業で経済が大きく活発化していただろうに。

お元気にしていらっしゃいますか?^^
プロフィール

海空居士

Author:海空居士
当ブログはリンクフリーです。トラックバックや転載等もご自由に。
コメントも大歓迎です。興味深い情報があれば教えてくださるとありがたいです。
ツイッターもやっています。フォローやリツイートもしてくださったら嬉しいです。
心ある人達の連携で、なんとか危険な原発を止めましょう。どうぞよろしくお願いします。

カウンター
カテゴリ
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
月別アーカイブ
原発関係リンク
お世話になっているサイト
最新トラックバック
ツイッター
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。