原発のない社会をめざして メルトダウン これで原発回帰とは

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メルトダウン これで原発回帰とは

【メルトダウン これで原発回帰とは】
中日新聞 2016年3月1日

原発非常事態のマニュアルの存在に、五年もの間誰も気づかなかったとは-。いずれにしても、ずさんとか不注意とかでは済まされない。安全と人命の軽視。原発回帰を考え直させる重大事である。

故意にせよ、不注意にせよ、なぜ“隠し事”が続くのか。

福島原発事故では当初から、核燃料が溶け落ちる、炉心溶融(メルトダウン)の恐れが指摘されていた。

東京電力の「原子力災害対策マニュアル」では、核燃料の損傷の割合が5%を超えれば、炉心溶融と判定することになっていた。

3・11から三日後の十四日には格納容器の中の放射線量を測定する装置が回復し、その日から翌十五日にかけて、1号機から3号機まで、それぞれ55%から30%の損傷が推定される状態だった。

東電は「明確な定義がない」として、五月までメルトダウンを認めなかった。ところが定義はあったのだ。

同じ東電柏崎刈羽原発を有する新潟県に求められ、探したら、見つかったという説明だ。五年は長い。「気づかなかった」で済まされる話ではないだろう。

メルトダウンが進むと、溶け落ちた核燃料が格納容器壁を破り原子炉の外にあふれ出るメルトスルーに至り、重大な核汚染を招く。

すぐに強い警告を発していれば、対策や避難の仕方も変わっていたにちがいない。

原発事故の過小評価は、安全の、生命の過小評価にほかならない。

東京電力だけではない。福島原発事故の前、中部電力浜岡原発や東北電力女川原発でも、定期検査で見つかった損傷の報告を怠ったことがある。

北陸電力志賀原発で一九九九年に発生した臨界事故は、長い間、明るみに出なかった。

高速増殖原型炉もんじゅのナトリウム漏れ事故の際、旧動燃は、現場を撮影したビデオの一部を故意に公開しなかった。

原子力業界は、何を恐れて情報を出し渋るのか。

再稼働直前に水漏れ事故を起こした関西電力高浜原発4号機に、福井県の西川一誠知事は「安全を最優先に情報公開を徹底し…」と注文を付けた。

当然のことをそこで言わねばならないところに、原発問題の根っこの一つはある。

情報公開の徹底なくして、原発再稼働はありえないはずなのだ。

人気ブログランキングへ
↑原発を止めたい方 クリックをお願いします↑
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

yokoさんへ

yokoさん、こんにちわ。

>誰も責任を取る事無く、すべてうやむやにしながらごり押しだけは手を抜かない

おっしゃる通りですね。目先のカネとか票とか…あるいは妄想に近いようなプライドばかりが大切で、自分達さえ良ければ他はどうなってもかまわないという体質。本当に反吐が出そうな連中です。

メルトダウンの判断基準に気づかなかったなんていうのも、嘘に決まっていますよね。まったくあきれかえってしまいます。とりあえず次の選挙で一議席でも自公の議員を追い出さなくてはなりませんね。
いつもありがとうございます。合掌

典型的ですね。。。

こんばんは。
この問題、原子力ムラの体質を象徴していますね。
元々誰でも失敗は隠そうとする傾向にありますが、これだけ生命を脅かす「原子力」に関わる諸事を、誰も責任を取る事無く、すべてうやむやにしながらごり押しだけは手を抜かない、これは大問題です。
今頃になってメルトダウンの判断基準に気づかなかったと云える体質、到底命を預けられる相手ではありません。核廃棄物の処分もウヤムヤのままです。廃炉にすると言っても、その技術も無い。ヒトは死に急いでいます、他の命すべてを巻き込んで。
恐怖心に追い立てられて「核の抑止力」と云う幻を追いかけ、結果、自滅し、すべての命を滅ぼす。
最悪の悪循環です。
プロフィール

海空居士

Author:海空居士
当ブログはリンクフリーです。トラックバックや転載等もご自由に。
コメントも大歓迎です。興味深い情報があれば教えてくださるとありがたいです。
ツイッターもやっています。フォローやリツイートもしてくださったら嬉しいです。
心ある人達の連携で、なんとか危険な原発を止めましょう。どうぞよろしくお願いします。

カウンター
カテゴリ
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
月別アーカイブ
原発関係リンク
お世話になっているサイト
最新トラックバック
ツイッター
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。