原発のない社会をめざして 原発と地震 やはり不安は消えない

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

原発と地震 やはり不安は消えない

【原発と地震 やはり不安は消えない】
東京新聞 2016年11月23日

夜明け前の東北地方をマグニチュード(M)7・4の地震が襲った。東日本大震災以降最大の津波も観測した。被害は小さかったが、原発が地域の安全と安心を脅かしている姿があらわになった。

震源は福島県沖だった。福島第一、第二原発の前に広がる海だ。大震災の際、原発の近くを通る国道6号は一部浸水した。堤防工事が行われているが、まだ完成していない。国道は朝夕、作業員を乗せた車で渋滞する。津波が高くなくてよかった。

福島県いわき市ではガソリンスタンドに車の列ができた。原発からは数十キロも離れているが、原発から放射性物質が放出されるのを恐れた人たちが、遠くに避難できるように給油したのである。

最近の同県沿岸部は、新しい商業施設や宿泊施設ができ、一見、日常生活が戻ったような印象を与える。しかし、原発事故のときの混乱や不安を忘れていなかった。それを象徴する給油の列だった。

第二原発で一時、核燃料プールの冷却が止まった。安全には問題ないと言うが、不安を訴える住民はいる。今回の地震は、住民にとって、原発事故はまだ終わっていないことを示した。

東京電力は福島県知事らが繰り返し廃炉を要望しているのにもかかわらず、第二原発の廃炉を決めていない。福島の復興を言うのなら、廃炉の決定が望まれる。

気象庁は今回の地震を東日本大震災の余震としている。最近、話題にならなくなっていたが、M7前後の余震は、一二年十二月、一三年十月、一四年七月、一五年二月と続いていた。「今後も年一回程度はM7クラスの余震が起きてもおかしくない」と言う。余震だけではない。大震災を起こした日本海溝よりもさらに東側で、アウターライズ地震という巨大地震の発生を警告する専門家もいる。

日本は地震と火山の国だ。海底で地震が起きれば津波も発生する。首都直下や南海トラフ地震が話題になるが、予想もしない場所で大地震が起きることも珍しくない。福島県沖の地震は、私たちへの警告と考えたい

まずは家族や職場、学校で、もしものときの対応を話し合おう。旅行先だったら、といった想像力も働かせよう。

原発は地震などの自然災害の際、複合災害となって被害を大きくする。原発事故のつけは、推進した政治家や企業ではなく、国民に回ってくる。全原発を廃炉にすることが国土強靱(きょうじん)化につながる。

人気ブログランキングへ
↑原発を止めたい方 クリックをお願いします↑
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

彼岸花さんへ

彼岸花さん、こんにちわ。
いつもいつもお返事が遅れて申し訳ありません。
本当に、このごろブログを更新する気力も薄れてしまっていて、めったにサイトも開かない状態になってしまい、これじゃあイカンとは思ってはいるのですが…

生活そのものは頑張っているのですがね。去年から田んぼも始め、また今年は新たに畑も借りて、少しずつ半自給の生活パターンを模索中です。2021年にはソーラーの売電契約も終わるので、その時点で蓄電池も導入して、オフグリッド化も計画しているのですよ。

東京もだいぶ揺れたようですね。まずはお怪我がなくて何よりでした。原発もなんとか大丈夫だったようですが、こんな状況でも平気で再稼働を進めようとする厚顔無恥さには、相変わらず呆れる限りですね。

インドの原子力賠償法は、もはや気が触れているとしか思えませんね(怒)
このまま人類が破滅するまで気がつかないとしたら、こんなに悲しいことはありませんね。

いつもありがとうございます。合掌

yokoさんへ

yokoさん、こんにちわ。いつもお返事が遅くなってすみません(汗)
なんと、東日本大震災の前日にアメリカに戻られていたのですか!
被災された方には申し訳ないかもしれませんが、怖い思いをせずにすんで良かったですね。

しかし、あの不幸な原発事故を経験して、日本も少しはまともな国に戻ってくれるかと思いきや…まったく変わる様子がありませんねえ。
国民の政治意識を変えるためには、本当にどうしたらいいのでしょうかね?
本当に、次の大災害が起きるまでに少しでも目覚める人が増えてほしいと思います。

いつもありがとうございます。合掌

No title

こんにちは。お元気でいらっしゃいますか?
横からですが、yokoさん、一時帰国お帰りなさい。^^

私はその時は起きていて、天井の電灯のかさが大きく揺れたのでびっくり。震源地が福島沖、津波も来る、福島第二燃料プールの冷却水注入中断、と聞いた時は『やめてよ~!』と思わず叫んでしまいました。地球にそんなこと言っても仕方ないんですけれどね。

ベトナムは幸い賢さを発揮して日本からの原発輸入もTPP批准も中止。でもインドとは原発輸出が決まってしまいました。新聞ではちらっとほんの数行しか書いていなくてあまり気がつかれなかったようですが、インドの原子力賠償法は、『事故が起きた時はメーカーも賠償責任を負う』という決まりです。つまり、もしインドで原発事故が起きたら、日本のメーカーも賠償責任を負う。
安倍政権と原子力ムラは、ほんと何の反省もしていない。
むろんそのインドの法律は彼らは知っているのでしょうから確信犯ですね。
ほんとに情けなくなります。

ヒヤヒヤしますね。

こんにちは。
現在日本訪問中ですが、先日の地震,弟に「地震はどうだった?3.11の地震はあんなものじゃなかったんだよ」と云われました。
前回は3月10日に日本を出発していたので、カリフォルニアへ戻ってから大変な画像を眼にすることになりました。
日本滞在も後数日、今年は天も地も異例尽くめ。大荒れですね。
上手く着地できる事を祈っていますが、政治は選挙投票率30%台、「それじゃ政治に文句は云えないね」と先日話したイギリス人がひと言。
もっともっと政治に興味を持って活動しないと何も変えられませんが、それが自然の大災害でない事を祈ります。
プロフィール

海空居士

Author:海空居士
当ブログはリンクフリーです。トラックバックや転載等もご自由に。
コメントも大歓迎です。興味深い情報があれば教えてくださるとありがたいです。
ツイッターもやっています。フォローやリツイートもしてくださったら嬉しいです。
心ある人達の連携で、なんとか危険な原発を止めましょう。どうぞよろしくお願いします。

カウンター
カテゴリ
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
月別アーカイブ
原発関係リンク
お世話になっているサイト
最新トラックバック
ツイッター
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。